MENU

HONDA

検索

Round01カタールカタールGP

Moto2

2020.03.06(金)

ロサイル・インターナショナル・サーキット
天候:晴れ
気温:28℃
コースコンディション:ドライ

ジョー・ロバーツが初のトップタイム
チャントラ18番手で2020年のスタートを切る

2020年の開幕戦カタールGPは、青空が広がる絶好のコンディションの中でスタートしました。MotoGPクラスがキャンセルとなったため、Moto2クラスは決勝がナイトレースとなります。そのため選手たちは、想定していた時間とは異なる土曜日の予選Q1とQ2、そして日曜日の決勝に向けて、路面コンディションを確認する一日となりました。

午後2時20分から午後3時まで行われたFP1は気温27℃。路面温度は41℃まで上昇。対して、午後6時から6時40分まで行われたFP2は、気温21℃、路面温度は25℃まで下がりました。決勝レースはFP2と同じ時間帯に行われるため、選手たちは、タイヤのフィーリングの変化など、本番に向けた調整が続きました。

その中でトップタイムをマークしたのはジョー・ロバーツ(American Racing)で、気温も路面温度も下がったFP2で、サーキットベストタイムを更新する1分58秒421の好タイムをマークしました。以下、18番手までが1秒差という大接戦となり、マルコ・ベツェッキ、ルカ・マリーニ(ともにSKY Racing Team VR46)、長島哲太(Red Bull KTM Ajo)と続きました。

IDEMITSU Honda Team Asiaで2年目のシーズンを迎えるソムキアット・チャントラは、その接戦の中でトップから1秒差以内の18番手、2日目のFP3では、ダイレクトでのQ2を目指します。チームメートで今年からMoto2クラスにフル参戦するルーキーのアンディ・ファリド・イズディハールは、FP1で27番手でしたが、初めて経験するナイトセッションのFP2で思うようにタイムを短縮できず総合29番手でした。

コメント

ジョー・ロバーツ(Moto2 1番手)
ジョー・ロバーツ「初日にトップに立つことができて最高の気分です。ラップレコードを破り、まるで優勝したように祝いました。まだプラクティスですが、昨年のことを考えたら、ここまでは大きな前進です。アメリカン・レーシング・チーム全体に感謝したいです。全員がすばらしい仕事をして僕をここまでのレベルに引き上げてくれました。いい週末になることを期待しています。チャンスはあると思います。僕のチームは欲しい人材が集まったドリームチームです。最高のマシンと最高のクルーとのコンビネーションが、自信につながっています。とてもいい仕事ができると思ってカタールに来ました。すばらしい初日になりました。まだあと2日あります。もっと前進できるようにがんばります」

マルコ・ベツェッキ(Moto2 2番手)
マルコ・ベツェッキ「いいスタートを切ることができました。ルカ(・マリーニ)とすばらしい仕事ができました。インフォメーションを共有し、レベルを上げられるように努力していますが、まだ完ぺきではありません。明日も一生懸命取り組まなければなりません。特に走り出してからの数周、タイヤのパフォーマンスをうまく引き出せていないので、その部分で一歩前進しなければなりません」

ルカ・マリーニ(Moto2 3番手)
「とても満足しています。FP2は、いいパフォーマンスを発揮したかったので、新品タイヤでアタックしました。マルコ(・ベツェッキ)とすばらしいチームワークで走ることができました。全体的にフィーリングはよかったのですが、エンジンブレーキと2コーナーのブレーキングを改善しなければなりません。テストのときに比べると、路面のグリップは違います。そして、今日は風もありませんでした」

長島哲太(Moto2 4番手)
長島哲太「テストから引き続き好調です。今回はMotoGPクラスがキャンセルになり、気温も路面温度も低いコンディションに合わせる必要が生まれました。そのため、FP2は連続周回をしてフィーリングを確認しました。全体的に悪くはないと思いますが、最後のアタックが決まらなかったのがちょっと残念でした。明日の予選では、しっかりタイムを出したいです」

ソムキアット・チャントラ(Moto2 18番手)
ソムキアット・チャントラ「今日はしっかり走行することができたと思います。FP1はいくつか問題があったのですが、FP2では解決することができました。ラップタイムもよくなりました。しかし、トップとは、まだ0.8秒の差があります。今日は1秒の中に18人のライダーがひしめく大混戦でした。明日も、引き続き、前のライダーたちとのギャップを縮められるように改善を続けます」

アンディ・ファリド・イズディハール(Moto2 29番手)
アンディ・イズディハール「事前テストから引き続き、同じ方向で走行を開始しました。FP1はいいフィーリングでした。ロサイルは、5年前に走った経験がありますが、FP2はナイトセッションとなり、照明の中で初めて走りました。気温も路面温度も下がり、フィーリングも完ぺきではありませんでした。明日の走行では、いくつかのセッティングを試します。FP3、そして予選に向けて集中したいです」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
116ジョー・ロバーツKALEX1'58.421
272マルコ・ベツェッキKALEX+0.248
310ルカ・マリーニKALEX+0.338
445長島哲太KALEX+0.500
597チャビ・ビエルゲKALEX+0.638
637アウグスト・フェルナンデスKALEX+0.653
764ボウ・ベンドスナイダーNTS+0.668
833エネア・バスティアニーニKALEX+0.693
911ニッコロ・ブレガKALEX+0.715
1088ホルヘ・マルティンKALEX+0.727
1112トーマス・ルティKALEX+0.747
129ホルヘ・ナバロSPEED UP+0.768
1323マルセル・シュローターKALEX+0.777
1444アーロン・カネットSPEED UP+0.794
157ロレンソ・バルダッサーリKALEX+0.816
1687レミー・ガードナーKALEX+0.856
1721ファビオ・ディ・ジャンアントニオSPEED UP+0.863
1835ソムキアット・チャントラKALEX+0.869
1957エドガー・ポンスKALEX+1.065
2022サム・ロースKALEX+1.140
2196ジェイク・ディクソンKALEX+1.220
2242マルコス・ラミレスKALEX+1.288
2324シモーネ・コルシMVアグスタ+1.418
2440ヘクター・ガルゾKALEX+1.599
2562ステファノ・マンシィMVアグスタ+1.705
262イェスコ・ラフィンNTS+1.760
2755ハフィス・シャーリン SPEED UP+1.807
2819ロレンソ・ダラ・ポルタKALEX+2.383
2927アンディ・ファリド・イズディハールKALEX+2.661
3099カスマ・ダニエル・カスマユディンKALEX+4.465

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ロードレース世界選手権 >  2020 開幕戦 カタールGP Moto2 フリー走行

ニュース