MENU
HONDA
検索

ROUND 07

カタルニアカタルニアGP カタルニア・サーキット 2017.06.10(土)・予選

第7戦 カタルニアGP

マルティンがポールポジションを獲得。カネットが2番手、鈴木が9番手

2017年6月10日(土)・予選  天候:晴れ  気温:30℃
コースコンディション:ドライ

Moto3クラスは、総合7位でホームグランプリに闘志を燃やすホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Racing Moto3)が、4戦連続今季5度目のPPを獲得しました。フリー走行では、セットアップに集中して4番手でしたが、予選では地元ファンの前で100%の走りを披露。2番手に0.627秒の大差をつける快走を披露して、大きな拍手が送られました。今季のマルティンは、開幕から3戦連続で表彰台に立ちましたが、第4戦以降は、予選では圧倒的なスピードをみせるも決勝では苦戦が続いています。今大会は今季4度目の表彰台と念願の初優勝に挑みます。

2番手には、同じくホームグランプリに気合を入れているアーロン・カネット(Estrella Galicia 0,0)。総合2位につけるカネットは、第4戦スペインGPで念願の初優勝を達成。今季2度目のホームグランプリで今季2勝目達成に挑みます。

4番手にはロマーノ・フェナティ(Marinelli Rivacold Snipers)、5番手には総合首位でホームグランプリに気合満点のホアン・ミル(Leopard Racing)が、今季4勝目に挑みます。7番手には、ここ数戦で調子を上げているエネア・バスティアニーニ(Estrella Galicia 0,0)、8番手には転倒を喫するもなんとか8番手まで浮上したファビオ・ディ・ジャンアントニオ(Del Conca Gresini Racing Moto3)、9番手に鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)と続き、トップ10にHonda勢7人が名前を連ねました。

鳥羽海渡(Honda Team Asia)が、今季ベストの16番手。前戦イタリアGPでベストリザルトの8位を獲得した佐々木歩夢(SIC Racing Team)は、セッション終盤までトップ10につけていましたが、最後のアタックで20番手までポジションを落としました。しかし、鳥羽、佐々木歩夢のルーキー2人の調子はよく、追い上げのレースが期待されます。

※ レポートは暫定結果に基づく

コメント

ホルヘ・マルティン(Moto3 ポールポジション) 「今日の朝からとてもフィーリングがよく、とてもハッピーです。自分のタイムはトップ争いに加われると思います。これで今シーズン5度目のポールポジション獲得となりました。予選のリザルトには満足していますが、決勝ではレースペースを考えなくてはいけません。目標は優勝です。今回はペースもいいし、なによりも楽しんで走ることができました。これは決勝レースに向けてとても大事なことだし、明日は全力を尽くします」

アーロン・カネット(Moto3 2番手) 「予選2番手というのはとてもポジティブです。第4戦スペインGPで優勝したときも2番グリッドだったので、今大会も十分にチャンスはあると思います。ペースはとてもいいです。昨日のフリー走行はトップタイムでした。今日はコースが変更になりましたが、かなり順調にセッションをこなすことができました。中古タイヤのペースはとてもよかったし、明日はトップグループで戦うことができます」

ロマーノ・フェナティ(Moto3 4番手) 「最後のアタックは、1コーナーで少しはらんでしまいましたが、それからはいいリズムで走ることができました。最終的に4番グリッドですが、とてもうれしいです。スリップストリームを使ってタイムをマークし喜んでいるライダーが理解できません。自分は昔ながらのスタイルでタイムを出しているし、レースに向けて準備ができています」

鈴木竜生(Moto3 9番手) 「セッション真ん中である程度タイムを出し、最後に余裕をもってアタックしたいと思っていました。今日は、その通りの走りができました。最後のアタックは、ストレートでスリップを使えず、思ったようにはタイムを更新できませんでしたが、その分、インフィールドでリカバリーできる走りができたのでうれしいです。トップグループで戦える状態だと思います。イタリアと同じように大集団になると思うし、前回の経験を活かし、頭を使って最後まで走りきりたいです。最近は安定してシングルグリッドを獲得できるようになったし、自分としては一歩前進できたかなと思います。目標はトップ5。チャンスがあれば表彰台も狙いたいです」

鳥羽海渡(Moto3 16番手) 「序盤はタイムが出ませんでしたが、中盤にタイムアップを果たしました。そして、ラスト一周は、ミスもあったけれど、まずまずのアタックができたと思います。結果は、それほど喜べませんが、今年のベストグリッド。前の方からスタートできるのでうれしいです。 明日は大きなグループになると思います。スリップをうまく使えば一気にポジションも上げられるので、冷静に戦いたいです」

佐々木歩夢(Moto3 20番手) 「今日はセッティングがよく、最初は5番手くらいにいました。しかし、最後のアタックは、いいグループを見つけられず、自分自身の走りも攻めきれませんでした。コースに出て行くタイミングも悪かったと思います。しかし、今大会もブレーキングはよく、いいレースができると思います。今大会の目標の一つだった、グリッドをよくするという目標は果たせませんでしたが、決勝ではいいスタートを切ってトップグループについていきたいです」

※コメントは暫定結果に基づく

Moto3 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
188ホルヘ・マルティンHonda1'53.368
244アーロン・カネットHonda+0.627
358J.ゲバラKTM+0.659
45ロマーノ・フェナティHonda+0.663
536ホアン・ミルHonda+0.668
642M.ラミレスKTM+0.758
733エネア・バスティアニーニHonda+0.783
821ファビオ・ディ・ジャンアントニオHonda+0.833
924鈴木竜生Honda+0.948
1023N.アントネッリKTM+0.963
1119G.ロドリゴKTM+1.011
1248L.ダラ・ポルタマヒンドラ+1.027
1314トニ・アルボリーノHonda+1.053
148N.ブレガKTM+1.068
1564B.ベンドスナイダーKTM+1.106
1627鳥羽海渡Honda+1.167
1765P.エッテルKTM+1.221
1816A.ミニョKTM+1.458
1917ジョン・マクフィーHonda+1.508
2071佐々木歩夢Honda+1.531
2195ジュール・ダニーロHonda+1.549
2240D.ビンダーKTM+1.650
2311リビオ・ロイHonda+1.773
2441ナカリン・アティラプワパHonda+1.781
2512M.ベッツェッカマヒンドラ+1.790
2696M.パリャーニマヒンドラ+1.829
2763V.ペレスKTM+1.850
286M.エレーラKTM+2.193
2984J.コーンフェールプジョー+2.243
307アダム・ノロディンHonda+2.257
3181A.ヴィウKTM+3.122
324P.プルキネンプジョー+3.304

フォトギャラリー

ホルヘ・マルティン

ホルヘ・マルティン

ホルヘ・マルティン

ホルヘ・マルティン

ホルヘ・マルティン

アーロン・カネット

アーロン・カネット

アーロン・カネット

アーロン・カネット

アーロン・カネット

アーロン・カネット

ロマーノ・フェナティ

ロマーノ・フェナティ

ロマーノ・フェナティ

ロマーノ・フェナティ

ロマーノ・フェナティ

ホアン・ミル

エネア・バスティアニーニ

ファビオ・ディ・ジャンアントニオ

鈴木竜生

トニ・アルボリーノ

鳥羽海渡

ジョン・マクフィー

佐々木歩夢

ジュール・ダニーロ

リビオ・ロイ

ナカリン・アティラプワパ

アダム・ノロディン

ニュース