MENU

HONDA

検索

Round14チェコチェコ

MXGP 決勝

2018年7月22日(日)

ロケト

ガイザーが2戦連続のポディウムフィニッシュを果たす

モトクロス世界選手権第14戦が、チェコ共和国のロケトで行われました。ドイツ国境にほど近く、温泉リゾートとして名高いカルロヴィ・ヴァリに隣接した会場には、大勢の観客が詰めかけました。夏の恒例イベントとして定着しているステータスはもちろんですが、第11戦ロンバルディア以来、5週間ぶりにヨーロッパで開催されるグランプリという事情も関係していたようです。

急な丘の斜面に作られたコースは、ほとんどが自然の起伏をそのまま活かしたレイアウトで、路面は石混じりのハードパック。わだちの発生は少ないものの、狭い幅員とギャップの攻略が求められる難関です。

負傷により欠場中のブライアン・ボジャーズ(Team HRC)は8週間ぶりに右足首を固定していたギプスを外し、リハビリを開始していますが、カムバックまでにはまだ時間がかかります。Team HRCは今大会も、ティム・ガイザー、トッド・ウォータースの2台態勢で臨みました。

レース1では、ジェフリー・ハーリングス(KTM)、アントニオ・カイローリ(KTM)に次いで、好スタートを切ったガイザーが3番手につけます。レースの主導権はハーリングスが握ることになりますが、ガイザーはカイローリと僅差を保ちながらバトルを続け、最終的に3位でフィニッシュ。チームメートのウォータースは、オープニングラップを10番手で通過しましたが、中盤以降はペースが鈍り、16位でチェッカーを受けました。

レース2でもやはりハーリングスが独走し、カイローリとガイザーが接戦を演じるレース1と同じような展開になりましたが、ガイザーはまたしても3位でゴール。この結果、総合3位に入賞し、2戦連続となるポディウム登壇を果たしました。一方ウォータースは、フィジカルコンディションが万全ではなかったことも影響してか、レース中盤からポイント圏外の走行となり、22位でレースを終えました。

コメント

ティム・ガイザー(MXGP 3位/3位 総合3位)ティム・ガイザー
「今週末の成果にとても満足しています。表彰台は常に目指している場所ですし、そこに到達できたことをうれしく思います。決勝では2レースとも安定していて、スタート直後からトップ5に食い込むことができました。ロケトのようなコースでは、スタートの成否がとても重要なのです。両レースとも順調に乗れていたんですが、終盤に少し腕アガリを感じたので、その辺りの対策をしないといけませんね。僕を支えてくれたすべての人に感謝したいです。この成績を得るために必死になって準備してくれたチームスタッフ、そしてスロベニアから駆け付けてくれたファンの皆さんに対して、ありがとうと伝えたい気持ちです。次戦のロンメルは、真夏にディープサンドで行われるレースなので、シリーズの中で最も苛酷なグランプリです。中1週間あるので、できるだけサンドコースで走り込みをして備えるつもりです。厳しいけれど、楽しみですね。またポディウムに上がれるようにがんばります」

トッド・ウォータース(MXGP 16位/22位 総合20位)トッド・ウォータース
「レース1ではスタートがかなりうまく決まって、トミー・サール(カワサキ)やほかのライバルたちと10位前後のポジションを争えたのがよかったです。でもスタミナが枯渇するとハイペースを保てなくなり、そうしたフィジカル面の準備不足はレース2でも露呈してしまいました。マシンは完ぺきで、全く問題はありません。自分の体力不足がすべてです。グランプリで戦えるレベルのフィジカルコンディションを整えないといけないのですが、残念ながらまだそのレベルには届いていません。ロンメルはシーズンの中で最も厳しいコースなので、可能な限り走り込みを行って、準備したいと思います」

MXGP リザルト

レース1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
184J.ハーリングスKTM1934'28.981
2222A.カイローリKTM19+31.992
3243ティム・ガイザーHonda19+35.048
425C.デサールカワサキ19+42.339
589J.バン・ホービークヤマハ19+47.791
621G.ポーリンハスクバーナ19+51.183
1642トッド・ウォータースHonda19+1'48.544
2483ネイサン・レンケンズHonda18+1Lap
34152ピーター・ペトロフHonda10+9Laps

レース2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
184J.ハーリングスKTM1934'33.827
2222A.カイローリKTM19+31.568
3243 ティム・ガイザーHonda19+37.056
4461R.フェーヴル ヤマハ19+51.917
589J.バン・ホービークヤマハ19+57.637
621G.ポーリンハスクバーナ19+1'00.420
21152 ピーター・ペトロフHonda18+1Lap
2242トッド・ウォータースHonda18+1Lap
2683ネイサン・レンケンズHonda18+1Lap

MXGP ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
184J.ハーリングスKTM633
2222A.カイローリKTM603
325C.デサールカワサキ479
4243ティム・ガイザーHonda450
5461R.フェーヴル ヤマハ432
621G.ポーリンハスクバーナ419
1827アルミナス・ヤシコニスHonda111
25152ピーター・ペトロフHonda36
2642トッド・ウォータースHonda33
3428ヘトロ・サラサールHonda5

マニュファクチャラー

順位 マニュファクチャラー 総合ポイント
1KTM697
2カワサキ498
3ヤマハ480
4Honda465
5ハスクバーナ443
6TM227
7スズキ226

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース