MENU
HONDA
検索
ファクトブックへ
CIVIC
CIVIC FACT BOOK
インテリア
text
 
photo
Photo:シビックiE メーカーオプション装着車
カットボディによる撮影 リアシェルフは取り外して撮影しています
 
コンフォート&スマートをテーマにした、
心からリラックスできる快適空間。(シビック)

伸び伸びとした広がりを表現するために、ラウンド感で包み込んだインテリア。インパネまわりではセクションとシボによってメリハリをつけ、ボリューム感をやわらげました。ドアには、インパネからの流れを活かしたスポーティなグリップを採用。ドアファブリックを立体的にまわし込み、やわらかな厚みで安心感を与えています。またシートには、室内の広さに見合った充実感が得られるよう、縦基調のデザインを採用。ラゲッジフロアには居室と同じようなクリーンで使いやすいイメージを持たせています。

 
リッチ&スポーティをテーマにした、豊かさと
軽快さに満ちたセダン空間。(シビックフェリオ)

2トーンカラーコーディネイトを基本にラインや面に張りを持たせ、しかも全体の流れを強調することで、豊かな広がりのある高品質なイメージに仕上げています。シビック同様、独立したドアグリップがスポーティな印象を与え、縦基調のシートデザインが重厚感を演出。スポーティ・セダンとしての上質感が広がっています。
photo
Photo:シビック フェリオiE
メーカーオプション装着車
カットボディによる撮影
 
ドライビングコンフォートをもたらす、見やすく扱いやすいコクピット。
視認性、操作性を追求した運転席まわり
ドライバーがストレスを感じることなく運転に集中できるように、視認性の高いメーターを採用。さらに操作スイッチ類の配置を徹底的に検証し、走行中でも姿勢に無理なく操作できるようにレイアウトしています。
 
自然に手が届くシフトレバー
シビックには、ウォークスルーを可能にするために、ゲート式インパネシフトをセンターパネルに設置。シビックフェリオのAT車には、ノブの形状にまで配慮したスポーティデザインのセレクトレバーを採用。どちらもステアリングから自然に腕を降ろした位置にレイアウトしています。
photo
シビック
photo
シビック フェリオ
 
インパネとの一体感を持たせた大型3眼メーター(シビック)
メーターパネルの大きさを最大限に活かし、視認性を高めるために、3眼メーターを採用。大きさやレイアウトにこだわり、効果的なグラフィック処理によって新鮮なデザインに仕上げています。中央のスピードメーター内には液晶ツイントリップメーターも備えています。
photo
Photo:シビックiE
視認性に優れた、スポーティな大型4眼メーター(シビック フェリオ)
真円形を基調に大型のスピードメーターとタコメーターを置き、その左右に水温計と燃料計をレイアウト。視認性に優れた精度感の高いスポーティ・イメージに仕上げました。
photo
Photo:シビック フェリオiE
 
ロングドライブでも心地よいシート設計。
長時間の運転でも疲労しにくくするために、まず、座面のバネ幅を広くし、クッションには低反発ウレタンを採用して振動をより低減。サイズの適性化も図り、前後長で10mm、尻部幅で25mm拡大することで落ち着きのある座り心地を実現しています。一方シートバックは、大型サイドフレームを採用してホールド部を20mm高くするとともに、センター部とは異なる硬度の発泡ウレタンを使用し、ホールド感を高めています。
(数値はすべて旧モデル比)

 
◎フレームしっかり感向上イメージ図   ◎フロントシート構造図
フレームしっかり感向上イメージ図 フロントシート構造図

  ◎より心地よく過ごせるシート装備。
[シビック] [シビックフェリオ]
photo photo   photo
●運転席ハイトアジャスター
(X、X4に標準装備、iEにメーカーオプション)
●フロント大型アームレスト
(iE、X、X4に標準装備、G、G4にメーカーオプション)
  ●穴あきヘッドレスト
(RSのフロントシートに標準装備)
photo photo   photo
●リクライニングリアシート
(X、X4に標準装備、iEにメーカーオプション)
●6:4分割可倒式リアシート
●リアアームレスト
(X、X4に標準装備、iEにメーカーオプション)
  ●リア・センターアームレスト
(アームレストスルー機構付)
(iE、L4にメーカーオプション)
●運転席ハイトアジャスター
(RSに標準装備、iE、L4にメーカーオプション)

合わせ建てつけを大幅に向上した、上質のインテリア。
部品の取り付け構造をより強固にし、部品同士の隙間を最小化。また段差をなくしたり部品の縁取り幅を小さくして、部品同士の合わせを目立たなくするなど、上級車に施す手法によって上質感を漂わせています。

◎主な合わせ建てつけ説明図
photo [ルーフまわり]
◇ルーフとピラーの段差フラット化[A]
◇インテリアランプ取り付けフラット化[B]
◇サンバイザーステイのビス見え防止[C]
◇サンルーフのトリムレス化
[ドアまわり]
◇インナーハンドル取り付けフラット化
◇サイドシルガーニッシュ取り付けフラット化
[テールゲート/トランクまわり]
◇ストライカー部のビス見え防止
photo   [インパネまわり]
◇フロントピラーとの隙間防止[E]
◇コラムカバー、グローブボックスの隙間減少
◇センターパネルやエアアウトレットの
縁幅最少化および取り付けフラット化[F]
◇メーターバイザーの縁幅最少化[G]

次ページ前ページ次ページ 目次次ページ 次ページ次ページ