MENU

HONDA

検索

ROUND 02

アルゼンチンアルゼンチンGP アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド 2017.04.08(土)・予選

オリベイラがトップ、モルビデリが2番手、マルケスが3番手からスタート

天候:雨のち曇り  気温:17℃  コースコンディション:ウエットのちドライ

Moto2クラスは、フリー走行、予選ともに難しいコンディションとなりました。両セッションともに、ウエットコンディションで始まり、セッション終盤にライン上が乾くという微妙なコンディションで、ライダーにとっては、集中力を要求される一日となりました。その難しいコンディションを制したのは、ミゲル・オリベイラ(KTM)でMoto2クラスでは初のポールポジション獲得となりました。

初日はトップから1秒差に23台という大接戦でしたが、難しいコンディションとなった予選は、トップから1秒差に11台という結果になりました。

2番手のフランコ・モルビデリ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、路面の変化に合わせて確実にタイムを上げ、開幕2連勝に向けて大きく前進しました。3番手はチームメートのアレックス・マルケスで、ともに2戦連続のフロントロー獲得となりました。4番手にはトーマス・ルティ(CarXpert Interwetten)。5番手のイェスコ・ラフィン(Garage Plus Interwetten)はベストグリッドを獲得、6番手にマティア・パシーニ(Italtrans Racing Team)と続きました。

初日3番手につけた中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)は、中途半端な路面コンディションにセッティングが合わせられず22番手と大きく後退。リアタイヤのグリップ不足に苦しむ長島哲太(Teluru SAG Team)もマシンの状態が改善せず27番手。両選手ともに後方からの追い上げに挑みます。

コメント

ミゲル・オリベイラ(Moto2 ポールポジション) 「難しいコンディションの予選となりました。セッション前半は、ウエットタイヤを2セット使い、今日のようなコンディションでのタイヤライフを確認しました。終盤はスリックタイヤにチェンジして走りました。最初は思うようにペースを上げることができませんでしたが、最終的にポールポジション(PP)を獲得することができました。チームに感謝したいです。Moto2では初めてのPP獲得となり、とてもうれしいです。しかし、重要なのは決勝レース。気持ちを引きしめて本番に挑みます」

フランコ・モルビデリ(Moto2 2番手) フランコ・モルビデリ 「セッション序盤はコースが濡れていたので、スリックタイヤで走る勇気はありませんでした。そのため、レインタイヤでスタートして自分のペースを確認しました。次第に、路面コンディションがよくなり、ライン上が乾いてきたので、スリックタイヤにチェンジし、フロントローを獲得することができました。今大会も優勝争いに加われるという自信があるし、こうしてフロントローから決勝に挑めるのはうれしいことです。ドライコンディションだった昨日のペースはとてもよかったし、決勝が楽しみです」

アレックス・マルケス(Moto2 3番手) アレックス・マルケス 「路面コンディションが目まぐるしく変わる難しい予選でしたが、フロントローを獲得できてとてもうれしいです。スリックタイヤで走り出すのはとても勇気のいることでしたが、もし雨が降り続いたらタイムをばん回するチャンスはなくなるので、チャレンジする意味はあると思いました。結局、セッション終盤までスリックで走り続けることができました。フロントローからのスタートは、優勝争い、表彰台争いのチャンスなので全力で挑みます。チームはすばらしいパッケージを用意してくれました。明日は自信を持って決勝に挑みたいです」

中上貴晶(Moto2 22番手) 中上貴晶 「走り出しはレインタイヤでしたが、すぐにスリックにチェンジして走りました。しかし、グリップレベルが低い路面では、ブレーキングでフロントにしっかり加重を掛けられず、それが旋回性に大きく影響して、攻める走りができませんでした。今年のバイクはこうした傾向があったのですが、今日のようなコンディションでは、それが顕著に出ました。決勝も同じようなコンディションになったら厳しいレースになるかも知れません。もし、天候が回復するようなら追い上げのレースに挑みます」

長島哲太(Moto2 27番手) 長島哲太 「昨日と同じでコーナーの立ち上がりでのグリップ不足に苦しみました。今日のような路面コンディションでは、さらにグリップ不足となり難しい走りを強いられました。ウエットコンディションでは、他の選手たちとそれほど差はないしチャンスはあるかも知れませんが、決勝はドライコンディションで走って、次につながるデータを得たいです」

Moto2 リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
144ミゲル・オリベイラKTM1'45.616
221フランコ・モルビデリKALEX+0.099
373アレックス・マルケスKALEX+0.248
412トーマス・ルティKALEX+0.374
52イェスコ・ラフィンKALEX+0.437
654マティア・パシーニKALEX+0.528
711サンドロ・コルテセSUTER+0.529
897チャビ・ビエルゲTECH 3+0.557
919ザビエル・シメオンKALEX+0.581
107ロレンソ・バルダッサーリKALEX+0.804
1110ルカ・マリーニKALEX+0.866
1252ダニー・ケントSUTER+1.103
1342フランセスコ・バグナイアKALEX+1.152
1455ハフィズ・シャーリンKALEX+1.199
1549アクセル・ポンスKALEX+1.216
1623マルセル・シュローターSUTER+1.218
1740ファビオ・クアルタラロKALEX+1.248
1877ドミニク・エガーターSUTER+1.286
1924シモーネ・コルシSPEED UP+1.327
209ホルヘ・ナバロKALEX+1.354
2132アイザック・ビニャーレスKALEX+1.574
2230中上貴晶KALEX+1.727
2357エドガー・ポンスKALEX+2.025
2441ブラッド・ビンダーKTM+2.239
2587レミー・ガードナーTECH 3+2.283
2660フリアン・シモンKALEX+2.296
2745長島哲太KALEX+2.502
2889カイルール・イダム・パウィKALEX+2.557
2947アクセル・バッサーニSPEED UP+2.627
3068ヨニー・ヘルナンデスKALEX+3.397
315アンドレア・ロカテリKALEX+3.562
3262ステファノ・マンシィKALEX+4.407

フォトギャラリー

フランコ・モルビデリ

フランコ・モルビデリ

フランコ・モルビデリ

アレックス・マルケス

アレックス・マルケス

アレックス・マルケス

トーマス・ルティ

イェスコ・ラフィン

イェスコ・ラフィン

ザビエル・シメオン

ロレンソ・バルダッサーリ

ロレンソ・バルダッサーリ

ルカ・マリーニ

中上貴晶

中上貴晶

長島哲太