MENU
HONDA
検索
ACCORD/ACCORD Euro-R/ACCORD WAGON FACT BOOK
ACCORD/ACCORD WAGON 2002.10.10


Hondaがこれまで一環してACCORDに求めてきたもの。
それは、それぞれの時代における「走り」と「質」の高さでした。
7代目ACCORDの開発にあたり、まず、セダンとは、ワゴンとは、いったいどんなクルマであるべきなのか、
その価値とは何なのかを改めて突き詰めることからはじめました。
そして導き出した結論が、クルマの基本形としての本質の追求であり、さまざまな走行環境、
なかでも高速走行やワインディングが続くようなロングツーリングにおいて、
よりいっそう感じることができる「深み」でした。

動力性能、ボディ剛性、サスペンション性能などの基本要素はもちろん、
たとえば、シート、ステアリング、ペダルのポジションなどといった領域も
ロングツーリングでは顕著な要素として問われます。
そこで、長時間のドライブでもストレスを感じない心地よさや、高速巡行での安心感、
操作フィールや乗り味、ステアリングインフォメーションといった絶妙な一体感、
さらには、スポーティでプレミアム性の高い存在感、空間の広さや使いやすさなど、
本質を追求するとともに細部のディテールにまでこだわり、開発に着手しました。

[ダイナミクス]日本はもとより、厳しい道路条件が揃うヨーロッパをも見据えた、懐の深い走行性能。
[スタイル]クルマとしての機能を追求した、上質感と躍動感のあるデザイン。
[スペース]ゆとりと、使いやすさと、それらをより感じる工夫を施したパッケージ&ユーティリティ。
[スマート]ドライビングをさらに快適にする、次世代の先進高機能装備。
そして、世界の道を走るクルマとしての、一歩進んだ[安全性能]と[環境性能]。

革新の技術を投入しながら、全性能の“進化”と“深化”を重ねることで実現した、
乗った瞬間に、走り出した瞬間に、そして走るほどに感じる質の深さ。
信頼感や安心感に満ちた、これまでにない味わい[ニュー・クォリティ・ツアラー]、
〈アコード〉と〈アコードワゴン〉を創り上げました。





前ページ前ページ前ページ目次次ページ次ページ次ページ