MENU

HONDA

検索

Round09ラトビアラトビア

MXGP

2019年6月16日(日)・決勝

ケグムス

第9戦 ラトビア

ガイザーがオーバーオールウイナー(6位/1位)となり4連勝

モトクロス世界選手権第9戦が、ラトビアのケグムスで行われました。首都リガから車で1時間ほどの郊外に位置するゼルタジルグス・サーキットは、グランプリ開催が定着している名門サンドコース。モトクロス競技が盛んなバルト3国の中で、最も難易度の高い会場と言われています。

ティム・ガイザー(Team HRC)にとっては、2年前に転倒リタイアした経験があり、ネガティブな記憶を好成績で上書きしたいところでしたが、土曜日に行われた予選レースでは、転倒とピットインの影響で18番手になってしまいました。ケグムスの1コーナーは180度折り返すヘアピンなので、イン側が圧倒的に有利なのですが、ガイザーはゲートピック18番目というハンディキャップを負ったのです。

レース1では、ガイザーが不利なゲートから絶妙のスタートダッシュを決め、1周目4番手につけました。1コーナーではブライアン・ボジャーズ(Team HRC)が転倒し、最後尾近くから追い上げを強いられるレースとなりました。リーダーはアントニオ・カイローリ(KTM)、アーヌー・トヌス(ヤマハ)、ジェフリー・ハーリングス(KTM)と入れ替わりましたが、セカンドグループでも接戦が続きました。ガイザーはそのバトルに飲み込まれ、6位でフィニッシュ。ボジャースは18位までばん回してチェッカーを受けました。

レース2ではガイザーが1周目3番手、ボジャースは12番手につけました。ガイザーは5周目にトヌスを抜いて2番手、11周目にはジェレミー・シーワー(ヤマハ)をかわしてトップに浮上。終盤はロマン・フェーヴル(ヤマハ)の追撃を受けましたが、2秒差で逃げきりました。総合ではガイザー(6位/1位)、フェーヴル(4位/2位)、トヌス(2位/4位)の3人が同点で並びましたが、レース2の順位を優先してガイザーがウイナーとなりました。カイローリがリタイアしたこともあり、ランキング首位ガイザーのポイントリードは33点に広がっています。

コメント

ティム・ガイザー(MXGP 6位/1位 総合1位)
ティム・ガイザー 「とてもハッピーです。なぜなら昨日の予選レース中の大転倒でゲートピックが18番目になってしまったので、これほど巻き返せるとは思いもよらなかったからです。レース1ではあまり乗れておらず、いいラインやリズムを見つけることができずに、6位になるのがやっとでした。レース2ではもう少しうまくスタートできて、何周か追い上げに費やした後、残り10分ぐらいの局面でトップに立つことができました。総合優勝を続けて獲ることができて、とても満足しています。この勝利はチームスタッフ全員が努力を重ねた賜物なので、心から感謝しています。この先にはまだたくさんのレースが控えていますが、毎戦楽しみながらベストを尽くし、MXGPシリーズの首位をキープしていきたいと思います」

ブライアン・ボジャーズ(MXGP 18位/12位 総合17位)
ブライアン・ボジャーズ 「レース1のスタートで転倒した割にはばん回できたので、今日はそれほど悪くなかったと思います。もちろんあのような始まり方は望ましくありませんが、最後尾から再スタートしたことで思いきり攻めようとスイッチが入りました。序盤は何台も抜くことができましたが、あるライダーの後ろについたところで勢いを削がれてしまいました。最後尾から18位まで追い上げてポイントを獲得できましたが、決して満足はしていませんでした。そのせいかレース2では集中力が高まり、20番手付近でスタートできました。1周目で12番手まで上がったのですが、そこからは最後までポジションが変わることはありませんでした。レース2ではスタートから20分間はスピードを維持できたので、自分のライディングにはとても満足しています。思いきり攻めて手堅いリザルトを残せたので、この走りを来週のトイッチェンタールでも続けたいと思います」

リザルト

レース1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
184J.ハーリングスKTM1734'02.925
24A.トヌスヤマハ17+01.599
3222A.カイローリKTM17+12.059
4461R.フェーヴル ヤマハ17+14.205
591J.シーワーヤマハ17+15.980
6243ティム・ガイザーHonda17+17.943
789ジェレミー・ファン・フォルベークHonda17+24.661
18189ブライアン・ボジャーズHonda17+1'29.178
24151ハリー・クラスHonda16+1Lap

レース2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1243ティム・ガイザーHonda1835'56.037
2461R.フェーヴル ヤマハ18+02.189
391J.シーワーヤマハ18+02.738
44A.トヌスヤマハ18+15.871
589ジェレミー・ファン・フォルベークHonda18+22.078
641P.ジョナスハスクバーナ18+26.723
12189ブライアン・ボジャーズHonda18+1'05.661
20151ハリー・クラスHonda17+1Lap

ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
1243ティム・ガイザーHonda391
2222A.カイローリKTM358
391J.シーワーヤマハ256
421G.ポーリンヤマハ254
54A.トヌスヤマハ246
627A.ヤシコニスハスクバーナ226
889ジェレミー・ファン・フォルベークHonda200
18189ブライアン・ボジャーズHonda82
26151ハリー・クラスHonda19
34179ホアキン・ポリHonda3
37220ヘトロ・サラサールHonda1

マニュファクチャラー

順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1Honda400
2KTM395
3ヤマハ356
4カワサキ281
5ハスクバーナ265

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース