MENU
HONDA
検索

2013年5月発表 2014年3月終了モデル
この情報は2014年3月現在のものです。

INSIGHT

空力フォルム

誤解を恐れずに言います。空力だけのスタイルではいけない。
Hondaがつくりたいのは、空力を超えた、さらに先にあるデザイン。
インサイトのお手本は、コンマ何秒を競うスプリントランナーのフォームでした。

風の声を聴いてつくったデザイン。

1箇所変更すれば、他の箇所に影響が出てくる繊細な空力性能の世界。ボディを削っては整え、全身すみずみ幾度となく手を加え、鍛え上げてきた。

  • フロントバンパー

    フロントバンパー

    ワイド感あるフロントの張り出しが、サイドへのよりスムーズな風の流れを生み出す。

  • スプリッタストレイキ

    スプリッタストレイキ

    タイヤが巻き込む風を防ぐエアロパーツを採用。

  • Aピラードリップモール

    Aピラードリップモール

    空気抵抗や風切音の低減はもちろん、サイドウインドウへの雨水の流れも配慮したデザイン。

  • リアバンパー

    リアバンパー

    サイドを断ち落としたようなデザイン。空力性能を向上させるとともに、フォルムのエッジを際立たせる。

  • エンジンアンダーカバー

    エンジンアンダーカバー

    アンダーカバーの凹みを平滑化。クルマの底の細かな形状まで、徹底的に空力性能向上を図っている。

低さは、そのままに。

姿勢が低いほど、風の抵抗は少なくなり、燃費性能に貢献できる。ハイブリッドカーとして燃費を徹底追求した外観を守りながら、クルマとしての魅力をいかに深めるか。インテリア細部やリアシート形状など細部にまでこだわりを注ぐことで、十分な後方視界、居住性も確保している。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「装備一覧」「主要諸元」をご覧ください。

ページトップへ