MENU
HONDA
検索
 
Suzuka 8hours
モータースポーツ > 鈴鹿8耐 > 鈴鹿8耐 スペシャルステージ
レース
鈴鹿サーキット 決勝 7月31日
鈴鹿サーキット
スペシャル・ステージ 決勝レポート フォトギャラリー  
リザルトへ
鈴鹿8時間
拡大する
FIM2005 世界耐久選手権シリーズ 第3戦
“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース3日目
CBR1000RRを駆る「F.C.C.TSR ZIP-FM Racing Team」伊藤真一が3年連続ポールポジション獲得
宇川 徹・清成龍一組が2番手、山口辰也・徳留和樹組が3番手などHonda勢は上位から決勝レースへ
7月30日(土)・スペシャルステージ
サーキット:鈴鹿サーキット 天候:晴れ 気温:30.9℃

 7月31日(日)に決勝レースが行われるFIM2005世界耐久選手権シリーズ第3戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース(以下鈴鹿8耐)が、7月28日(木)に三重県にある鈴鹿サーキットで開幕し、30日(土)に前日の計時予選上位20チーム(Honda勢12チーム)による最終予選(スペシャルステージ)が行われた。

鈴鹿8時間
拡大する
鈴鹿8時間
拡大する

 鈴鹿8耐で9連覇を目指すHonda陣営では、Honda CBR1000RRを駆る「F.C.C.TSR ZIP-FM Racing Team」の伊藤真一選手(宮城県38歳)が2分8秒071を記録し、鈴鹿8耐で3年連続となるポールポジションを獲得。Honda CBR1000RRWを駆るワークスチーム「セブンスター ホンダ 7」の宇川 徹選手(千葉県32歳)が2分8秒565で2番手を獲得。計時予選トップの「仮面ライダー響鬼 Honda RT」の徳留和樹選手(熊本県23歳)が2分8秒628を記録して3番手とHonda勢が上位を独占。また「F.C.C.TSR DyDo MIU Racing」の出口修選手(愛知県31歳)が6番手、「セブンスター ホンダ 11」の藤原克昭選手(山口県30歳)が8番手、「ウイダーホンダ学園DDBOYS」の森脇尚護選手(三重県22歳)が9番手を獲得するなど、Honda勢が上位から明日の決勝レースに臨む。

 鈴鹿8耐の決勝レースは31日(日)の11時30分にルマン式スタートでスタートする。

鈴鹿8時間
拡大する
鈴鹿8時間
拡大する
コメント

#778 伊藤真一選手(F.C.C.TSR ZIP-FM Racing Team)
「昨日の予選で徳留選手が2分8秒2まで出していて、今日宇川選手が8秒5を出していたので、やはり8秒0ぐらいを狙っていかないと駄目だと思っていました。予選用タイヤのグリップが良かったので上手くいきました。明日に関しては準備万端ですが、決勝は何があるか判らないので力を合わせて頑張ります」

#778 辻村 猛選手(F.C.C.TSR ZIP-FM Racing Team)
「自己ベストのタイムが出せてよかったと思います。伊藤さんに任せていた部分があったので、安心してみていました。誰かが7秒台を出していたら、伊藤さんもそれ以上出していてくれたと思います。明日は、僕が伊藤さんに心配かけずに走って、マシンやチームにトラブルがなければ早く帰ってこれると思います」

#7 宇川 徹選手(セブンスター ホンダ 7)
「9秒台前半を狙っていましたが、8秒台が出ました。8耐は何があるかわからないので、今日の結果に一喜一憂せずに、明日はリスクを冒さないで、着実に走ります。トップチームの力も拮抗しているので、去年より厳しいレースになると思います。ただ僕はいつも勝ちにいっていますよ。レースは勝つものですから」

#7 清成龍一選手(セブンスター ホンダ 7)
「宇川さんが良いタイムを出したので、それを超えるタイムを出そうと頑張りましたが、緊張してタイムが伸びませんでした。明日のスタートも緊張しそうですが、きっちりと自分の走りをして、宇川さんにマシンを渡します。長距離を走行するのは得意なので明日は期待してください」

