MENU

HONDA

検索

モータースポーツ > Honda Racing Gallery > F1 第二期 > McLaren Honda MP4/5B

No.27を付けた唯一のマクラーレン

1990/McLaren Honda MP4/5B(マクラーレンン・ホンダ MP4/5B[4輪/レーサー])

最強のエンジンを搭載セナ2度目の王座獲得車

Text/F1Sokuho  Photos/Katsuyoshi Kobayashi, Hiroshi Kaneko

1990/McLaren Honda MP4/5B[4輪/レーサー]

1990年F1世界選手権出場車 No.27 アイルトン・セナ

“Hondaエンジン独占供給”というパッケージは当時、パドックでは羨望の的だった。それほどまでに圧倒的なパワーを誇ったのだ。Hondaエンジンを入手できないライバルたちは、空力面を追求してマクラーレンに対抗しようとした。

“Hondaエンジン独占供給”というパッケージは当時、パドックでは羨望の的だった。それほどまでに圧倒的なパワーを誇ったのだ。Hondaエンジンを入手できないライバルたちは、空力面を追求してマクラーレンに対抗しようとした。

そのネーミングからも分かるように、MP4/5Bは前年型MP4/5の正常進化型だが、外見的にはMP4/5から大きな脱皮が図られている印象を受ける。特にエアロダイナミクスの改善は顕著で、主にエアロデバイスの変更が目に付いた。サイドポンツーンはより平坦になり、排熱アウトレットも改良された。高回転、高出力化が進んだHondaの新型V10エンジンからの要求を満たすべく、ラジエターを中心に熱交換機の大容量化が図られた。しかし、シャシーの基本コンセプトは、ジョン・バーナードのMP4からの流れのままであり、もはや当初のアドバンテージは消えていた。アイルトン・セナとアラン・プロストが悩まされ続けたMP4/5のバランスの悪さをそのまま受け継いでしまったMP4/5Bは、さらにその欠点が強調されてしまうことになる。

MP4/4でゴードン・マーレイが採用したプルロッド式のフロントサスペンションを、ニール・オートレイはMP4/5Bでも継承する。プルロッドはダンパーユニットのマウント位置を自由に設計できる利点はあるものの、アッパーアームに大きな負担をかけてしまうデメリットもあり、多くのチームが採用を避けるようになっていた。このレイアウトが災いし、185cmの長身ゲルハルト・ベルガーには非常に窮屈なコクピットになった。

シャシーの基本はMP4/4の流れを継承し、低重心化が図られた。前年のMP4/5に比べてサイドポンツーンの形状も洗練されたが、空力面では遅れ始めていた。

シャシーの基本はMP4/4の流れを継承し、低重心化が図られた。前年のMP4/5に比べてサイドポンツーンの形状も洗練されたが、空力面では遅れ始めていた。

サイドポンツーン脇のエアアウトレットは、サーキットの特性に応じてその大きさが変更された。平均速度の低いモナコやハンガリーなどでは開口部を最大限に開き冷却効果向上を図ったが、予選など一発勝負の際には冷却機能を若干殺しても、ドラッグを減らすために閉じて走行することが多かった。

MP4/5B最大の特徴と言えたのが『バットマン・ディフューザー』と称された半円状トンネルを5つ並べたディフューザーだ。このコンセプト自体は、88年にマーチ881をデザインしたエイドリアン・ニューウェイがすでに試みており、そのアイデアを発展させたにすぎない。ただ、MP4/5から引き続き横置きギヤボックスを採用したことで、ディフューザーの設計にかなりの自由度があったことも、導入のひとつの理由だった。半円状トンネルは、確かに平板を組み合わせたものよりエッジ部のよどみや剥離を抑えられ、後方へ空気流を抜く効果も高い。しかし、それだけにフロアと路面の間隔が変化した際にダウンフォースの変化量も大きくなる。高速コーナリング中にバウンドなどすると、マシンの挙動変化はシビアになった。当時の空力部門代表であったボブ・ベルは、ハンガリーGPからオーソドックスな形状にスイッチする決断を下す。ダウンフォースの絶対値を下げることで、マシンの挙動の変動幅を小さくする処置を採らざるを得なかったのだ(スペインGPでは後部を30cmも延長するなどの変更が加えられた)。

 

| 1 | 2 |

NEXT

McLaren Honda MP4/5B

1990/McLaren Honda MP4/5B[4輪/レーサー]

1990/McLaren Honda MP4/5B[4輪/レーサー]

SPEC

シャシー

型番 McLaren Honda MP4/5B
デザイナー ニール・オートレイ
車体構造 カーボンファイバー/ハニカムモノコック
全長×全幅×全高 4470mm×2133mm×965mm
ホイールベース 2895mm
トレッド(前/後) 1800/1660mm
サスペンション(前/後) ダブルウイッシュボーン+プルロッド/ダブルウイッシュボーン+プッシュロッド
タイヤ(前/後) 13×11.75in/13×16.25in
燃料タンク 212L
トランスミッション マクラーレン製横置き6速
車体重量 500kg

エンジン

型式 RA100E
形式 水冷72度V10 DOHC4バルブ
排気量 3498cc
ボア×ストローク(mm) 93.0×51.5
圧縮比 12.4
最高出力 680ps以上/12800rpm
燃料供給方式 PGM-FI 2インジェクター
スロットル形式 10連バタフライ式スロットルバルブ
過給機

F1 第二期

NEXT Dallara Honda IR3