MENU

HONDA

検索

Blancpain GT World Challenge America
Round07 / 08
USソノマ

2019年6月8日(土)-9日(日)

ソノマ・レースウェイ

ブランパンGTワールドチャレンジ・アメリカ 第7・8戦 ソノマ

Pro-AmクラスでNSX GT3 Evoが2戦連続表彰台

  • ・カイル・マルチェリ、マーティン・バーキー組がPro-Amクラスのランキング首位を維持
  • ・ティル・ベクトルシェイマーはマーク・ミラーとのペアでトップ5フィニッシュ
  • ・RealTime Racingが第7戦で優勝、第8戦では最終ラップの追い上げで2位に

カリフォルニア州のソノマ・レースウェイでブランパンGTワールドチャレンジ・アメリカが開催されました。Pro-Amクラスでは、第7戦で、RealTime Racingのデーン・キャメロンとマイク・ヘドランド組が優勝。続く第8戦でも2位に入賞しました。

RealTime Racingは今シーズン2度目のドライバー交代で、地元ドライバーのヘドランドが参戦。ヘドランドは第7戦の予選でポールポジションを獲得すると、レース中はミスのない走りで今シーズン2度目の優勝をポール・トゥ・ウインで飾りました。

翌日の第8戦では、中盤でライバルマシンと接触するも、大きなダメージはなくレースを続行。上位争いを続け、最終ラップでアンソニー・インペラト(ポルシェ)をオーバーテイクして2位となりました。

カイル・マルチェリとマーティン・バーキーがコンビを組むRacer's Edge Motorsportsは、第7戦は接触によりラジエーターを破損。3周でリタイアに終わりましたが、第8戦ではばん回し、3番手争いを展開。最終的に3位とわずか0.36秒差の4位となりました。この結果、Pro-Amクラスのポイントランキング首位を維持しています。

ティル・ベクトルシェイマー、マーク・ミラー組のGradient Racingは第7戦、第8戦ともに5位となりました。

第9戦と第10戦は8月31日(土)~9月1日(日)、ニューヨーク州のワトキンス・グレン・インターナショナルで行われます。

コメント

マイク・ヘドランド(優勝/2位)
「マシンのバランスはとてもよかったです。コースのグリップはよくなかったですが、その条件は皆同じでしたから、レースの最後15分間で戦えるように、タイヤをセーブして走りました」

デーン・キャメロン(優勝/2位)
「ここでまた勝つことができました。すばらしいマシンを用意してくれたチームやHPD、Acuraに感謝しています。マイク(ヘドランド)は驚くべきいい仕事をしてくれました。彼がいてくれてよかったです。彼はここソノマでさまざまな種類のGT3マシンを駆った豊富な経験があり、すばらしい仕事をしてくれました」

Pro-Am クラス リザルト

第7戦

順位 ドライバー チーム マシン 周回数
1 マイク・ヘドランド / デーン・キャメロン RealTime Racing Acura NSX GT3 EVO 53Laps
2 A.インペラート / M.キャンベル Wright Motorsports
Porsche 911 GT3R +13.408
3 J.ソフラノス / D.ワーナー GMG Racing Porsche 911 GT3R +19.459
5 ティル・ベクトルシェイマー / マーク・ミラー Gradient Racing Acura NSX GT3 EVO +1'13.605
DNF カイル・マルチェリ / マーティン・バーキー Racer's Edge Motorsports Acura NSX GT3 EVO +50Laps

第8戦

順位 ドライバー チーム マシン 周回数
1 J.ソフラノス / D.ワーナー GMG Racing Porsche 911 GT3R 48Laps
2 マイク・ヘドランド / デーン・キャメロン RealTime Racing Acura NSX GT3 EVO +2.816
3 A.インペラート / M.キャンベル Wright Motorsports
Porsche 911 GT3R +5.630
4 カイル・マルチェリ / マーティン・バーキー Racer's Edge Motorsports Acura NSX GT3 EVO +5.990
5 ティル・ベクトルシェイマー / マーク・ミラー Gradient Racing Acura NSX GT3 EVO +30.395

フォトギャラリー

モータースポーツ >  Honda Racing Customer Program >  ブランパンGTワールドチャレンジ・アメリカ 第7・8戦 ソノマ

ニュース