#4 徳留和樹選手(仮面ライダー響鬼 Honda RT)
「今日は7秒を狙っていたんですが、ちょっと力が入りすぎました。S字を走っている時に、体が硬かったので、これは昨日よりも遅いなと感じていました。でもあきらめないように走ったんですが、体が硬かったので上手く走れませんでした。もっとリラックスできればよかった。明日の決勝では、安定したタイムで走って、周回遅れの処理を確実にこなして、辰也さんにマシンを渡せれば良いと思います」

#4 山口辰也選手(仮面ライダー響鬼 Honda RT)
「テストのときよりも、ちょっとマシンの状態が良くて、自己ベストも出せたし、和樹が良いタイムを出してくれたので満足です。マシンもJSBの中では上位のレベルに仕上がっていると思います。明日の決勝では、多分、僕がスタートを担当すると思うんですが、離されないように走っていれば、後は和樹が頑張ってくれると思います。頑張るしかないですよね」

#11 藤原克昭選手(セブンスター ホンダ 11)
「負傷から復帰して以来、9秒台を出すのを目標としてきて、今日は自己ベストが出たので良かったです。明日のレースは転倒しないことを心がけて、着実に1回ずつ走行をこなしていきます。スタートライダーはクリスですが、彼はスーパーバイク世界選手権のトップライダーですから心配していません」

#11 クリス・バーミューレン選手(セブンスター ホンダ 11)
「タイムを9秒台に入れたかったけど、10秒594は自己ベストなので、とても良いタイムだった。明日は僕がスタートをつとめる。ルマン式スタートは1回だけ練習した。明日の朝はダッシュの練習をやるよ。このレースはコンスタントに走るのが大事だと思う。初めての耐久レースが楽しみだ」

ページの先頭へ
スペシャル・ステージリザルト
順位 No. チーム/ライダー マシン タイム
1 778 F.C.C. TSR ZIP-FM Racing Team
辻村猛/伊藤真一
Honda 2:08.071
2 7 セブンスター ホンダ7
清成龍一/宇川徹
Honda 2:08.565
3 4 仮面ライダー響鬼Honda RT
山口辰也/徳留和樹
Honda 2:08.628
4 12 ヨシムラスズキJOMO with SIRXON
渡辺篤/加賀山就臣
スズキ 2:08.657
5 21 YSP&PRESTOレーシング
中冨伸一/吉川和多留
ヤマハ 2:09.033
6 55 F.C.C.TSR DyDo MIU Racing
出口修/手島雄介
Honda 2:09.336
7 2 CASTROL-the0123-SUZUKI Team
北川圭一/バンサン・フィリップ
スズキ 2:09.616
8 11 セブンスター ホンダ 11
クリス・バーミューレン/藤原克昭
Honda 2:09.744
9 044 ウイダーホンダ学園DDBOYS
浜口俊之/森脇尚護
Honda 2:10.068
10 19 モリワキMOTULタイガーレーシング
松戸直樹/レオン・キャミア
Honda 2:10.139
11 74 ホンダドリーム チーム桜井ホンダ 74
岡田忠之/亀谷長純
Honda 2:10.140
12 73 オートレースTEAM HARC-PRO.
青木治親/安田毅史
Honda 2:11.002
13 33 Moto Map SUPPLY
今野由寛/寺本幸司
スズキ 2:11.719
14 39 Team 茶LENGER
藤原儀彦/大崎誠之
ヤマハ 2:11.941
15 71 ホンダドリーム チーム桜井ホンダ 71
生見友希雄/鎌田学
Honda 2:12.159
16 81 レ-シングチーム ハニービー
野田弘樹/山本琢磨
Honda 2:12.174
17 26 RS-ITOH&KAZE
東村伊佐三/小室旭
カワサキ 2:12.561
18 53 ITO RACING-GMD SUZUKA
八木孝弘/奥野正雄
ヤマハ 2:12.953
19 5 TRICK★STAR&B-LINE
鶴田竜二/長谷川克憲
カワサキ 2:13.075
20 40 ホンダ浜松エスカルゴ&CBR
名倉嘉一/野寄真二
Honda 2:13.782
※太字はベストタイムを記録したライダー
ページの先頭へ