MENU
HONDA
検索

Round04日本ツインリンクもてぎ

2020年9月13日(日)

栃木県 芳賀郡 茂木町

ツインリンクもてぎ

#17 KEIHIN NSX-GTが今季2勝目、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTが3位に入り、Honda NSX-GTがダブル表彰台

9月12日(土)~13日(日)、ツインリンクもてぎ(栃木県)で2020年度SUPER GTシリーズ第4戦が開催され、GT500クラスに5台の2020年型NSX-GT、GT300クラスに3台のNSX GT3が出走しました。今回も新型コロナウイルス感染拡大対策として無観客開催です。

土曜日のツインリンクもてぎの上空には厚い雲がかかり、雨は時折り細かく降っては止むという状況です。幸いにしてドライコンディションで行われた土曜午前中の公式練習で、NSX-GT勢は好調な走りをみせます。GT500では#64 Modulo NSX-GT(伊沢拓也/大津弘樹)が2番手、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/笹原右京)が3番手、#8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)が4番手と、上位につけるタイムを記録しました。

午後の公式予選Q1セッションは、直前に降った小雨も上がりドライコンディションで始まったものの、ウォームアップが終わる頃にコースの一部で雨が降り始め、難しいコンディションとなりました。各車ドライタイヤのままタイムアタックに入り、快調の#64 Modulo NSX-GT(大津)が2番手、#17 KEIHIN NSX-GT(バゲット)が3番手、#100 RAYBRIG NSX-GT(山本)が4番手、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原)、#8 ARTA NSX-GT(野尻)が7番手。Q2に進出できる上位8台の中にNAX-GTの5台全車が残る結果となりました。

Q2セッションを前に霧雨が再び降り始めてコースコンディションは難しい状態になり、各車レインタイヤに履き替えてタイムアタックを行ないました。その結果、#17 KEIHIN NSX-GT(塚越)が2番手、#8 ARTA NSX-GT(福住)が3番手、#64 Modulo NSX-GT(伊沢)が5番手、#100 RAYBRIG NSX-GT(牧野)が6番手、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤)と続き、NSX-GTは、開幕以降4大会全戦でフロントロウから決勝レースに臨むこととなりました。

日曜日のツインリンクもてぎは曇天ながらドライコンディションとなりましたが、レース終盤になると降雨の可能性もあると予報される中、決勝レースのスタートが切られました。2番手スタートの#17 KEIHIN NSX-GT(バゲット)は、ポールポジションからスタートして先頭を走る38号車の背後につけて攻め続けると、8周目のヘアピン立ち上がりから並びかかり、90度コーナーで先頭に躍り出ました。38号車を挟んで、その後ろには、スタートで3番手に進出した#64 Modulo NSX-GT(伊沢)、#8 ARTA NSX-GT(野尻)、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤)が続きました。

10周目にコース上で発生したアクシデントによりセーフティカーが介入しましたが、レース再開後も#17 KEIHIN NSX-GT(バゲット)は首位を守って2番手の38号車との間隔を開いていき、24周を走ってピットインすると給油、タイヤ交換を行い、レースに復帰しました。一方、3番手につけていた#64 Modulo NSX-GT(伊沢)はペースが上がらず、トラブルを抱えた#8 ARTA NSX-GT(野尻)とともに少しずつ後退、代わって#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤)が順位を上げて3番手に進出しました。

GT500全車がドライバー交代を終えた段階で#17 KEIHIN NSX-GT(塚越)は2番手の38号車に対し約4.5秒以上の差をつけて首位を守り、また少しずつ38号車を引き離し始めました。ドライバー交代を終えた#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原)は38号車の後方で3番手を守り、ハンデが重い#100 RAYBRIG NSX-GT(山本)はいったん9番手にまで順位を落としたものの、バックマーカーを巧みに利用しながらじりじりと追い上げを始めました。

45周終了時点で再びセーフティカーが介入、レースは振り出しに戻ったものの、再スタート後も#17 KEIHIN NSX-GT(塚越)のペースは衰えず、38号車との間隔を再び広げ始めました。結局#17 KEIHIN NSX-GT(塚越)はそのままだれにも脅かされることなく63周のレースを首位のまま走りきって今シーズン2勝目を記録し、2点差でシリーズポイントランキング首位に立ちました。

3位のチェッカーフラッグは、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT(笹原)が受け、NSX-GTが2台、表彰台に上がる結果となりました。5位には重いハンディを背負いながら着実に追い上げた#100 RAYBRIG NSX-GT(山本)が続き、#64 Modulo NSX-GT(大津)は10位でレースを完走しましたが、#8 ARTA NSX-GT(福住)はアクシデントによりリタイアを喫しました。次戦シリーズ第5戦は10月3日から4日、富士スピードウェイで5000名限定ながら一般観客を迎えて開催されます。

 

コメント

株式会社本田技術研究所 Honda GT プロジェクトリーダー 佐伯昌浩
「今年1基目のエンジンはドライバビリティー向上に力を入れて用意したので、パーシャルを多用するこのコースでいい成果が得られたのだと思います。予選での一発ばかりではなく、レースでも粘り強く戦って、17号車が2勝目を挙げたばかりではなく、ほかのマシンも選手権ポイントを稼ぐことによって、ライバルに行くポイントをこちらへ持ってくることができ、17号車がランキングトップになれました。我々にとってはいいレースになりました。でも、これで我々もウエイトハンディが増していきますので、ここから先の戦いはより厳しいものになると考えています。富士スピードウェイに戻って開催される次戦には、気を引き締め直して臨みます」

