MENU

HONDA

検索

モータースポーツ  > 1.5チャレンジカップ FIT1.5チャレンジカップ  > 第1回 リーズナブルだけど本格派!レーシングフィットのすべて

1.5チャレンジカップ FIT1.5チャレンジカップ

リーズナブルだけど本格派!レーシングフィットのすべて鈴鹿サーキットでいよいよ始まったFIT1.5チャレンジカップ。歴代FIT1.5L車をベースにN1規定に準じたレーシングカーで争われるワンメイクレース。リーズナブルだけど本格的なレーシングカーによるレースの開幕だ。
FIT 1.5チャレンジカップ 本格的コンパクトレーシングカーの世界へようこそ

5月11日、鈴鹿サーキット東コースで『FIT1.5チャレンジカップ』が開幕した。鈴鹿では初のフィットレース。ツインリンクもてぎを中心に今年からスポーツランドSUGOでも開催されている『1.5チャレンジカップ』と異なるのはホンダ・フィットのワンメイクレースだということ。車両規定はどちらもN1規定をベースとしたサーキット専用車両で争われ、これが大きな魅力となっている。 なぜ魅力なのか? たとえばナンバー付き車両と異なり、サーキット専用車両は最低地上高の自由度が高く、サスペンションのセッティングも細かく行なうことができる。また、Sタイヤを使用するため、絶対的な旋回速度が高い。

マシン作りにおいてもJAF規格の本格的ロールケージでボディ剛性が高められ、さらに規則上はボディ補強も可能。シビックレースなどで培ったガレージ独自のノウハウで性能を引き上げることもできる。つまりドライバーにとってもガレージにとってもサーキット専用車は「やりがい」があるクルマなのだ。

『FIT1.5チャレンジカップ』の最大の魅力は排気量1.5Lコンパクトカーゆえのランニングコストの安さにある。タイヤは185〜195サイズの15インチなのでローコスト。また「タイヤだけでなくブレーキパッドのような消耗品の負担も少ないため、比較的安価に済むのがうれしい」というエントラントの声も聞くことができた。なお『FIT1.5チャレンジカップ』には初代フィットの1.5Lモデル(GD3)と、二代目フィットRS(GE8)、そして現行フィットRS(GK5)の3タイプすべてが参戦可能。3車の性能を調整するため、レース用装備品をすべて着用したドライバーを含めた最低重量に差をつけ、GK5が1010s、GE8は990s、GD3は910sとしたほか、GK5は貸与される指定ECUしか使えない。さらに、GK5は排気系統も指定部品に制限され、ヘッドガスケットの変更も許されない。これによって最新のGK5を選んでも、ベース車の購入費が安く済むGD3やGE8を選んでもイコールコンディションを保って、レースを楽しめるように配慮されている。

なお、GK5のポテンシャルは侮れない。開幕戦の予選タイム1分1〜2秒台は、EK9/EG6シビックの59〜1分2秒台と比べても遜色はなかった。しかも、フィットは納車されてからレースまでの時間がなかったため、レース用パーツの組みつけなど最低限のマシン作りをして開幕戦に臨んだガレージがほとんど。そのようなコンディションにも関わらず、シビックに肉薄するパフォーマンスを発揮したこともあり、ドライバーもレーシングガレージも「充分シビックに代わる存在になる」「面白いカテゴリーになりそう」とフィットへの期待感を高めている。レースを追うごとに熟成を重ねパフォーマンスが上がっていくことは間違いないだろう。

今年は全5戦が開催される『FIT1.5チャレンジカップ』は、レース未経験だからといって参戦を臆する必要のないカテゴリーでもある。気になる人は次戦以降、実際に自分の目でこのレース見て、参加者にパドックで直接話しを聞いてみるのもいいかもしれない。



参戦車両は歴代フィットGD3、GE8、GK5からチョイスできる。各車両の性能差は最低重量などで調整。その車高を見れば、ナンバー付きではなくサーキット専用車であることが分かる。

助手席やセンターコンソールなど、レースに必要のないものは取り外されている室内。張り巡らされたロールケージのほか消火器、キルスイッチが目を引く。

スプリングはテイン製とスイフト製が双璧状態。ブレーキパッドは制動屋製とエンドレス製の比率が高かった。ダンパーに関してはテイン製が多く、なかにはワンオフ品を装着したチームもいたが、現状はまだ手探り状態のようだ。

タイヤメーカーはブリヂストン、ヨコハマ、ハンコックと分かれた。タイヤサイズは最大幅195、15インチ内と規定されているので前195、後185を装着。予選上位のタイヤを見るとハンコック勢では前ソフト、後ミディアム、ヨコハマ勢では前ミディアム、後ミディアムハードをチョイスしていた。

