MENU
HONDA
検索
CR-V FACT BOOK
CR-V 2001.9.18
キャビンスペース

ドライバーを中心に”スポーティー・パーソナル”にこだわった、インテリアデザイン

ショートノーズ・パッケージングやさまざまな工夫によって、キャビンスペースをさらに拡大。
高効率パッケージングの核となるグローバル・コンパクトプラットフォームを基本に、コンパクト設計のエンジンやトランスミッションなどによりフロントノーズを短縮し、できる限りキャビンスペースを大きく確保することで室内長を拡大。低床化により室内高も拡大しました。さらに、側面衝突に充分対応しながら室内幅のワイド化も達成。クラストップレベルの広さを実現するとともに、ウォークスルーもよりスムーズな移動を可能にしています。

ボディサイズ/室内寸法(従来モデル比/フルマーク)
ボディサイズ ボディサイズ

サイズアップしてゆったり座れ、しかも簡単、便利に変化するシート。
ゆったり座れるシートサイズ
乗る人みんながゆったりとくつろげるよう、フロントシート/リアシートともにクッション、シートバックのサイズをアップ。大きく包み込むように体をサポートします。

シートサイズ(社内測定値/従来モデル比)
シートサイズシートサイズ
簡単、便利なシートアレンジ
フロントシート/上下調節幅25mmのアジャスター機構を運転席に搭載。前後スライド量 は240mm確保しました。また、ヘッドレストを外すことでフルリクライニングを可能にし、リアシートのリクライニング機構を活用することでセミフルフラットモードが可能です。
リアシート/6:4分割シートを採用。170mm、5段階のスライド機構と、45度まで7段階のリクライニング機構を左右独立で備えました。また、ヘッドレストを装着したままダブルフォールドすることで、ラゲッジスペースを目的に応じて拡大することが可能。ダブルフォールディング機構は84度まで跳ね上がるので、カーゴルームをたっぷりと活かすことができます。
セミフルフラットモード リア6:4分割シート
●休息時にゆったりくつろげる
セミフルフラットモード
●左右独立方式のスライド機構、
リクライニング機構を備えた
リア6:4分割シート
片側ロングカーゴモード ダブルフォールディング機構
●長尺の荷物にも対応する
片側ロングカーゴモード
●ヘッドレストを装着したまま跳ね上げ
可能なダブルフォールディング機構

楽しく使いやすい、快適装備。
●リアカメラ付ホンダ・ナビゲーションシステム(全タイプにメーカーオプション)
ルート計算処理速度を大幅に短縮するなど、高性能化を実現し、簡単操作モードも設定。しかも、MD/CDプレーヤー、AM/FMチューナー、TVチューナー一体機能を備えています。また、駐車時など後方の状況が確認できるリアカラーカメラを、外観上気にならないようにナンバープレート上部のガーニッシュ内に設置しています。
AV入力端子/ビデオやTVゲームが接続できるAV入力端子を、インパネ・マルチボックス横に設置しました。

●大型空調ダイヤル
アクティブなイメージを演出するとともに、スキーグローブをしたままでも操作できるよう、大型ダイヤルを採用しました。
リアカメラ付ホンダ・ナビゲーションシステム

前ページ前ページ前ページ 目次次ページ 次ページ次ページ