MENU
HONDA
検索

 Honda Riders Close Up 〜ワークスマシンを駆って、世界に挑むライダー〜

MotoGP カル・クラッチロー LCR Honda

MotoGP カル・クラッチロー LCR Honda
Profile
生年月日
1985/10/29
出身地
イギリス
身長・体重
170cm・70kg
チーム(マシン)
LCR Honda(RC213V)
2015年の成績
MotoGP 総合8位
Vol.2

 LCR Hondaで2年目のシーズンを迎えるカル・クラッチロー選手が、2016年シーズンの折り返しとなるドイツGPで優勝争いを繰り広げ、2位表彰台を獲得しました。2位で終わった安堵と悔しさを、クラッチロー選手はジョーク混じえて巧みに表現しました。

 

「最初に思ったのは、表彰台に上れてよかった、ということですが、次に頭に浮かんだのは、勝てなかったのが悔しいな、ということです。僕が勝たなくて、マルクは運がよかったですね(笑)」

 

 2016年シーズンに入り、クラッチロー選手はいつも速さを発揮していましたが、レースではそれを結果に結びつけられない悔しい展開が続いていました。しかし、第9戦はフラッグ・トゥ・フラッグの難しいコンディションの中で上位陣につけ、マシン交換後も安定した速いペースを保ちながら今季初表彰台でゴールしました。

 

「チームが本当にいい仕事をしてくれました。ピットインしたときのタイヤ選択もすばらしかったと思います。こういうレースの場合は『もっと早くピットインしていればどうなっていただろう』と思いがちですが、正直なことを言えば、今回はピットボードを全然チェックしていませんでした。直前を走るロッシとドヴィツィオーゾの背中だけを見て走っていたんです。彼らはトップグループの走り方をよく知っている選手ですからね」

 

 苦しい戦いの続いたシーズン前半を振り返りと後半戦の展望については、このように述べました。

 

「今年は厳しいレースが続いたので、結構な時間がかかってしまいましたが、Hondaがすごくがんばってくれたおかげで、この数戦はとても乗りやすいバイクに仕上がってきました。これからもどんどんよくなっていくと思います。シーズン後半戦では、さらにもう数回、表彰台に立つことができると思いますよ」

 そんなクラッチロー選手が再び表彰台に立つ日は、思いのほか早く訪れました。

 

 ウエットレースになった第11戦チェコGPの決勝レースで、前後にハードコンパウンドのウエットタイヤを装着したクラッチロー選手は10番グリッドから猛烈な追い上げを見せ、MotoGP初優勝を飾ったのです。しかも、8月上旬には愛娘が生まれたばかり。さらに、イギリス人選手が最高峰クラスで優勝を飾るのは、これが35年ぶりの出来事。さまざまな意味で、記念すべき日になりました。

 

「(勝てそうだと思ったのは)5周目くらいでした。水が多い状態ではタイヤがスピンして加速が厳しく、なかなかオーバーテイクをできなかったのですが、路面の水はすぐに減ってきました。やがて、先頭集団が見えてきて、『OK、ウエットでトップグループが見えるならチャンスがあるぞ』と思ったんです。いつものレースなら、5周もすればトップグループは見えなくなってしまうんですけれども(笑)」「やがて前方のグループの背後につけたとき、彼らはどんどん厳しくなってきているようでしたが、僕はその逆でどんどん速くなっていました。その段階で、これは完走すれば勝てるな、と思ったんです」

 優勝後は、皆から同じように初優勝の気分を尋ねられました。そして、クラッチロー選手は、皆に対して同じようにその感情を素直に表しました。

 

「MotoGPに来てからこの6年間は全然勝っていなくて、優勝したのは(趣味の)自転車レースくらいでした。娘が生まれたときは、間違いなく僕の人生で最高の喜びでした。それでも今日の優勝は自分のレース人生で最高の日になったし、また近いうちにぜひともこの気分をもう一度味わいたいと思います」

 クラッチロー選手の語るその「近いうち」は、きっとすぐにやってくるのではないでしょうか。