1.5チャレンジカップ 第1戦/第2戦

今季からスポーツランドSUGOでも開催
垣間見えた「3代目フィット」の戦闘力

今年の1.5チャレンジは、もてぎだけでなくSUGOでの1戦も加え、全6戦で争われることとなった。その第1戦はミニJoy耐として120分耐久で争われ、12台が参加。優勝を飾ったのは、ピストン西沢/高橋滋組のGULF J-WAVE FIT EDで、中盤から総合でもトップに立ち、ラスト5周でその座を明け渡すもクラスでは圧勝となった。注目すべきは、デビュー戦の3代目フィットが早くも3位入賞を果たしたこと。ひとみエンタープライゼス製作のWINIX★FIT3は、市販パーツを取りつけただけの完成間もない状態でありながら、トップ以外の2代目フィットとまったく遜色のない速さを見せていた。第2戦はSUGOでの90分耐久で、GULF J-WAVE FITEDが2連勝。そしてWINIX★FIT3はひとつ順位を上げて2位でゴールし、より高い可能性をアピールしていた。



1.5チャレンジカップ第1戦 ツインリンクもてぎフルコース

●3月16日 ●120分耐久 ●1周4.801km トップ車両周回数=48Laps
●出走台数:12台 ●天候:晴れ ●路面:ドライ

順位 No. ドライバー チーム タイプ 周回数 タイム/差
1
813
ピストン西沢/高橋滋 GULF J-WAVE FIT ED
GE8
48
2:01'57.738
2
32
金子陽一/富澤勝 オートショップSTA.FIT
GE8
48
+1'25.457
3
77
田口幸宏/佐野哲夫 WINIX★FIT3
GK5
48
+1'34.439
4
7
海老澤紳一/小幡弘 ヴァーサスwm・FUCHS・FIT
GE8
48
+2'08.338
5
48
村上隆弘/水越真一 DIJONエンドレスGE8
GE8
48
+2'14.670
6
26
咲川めり/大澤学 エンドレスアドバン日光ヴィッツ
NCP91
47
+1Lap

1.5チャレンジカップ第2戦 スポーツランドSUGO

●4月27日 ●90分耐久 ●1周3.704km トップ車両周回数=50Laps
●出走台数:12台 ●天候:晴れ ●路面:ドライ

順位 No. ドライバー チーム タイプ 周回数 タイム/差
1
813
ピストン西沢/高橋滋 GULF J-WAVE FIT ED
GE8
50
1:31'00.093
2
77
人見俊一/佐野哲夫/森下直也 WINIX★FIT3
GK5
50
+43.486
3
48
村上隆弘/井上恵一 /YASU DIJONエンドレスGE8
GE8
50
+1'00.744
4
32
金子陽一 オートショップSTA.FIT
GE8
50
+1'01.624
5
23
福田秀明/中島保典 福田ソーラーS PMFKヴィッツ
NCP91
50
+1'28.057
6
62
松本和之/塩谷烈州 SUNOCOwmG/無限FIT
GE8
50
+1'39.809
FIT 1.5チャレンジカップ 第1戦

いよいよ鈴鹿で開幕したフィットワンメイクレース
記念すべき開幕戦を制したのは桂田

東コースを使用した開幕戦。予選ではポールポジションを獲得した窪田俊浩のHondaCars東京都☆PVR☆GK5から、7番手の見並秀文BRIDE・ADVAN・FITまでコンマ8秒以内にひしめく接戦となった。

決勝レースでは予選2番手の芝谷純三K-one-SPM-WM-YH大川が飛び出してホールショット。窪田と共に3番手以降を引き離したが、2台ともスタートの違反行為でドライブスルーペナルティを受け、8周目で最後尾に脱落。これによって桂田敏希KビーストLubtech SSR EDがトップに浮上。「ミスのないように自分のスタイルを守った」走りで開幕戦の勝者となった。2位には好スタートを切った見並が杉田渓のセナルトK&G レイズ制動屋FIT3とのポジション争いを制して入賞。ベテランの貫禄を見せつけた。



FIT1.5チャレンジカップ第1戦 鈴鹿サーキット東コース

●5月11日 ●17周スプリント ●1周2.243km トップ車両周回数=17Laps
●出走台数:10台 ●天候:晴れ ●路面:ドライ

順位 No. ドライバー チーム タイプ 周回数 タイム/差
1
18
桂田敏希 KビーストLubtech SSR ED
GK5
17 17'49"665
2
25
見並秀文 BRIDE・ADVAN・FIT
GK5
17 +1.005
3
9
杉田渓 セナルトK&Gレイズ制動屋FIT3
GK5
17 +1.532
4
7
白戸次郎 モレキュール ディクセルFIT
GK5
17 +1.816
5
77
中村拓矢 ルーフBS制動屋セナルトFIT
GK5
17 +2.204
6
22
寺西玲央 INOKI M2 BS FIT
GK5
17 +2.551
indexへ戻る