MENU

HONDA

検索

ROUND 17

マレーシアマレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキット 2017.10.29(日)・決勝

第17戦 マレーシアGP

マルケスが4位でタイトル獲得に向け前進。ペドロサは5位でフィニッシュ

天候:曇り/雨  気温:25℃  コースコンディション:ウエット
観客:9万7457人(3日間:16万6486人)

3連戦最後の戦いとなった第17戦マレーシアGPは、Moto3とMoto2クラスはドライコンディション、MotoGPクラスはウエットコンディションで行われました。今大会、最大の注目選手はもちろん、タイトル王手で今大会を迎えたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)。今大会も3日間を通じて不安定な天候となりましたが、マルケスは、ドライ、ウエットとともに着実にマシンのセットアップを進めました。しかし、ドライコンディションで行われた予選では、痛恨の転倒を喫し7番グリッド。ウエットコンディションとなった決勝も、思うようなパフォーマンスを発揮できませんでした。

レースは、Moto2クラスの決勝レースが終わった直後に激しい雨となり、フルウエットで始まりました。その難しいコンディションの中で、マルケスは3列目7番グリッドから好スタートを切ると、オープニングラップで3番手につけますが、5周目に4番手へとポジションを落とします。それからは4番手をキープする走りに徹し、22周のレースでチェッカーを受けました。総合2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)に33点差をつけ、タイトル王手で今大会を迎えたマルケスですが、レースを終えて点差は21点となり、タイトル決定は次戦への持ち越しとなりました。最終戦となる次戦バレンシアGPでは、11位以内に入れば自力チャンピオンが決まります。

また、マルケスが4位でフィニッシュしたことで、Hondaはコンストラクターズポイントを332点とし、2位のドゥカティに29点差をつけたことで、2年連続23回目のコンストラクターズタイトルを獲得しました。

今季3回目のポールポジションを獲得したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、この数戦、苦戦してきたウエットコンディションで健闘し、5位でチェッカーを受けました。日本GP、オーストラリアGPと、過去2戦ともにウエットコンディションでタイヤの温度を上げられず苦戦を強いられましたが、今大会もウエットでは思うようなパフォーマンスを発揮できませんでした。しかし、決勝ではこれまでと比較して大きく改善されたことで、5位フィニッシュを果たしました。

予選11番手から決勝に挑んだジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が8位フィニッシュ。前戦オーストラリアGPの7位に続き、2戦連続でシングルフィニッシュを達成しました。シーズン後半戦にかけて調子を上げているミラー。最終戦バレンシアGPでもその走りに注目が集まります。

予選10番手から決勝に挑んだカル・クラッチロー(LCR Honda)は、リアタイアのグリップに苦しみ、ペースが上がらず15位。予選20番手のティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)もリアタイヤのグリップに苦しめられ、18位でレースを終えました。


» ニュースリリース - FIM MotoGP世界選手権で二年連続コンストラクターズタイトルを獲得

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 4位)
マルク・マルケス「今日はウエットレースとなり、路面が非常に滑りやすく、これまでのチャンピオンシップの中でも最も難しいレースの一つになりました。スタートはよかったので、集団につかまらないようにしようと思い、序盤はプッシュしました。そしてマシンの感覚やペースをつかもうとしたのですが、ドゥカティの2人がとても速いのが分かったので、リスクを冒すよりも、冷静にチャンピオンシップのポイントを獲得することに専念しました。(ヨハン)ザルコ(ヤマハ)をパスすることも考えましたが、チャンピオンシップのアドバンテージを21ポイントから24ポイントにするだけだと考えると、リスクが大きすぎました。今日のレースはタイトルを獲得するためのものではなく、そこに近づくためのものだと考えることにしました。この週末は難しいものとなり、常に苦戦し続けていたので、4位という結果が獲得できたことに満足しています。もちろん、このあともしっかりと集中して、バレンシアの決勝ではチャンピオンシップポイントのアドバンテージに油断することなく、100%で取り組みたいと思います。また、今日はコンストラクターの年間タイトルが獲得できました。これはチャンピオンシップの最初のステップになったと思います」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 5位)
ダニ・ペドロサ「全体的に今日の結果には満足しています。戦えるマシンを用意してくれたチームに、感謝しています。昨日ポールポジションを獲得したあとはもちろん、決勝も晴れてくれたらという期待感が強かったので、決勝前に雨が降り始めるのを見たときには、トップでスタートしても最後尾でゴールすることになってしまうかもしれないと思いました。結局、セッティングの変更を行い、リアのグリップが得られるように、過去に試したことのあるセッティングにしたところ、これが機能しました。そのセッティングとリアにソフトを選択したことで、自信につながりました。ストレートでリアがスピニングする症状は、依然として完ぺきではありませんでしたが、少なくともエッジグリップは効いていたので、マシンを倒し込むことができました。また今後、技術面で役立ちそうなことを学べたと思うので、満足です。また今日はHondaがコンストラクターズタイトルを獲得しました。これは大切なことです。Hondaにとってもう一つのタイトル獲得になるので、うれしく思っています」

