犬の皮膚が赤い、痒そう!おでかけに潜む皮膚トラブルの原因と予防

useful useful お役立ち情報 お役立ち情報 March.26.2021

犬の皮膚が赤い、痒そう!

おでかけに潜む皮膚トラブルの
原因と予防

愛犬が痒がっている、同じ所をずっと舐めている、脱毛やフケなどの症状がみられる場合、それは皮膚トラブルを起こしているかもしれません。犬は皮膚トラブルを起こしやすい動物で、その原因は様々です。日々の散歩やおでかけの中にもあります。本記事では、おでかけで起こる犬の皮膚トラブルや、予防策について解説していきます。

犬は皮膚トラブルを
起こしやすい

人間も犬も肌の構造は同じですが、犬の肌の薄さは人間の1/3程度(角質層の厚さ)しかないと言われています。
体表の多くを被毛で覆われていても、その肌の薄さゆえに犬の皮膚はとてもデリケートです。皮膚は保湿成分セラミドなどのバリア機能によって、外部から受ける刺激や乾燥から守られています。

しかし、そのバリア機能が低下すると、外部の刺激から皮膚を守れなくなります。

もし、愛犬が同じ所をしきりに舐めたり、ひっ掻いたりしていたら、何らかの皮膚トラブルを起こしているのかもしれません。また、皮膚が赤い、発疹(赤いブツブツ)などの症状がある場合は感染症を起こしている可能性があります。

犬の皮膚トラブルの原因は?

犬の皮膚トラブルには、寄生虫・蒸れ・食べ物・細菌の増殖と、大きく4つの原因が存在します。犬の皮膚トラブルを防ぐためには、これらの原因を飼い主さんがしっかりと把握することが重要です。ここからは、犬の皮膚トラブルの原因について詳しく紹介します。

寄生虫が原因

暖かい季節になるとマダニやノミなどの行動が活発になります。マダニやノミなどの唾液がアレルゲンとなり、皮膚が炎症を起こすこともあるため、暖かい時期の外出には注意が必要です。そのほかにも、花粉などがアレルゲンとなり、炎症を起こす場合もあります。

また、犬の顔や背中、足先などに赤いブツブツがみられたり、皮膚がただれを起したりしている場合には、ニキビダニなどの「毛包虫(もうほうちゅう)」と呼ばれる寄生虫が原因と考えられます。ニキビダニは皮膚に常在する寄生虫ですが、子犬や老犬、病気などで免疫力が低下すると過剰に増殖することがあります。

体を濡れたままにしておくことが
原因

雨の日のおでかけ、川や海などでの水遊び、シャンプーのあとなどで濡れた体をそのままにしておくと、皮膚が蒸れたり、雑菌が繁殖したりといったことが原因で皮膚炎を引き起こすことがあります。犬の皮膚は被毛に覆われているため蒸れやすい環境になります。

食べ物が原因

体を痒がる、皮膚の赤み、フケなどが見られたら、食べ物によるアレルギーを起こしている可能性があります。アレルギーは突然発症することが多いため、毎日、何時に何を食べているか把握することで、アレルギーの原因となった食材の特定に役立ちます。

皮膚の細菌バランスの崩れが原因

免疫力は、睡眠不足・運動不足・ストレス・バランスの悪い食事などにより低下します。免疫力が低下すると、皮膚に常在している細菌(ブドウ球菌)が増殖し、皮膚炎を引き起こすことがあります。

ほかにも、おでかけ先でいつの間にかできた小さな傷も皮膚トラブルの原因のひとつです。傷を愛犬が舐め続けると、皮膚が炎症を起こし、さらに悪化をしてしまうこともあるため、愛犬が体を気にする様子がみられたら、動物病院に連れて行くとよいでしょう。

犬の皮膚トラブルの予防法

犬の皮膚は被毛で覆われているため、小さな皮膚トラブルを目視で確認することは難しいです。犬が皮膚トラブルを起こしていないか、毎日のちょっとしたコミュニケーションでチェックしましょう。ここからは、犬の皮膚トラブルを未然に防ぐ、いくつかの予防法をご紹介します。

日々のブラッシングで予防する

ブラッシングは、愛犬の被毛についた汚れや寄生虫を取り除いたり、血行を促進して新陳代謝を促したりする役目があるため、できるだけ毎日行うとよいでしょう。また、ブラッシングする際に皮膚の状態を確認し、皮膚炎や傷がないかチェックしてください。無駄な抜け毛を取り除くことで、皮膚の蒸れも予防できます。

日頃のスキンケアで予防する

犬のスキンケア方法として、シャンプー、保湿などがあります。定期的にシャンプーをすることで、ブラッシングだけでは取り除けない寄生虫などを除去することができます。ただし、シャンプーのしすぎは皮膚が乾燥する原因となるため、適度に行ってください。犬用の保湿剤を使って、肉球や皮膚をケアするのもおすすめです。愛犬に合うシャンプーや保湿剤など見つけるためには、動物病院で相談してみるとよいでしょう。

また、マダニやノミには駆除薬の投与も効果的ですので、動物病院で相談をしてみましょう。ノミの対策について詳しくは、「犬につく「ノミ」の予防対策と駆除方法」をご覧ください。

濡れた体を乾かす

シャンプーのあと、雨の日のおでかけなどで濡れた体は、できるだけ早く乾かしましょう。被毛だけでなく、皮膚の生乾きを防ぐためにしっかりと乾かすことを習慣にしてください。指の間、脇なども蒸れて皮膚トラブルの原因となるため、細かい部分のケアも大切です。

また、雨の多い季節には犬用のレインコートなどを着せる飼い主さんも少なくありません。レインコートで体は濡れていないだろうと思わず、帰宅をしたら全身をチェックしてあげましょう。

食事内容を見直す

皮膚トラブルのほかに、嘔吐や下痢などの症状がみられる場合には、食事が合っていないことが原因の可能性があります。食事の見直しを行う場合には、必ず動物病院に相談するようにしてください。おでかけ先で普段食べ慣れていない物を口にする場合には、できる限り原材料を確認してから与えるようにしましょう。

もしも愛犬が皮膚トラブルを
起こしてしまったら

愛犬に皮膚トラブルの症状が見られたら、まずは動物病院で診察を受けましょう。また、アレルギーが原因の皮膚炎を起こしているときは、アレルゲンとなる環境や食材に接触させないように気をつけてあげてください。獣医師の指示に従い、内服薬や塗り薬を使うほか、毎日のスキンケアを欠かさず行いましょう。

また、アレルギー性皮膚炎を引き起こす要因である花粉症の対策については「【獣医師監修】もしかして、犬も花粉症になるの?」をご覧ください。

日々の対策で
犬の皮膚トラブルを予防しよう

犬の皮膚はとてもデリケートです。はじめは小さな痒みでも、放っておくと徐々に症状が悪化し、痛みに変わり、眠れないほどの状態になる場合があります。愛犬のストレスや運動不足の解消、免疫力の向上のためにも欠かせない毎日の散歩やおでかけだからこそ、日々のコミュニケーションやケアを大切にしましょう。

文・監修:PECO

※このコンテンツは、2021年3月の情報をもとに作成しております。最新の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。