塚越広大(優勝)
「予選でバゲットとお互いいい仕事をした結果、レースは2番手からスタートできました。前半バゲットがすごくいい走りをしてくれました。マシンを引き継いでからも調子がよかったので自信を持って走れました。第2戦の富士で勝ったときは『あ、勝っちゃった』というような気分だったのですが、今回は自分たちの力で勝ち取ったという手応えがあります。バゲットともチャンピオンを獲ろうね、と言い合っていて、今回はその通過点だと思っています。第5戦はウエイトが増えて楽ではないでしょうが、全力でがんばります。今年は2回も勝ったのにファンの皆さんがいらっしゃらなくて寂しい思いをしました。(入場者数が限られているとはいえ、次戦から)ファンの前でレースできるのが楽しみです」

ベルトラン・バゲット(優勝)
「46kgのハンディを背負っていたので、第2戦で勝ったときよりうれしいです。マシンの調子がよく、序盤のうちに前を行く38号車を抜いてしまいたかったのですが無理はできず、相手にプレッシャーを与えている間に少しフロントタイヤを使いすぎてしまいました。チャンスを見つけて前に出られてよかったです。ポイントリーダーにはなりましたが、今後のレースはタフになるでしょう。苦しい中でもポイントを確実に取るのが大事だと思っています。次回は、5000人限定とはいえ、ファンの皆さんの前でレースができるというのでスーパーハッピーです。これが、コロナ禍を克服するための第一歩だと思います。皆さんの前でベストを尽くしたいと思います」

決勝リザルト

GT500

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
1 17 KEIHIN NSX-GT 塚越広大/ベルトラン・バゲット 63 2:03'20.756
2 38 ZENT GR Supra 立川祐路/石浦宏明 63 +7.796
3 16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 武藤英紀/笹原右京 63 +11.160
4 14 WAKO'S 4CR GR Supra 大嶋和也/坪井翔 63 +12.501
5 100 RAYBRIG NSX-GT 山本尚貴/牧野任祐 63 +12.927
6 37 KeePer TOM'S GR Supra 平川亮/N.キャシディ 63 +15.220
           
10 64 Modulo NSX-GT 伊沢拓也/大津弘樹 63 +24.502
  8 ARTA NSX-GT 野尻智紀/福住仁嶺 26 +37Laps

GT300

順位 No. マシン ドライバー 周回数 タイム/差
1 65 LEON PYRAMID AMG 蒲生尚弥/菅波冬悟 59 2:03'26.633
2 88 JLOC ランボルギーニ GT3 小暮卓史/元嶋佑弥 59 +2.272
3 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口卓人/山内英輝 59 +5.633
4 96 K-tunes RC F GT3 新田守男/阪口晴南 59 +8.957
5 21 Hitotsuyama Audi R8 LMS 川端伸太朗/近藤翼 59 +9.678
6 11 GAINER TANAX GT-R 平中克幸/安田裕信 59 +17.310
           
7 55 ARTA NSX GT3 高木真一/大湯都史樹 59 +17.449
10 34 Modulo KENWOOD NSX GT3 道上龍/ジェイク・パーソンズ 59 +23.597
14 18 UPGARAGE NSX GT3 小林崇志/松浦孝亮 59 +32.153

ポイントランキング

GT500 ドライバー

順位 No. ドライバー マシン 総合ポイント
1 17 塚越広大/ベルトラン・バゲット KEIHIN NSX-GT 43
2 17 関口雄飛/S.フェネストラズ au TOM'S GR Supra
41
3 37 平川亮/N.キャシディ KeePer TOM'S GR Supra
38
4 100 山本尚貴/牧野任祐 RAYBRIG NSX-GT 32
5 14 大嶋和也/坪井翔 WAKO'S 4CR GR Supra
32
6 38 立川祐路/石浦宏明
ZENT GR Supra
28
         
10 16 武藤英紀/笹原右京 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 12
11 64 伊沢拓也/大津弘樹 Modulo NSX-GT 10
15 8 野尻智紀/福住仁嶺 ARTA NSX-GT 4

GT500 チーム

順位 No. チーム 総合ポイント
1 36 TGR TEAM au TOM's 53
2 17 KEIHIN REAL RACING 52
3 37 TGR TEAM KeePer TOM's 49
4 100 TEAM KUNIMITSU
44
5 14 TGR TEAM WAKO'S ROOKIE 44
6 23 NISMO 36
       
10 16 TEAM Red Bull MUGEN 19
11 64 Modulo Nakajima Racing 18
14 8 ARTA 8

GT300 ドライバー

順位 No. ドライバー マシン 総合ポイント
1 11 平中克幸/安田裕信 GAINER TANAX GT-R 40
2 65 蒲生尚弥/菅波冬悟 LEON PYRAMID AMG 39
3 61 井口卓人/山内英輝 SUBARU BRZ R&D SPORT 34
4 2 加藤寛規/柳田真孝 シンティアム・アップル・ロータス 31
5 52 吉田広樹/川合孝汰 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 25
6 55 高木真一/大湯都史樹 ARTA NSX GT3 19
         
8 18 小林崇志/松浦孝亮 UPGARAGE NSX GT3 15
14 34 道上龍/ジェイク・パーソンズ Modulo KENWOOD NSX GT3 8

GT300 チーム

順位 No. チーム 総合ポイント
1 11 GAINER 51
2 65 K2 R&D LEON RACING 50
3 2 Cars Tokai Dream28 43
4 61 R&D SPORT 43
5 52 埼玉トヨペット Green Brave 37
6 55 ARTA 29
       
8 18 TEAM UPGARAGE 26
13 34 Modulo Drago CORSE 20

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  SUPER GT >  2020 第4戦 ツインリンクもてぎ 決勝

ニュース