ジャック・ミラー(MotoGP 8位)
ジャック・ミラー「序盤はグリップのレベルが難しく、タイヤの左側を使っているときは特にコースから外れないようにするのに苦労しました。とにかく転倒しないようにしました。少し怖かったです。でも序盤からリアタイヤが機能するようになり、ポジションもいくつか上げることができて、8位を獲得できました。全体的にはいい週末でした。ドライではとても力強い走りができました。足の骨折から復帰して2度目のトップ10なので、バレンシアではもっとポイントが獲得できるようにがんばります」

カル・クラッチロー(MotoGP 15位)
カル・クラッチロー「今日は本当にタフな日になりました。雨のレースだったのに15位というのはとても残念ですが、レースのウォームアップのときからリアに問題があったので、いくつか修正を重ねながらマシンに乗っていました。チームとしても、そして僕自身も今回は非常に残念な結果ですが、今シーズン最後のレースとなるバレンシアに向けては、ポジティブなマインドで臨まなくてはいけないと思います。僕たちはこれまでも雨のレースで強かったので、今日の雨ではもっと戦えると思っていました。リアタイヤについてはなにか決定的に悪い点があったと感じています。振動も多く、レース中ずっとサバイバルモードでした。マシンに乗っているのがやっとで、ようやく正しいやり方でスロットルを開けることができるようになったのは、唯一、レース終盤になって路面が乾きだしてからでした。とにかく、バレンシアの最終戦は楽しみにしています」

ティト・ラバト(MotoGP 18位)
「午前中は日が照っていたのに、僕たちのレースの時間になってから望んでいなかった雨が降り出しました。リアタイヤに少し問題があって、スロットルをあまり開けていないのにもかかわらずグリップを全く得られず、ヒザが何度も路面と接触しました。感覚がおかしかったので、一度はリタイアも考えたのですが、最後までプッシュしました。あまりにもトップとのタイム差がついてしまったので、がっかりしています」

MotoGP リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
14A.ドヴィツィオーゾドゥカティ44'51.497
299J.ロレンソドゥカティ+0.743
35J.ザルコヤマハ+9.738
493マルク・マルケスHonda+17.763
526ダニ・ペドロサHonda+29.144
69D.ペトルッチドゥカティ+30.380
746V.ロッシヤマハ+30.769
843ジャック・ミラーHonda+35.238
925M.ビニャーレスヤマハ+38.053
1044P.エスパルガロKTM+39.847
1119A.バウティスタドゥカティ+42.559
1238B.スミスKTM+44.602
1345S.レディングドゥカティ+48.696
148H.バルベラドゥカティ+50.058
1535カル・クラッチローHonda+50.705
1660M.ファン・デル・マークヤマハ+56.397
1729A.イアンノーネスズキ+58.391
1853ティト・ラバトHonda+1'25.571
RT22S.ロースアプリリア+11Laps
RT17K.アブラハムドゥカティ+12Laps
RT76L.バズドゥカティ+15Laps
RT42A.リンススズキ-

MotoGP ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
193マルク・マルケスHonda282
24A.ドヴィツィオーゾドゥカティ261
325M.ビニャーレスヤマハ226
446V.ロッシヤマハ197
526ダニ・ペドロサHonda185
65J.ザルコヤマハ154
799J.ロレンソドゥカティ137
89D.ペトルッチドゥカティ121
935カル・クラッチローHonda104
1094J.フォルガーヤマハ84
1119A.バウティスタドゥカティ75
1243ジャック・ミラーHonda73
1345S.レディングドゥカティ64
1441A.エスパルガロアプリリア62
1529A.イアンノーネスズキ60
1644P.エスパルガロKTM55
1742A.リンススズキ46
1876L.バズドゥカティ45
1917K.アブラハムドゥカティ30
2053ティト・ラバトHonda29
218H.バルベラドゥカティ27
2238B.スミスKTM24
2351M.ピロドゥカティ18
2436M.カリオKTM11
2522S.ロースアプリリア5
2621中須賀克行ヤマハ4
2750S.ギュントーリスズキ1
2860M.ファン・デル・マークヤマハ 0
2912津田拓也スズキ0
307青山博一Honda0
3123B.パークスヤマハ0

ランキング詳細


コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
1Honda332
2ドゥカティ303
3ヤマハ301
4スズキ87
5アプリリア64
6KTM64

ランキング詳細


チーム

順位 チーム 総合ポイント
1Repsol Honda Team467
2Movistar Yamaha MotoGP423
3Ducati Team398
4Monster Yamaha Tech 3238
5OCTO Pramac Racing185
6Team SUZUKI ECSTAR107
7Pull&Bear Aspar Team105
8LCR Honda104
9Estrella Galicia 0,0 Marc VDS102
10Red Bull KTM Factory Racing79
11Reale Avintia Racing72
12Aprilia Racing Team Gresini67

ランキング詳細

フォトギャラリー

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ジャック・ミラー

カル・クラッチロー

カル・クラッチロー

Repsol Honda Team

Repsol Honda Team

Repsol Honda Team

Repsol Honda Team

Repsol Honda Team

Repsol Honda Team

ニュース