MENU

HONDA

検索

モータースポーツ > Honda Racing Gallery > F1 第二期 > McLaren Honda MP4/5B

No.27を付けた唯一のマクラーレン

1990/McLaren Honda MP4/5B(マクラーレンン・ホンダ MP4/5B[4輪/レーサー])

最強のエンジンを搭載セナ2度目の王座獲得車

Text/F1Sokuho  Photos/Katsuyoshi Kobayashi, Hiroshi Kaneko

1990/McLaren Honda MP4/5B[4輪/レーサー]

1990年F1世界選手権出場車 No.27 アイルトン・セナ

セナが座ったコクピット。今も当時のまま保存されている。モノコックは開幕戦から第4戦までセナのレースカーとして使用され、第5戦以降はスペアカーとして世界中を転戦した。

セナが座ったコクピット。今も当時のまま保存されている。モノコックは開幕戦から第4戦までセナのレースカーとして使用され、第5戦以降はスペアカーとして世界中を転戦した。

シャシー性能では、完全にライバルのフェラーリ641/2の後塵を拝していたのは事実である。MP4/5Bも結局のところ前年型同様にエンジンパワーに頼らざるを得なかった。90年型のHondaのV10エンジン『RA100E』は、ボア×ストロークの変更を行うことで燃焼の安定化が図られていた。RA100Eの特徴はスロットル形式の選択にあり、RA109Eで用いられたスライド式スロットルバルブに対して、バタフライ式スロットルバルブを採用。結果としてスロットル下流のタービュランスによる燃料の一時的滞留を改善し、あらゆる条件下での空燃比の安定化を図ることに成功する。パワーアップはもちろんのこと、サーキットに応じて特性の異なる仕様を用意するのもHondaのお家芸だった。開幕戦フェニックスのバージョン1に始まり、シーズンエンドの鈴鹿とアデレードではバージョン6まで進化したエンジンが、この年最強のユニットであったことに異論はない。

当時のF1エンジンは、予選用と決勝用を合わせて各グランプリにドライバーあたり約10数基が準備され、年間では軽く200基以上を必要とした。開発費と活動費は膨大だが、Hondaはエンジンの信頼性とドライバビリティに徹底してこだわった。V10初年度のRA109Eでは常用回転限界が毎分1万2000回転だったが、RA100Eではそれが1万4000回転にまで達しつつあった。シフトダウンなどのオーバーレブにより瞬間的には1万5000回転を越える場合もあるが、それさえも許容するレベル。ここまで回しても壊れない驚異の信頼性を、RA100Eは誇った。

スロットルが前年までのスライド式からバタフライ式に変更された。しかし、“セナ足”と呼ばれたアクセルワークになかなかマッチせず、開発陣は苦労したという。またセナの求めに応じて、サーキットの現場で様々な調整が行われていた。しかも、すべて手作業だったのだ。鈴鹿には開発陣の丹精を込めたスペシャルエンジンが持ち込まれたが、僅か9秒で砂塵の向こうへと消えてしまった。

スロットルが前年までのスライド式からバタフライ式に変更された。しかし、“セナ足”と呼ばれたアクセルワークになかなかマッチせず、開発陣は苦労したという。またセナの求めに応じて、サーキットの現場で様々な調整が行われていた。しかも、すべて手作業だったのだ。鈴鹿には開発陣の丹精を込めたスペシャルエンジンが持ち込まれたが、僅か9秒で砂塵の向こうへと消えてしまった。

シーズンの天王山は鈴鹿の日本GPだった。セナは1年前のリベンジを果たすべくプロストを“撃破”する。スタート直後の1コーナーで接触した2台のマシンはグラベルの砂塵の中に消え、セナの2度目の戴冠が決まった。この1年後、セナはこの接触が故意だったことを認めた。もちろん、その行為自体は批判されるべき危険なものだ。しかし、それほどの強い憎悪が89年の鈴鹿から1年間、彼を心を占めていたということである。

結果的にダブルタイトルを死守したマクラーレンだが、もはや圧倒的アドバンテージは彼らのマシンにはなかった。セナとHondaの存在がなければ、タイトル獲得は難しかったはずだ。しかし、プロストが去りベルガーが加入したマクラーレンは、非常に統率のとれたレーシングチームへと変貌してゆく。その時セナは、完全にマクラーレンを掌握していた。

BACK

| 1 | 2 |

 

McLaren Honda MP4/5B

1990/McLaren Honda MP4/5B[4輪/レーサー]

1990/McLaren Honda MP4/5B[4輪/レーサー]

SPEC

シャシー

型番 McLaren Honda MP4/5B
デザイナー ニール・オートレイ
車体構造 カーボンファイバー/ハニカムモノコック
全長×全幅×全高 4470mm×2133mm×965mm
ホイールベース 2895mm
トレッド(前/後) 1800/1660mm
サスペンション(前/後) ダブルウイッシュボーン+プルロッド/ダブルウイッシュボーン+プッシュロッド
タイヤ(前/後) 13×11.75in/13×16.25in
燃料タンク 212L
トランスミッション マクラーレン製横置き6速
車体重量 500kg

エンジン

型式 RA100E
形式 水冷72度V10 DOHC4バルブ
排気量 3498cc
ボア×ストローク(mm) 93.0×51.5
圧縮比 12.4
最高出力 680ps以上/12800rpm
燃料供給方式 PGM-FI 2インジェクター
スロットル形式 10連バタフライ式スロットルバルブ
過給機

F1 第二期

NEXT Dallara Honda IR3