田口賢一郎さん

訪販グループ 運営本部 運営部 店舗サポート室 室長

ダスキンのフードサービス事業に属する「ミスタードーナツ」でのアルバイトをきっかけにして1983年に入社。現職は6年目。ダスキンの本社がある大阪に勤務。愛車はHonda CR-Z。

野村春菜さん

ダスキン ホームサービス島之内店 マネジャー

新卒採用で2017年入社。2018年4月から、本社直営の現営業所で家庭用レンタル商品に関する業務を担当。同所に1台のN-VANを使って日々仕事に取り組んでいる。趣味はお笑いライブ鑑賞。

本社と現場、両者の視点からN-VAN導入の理由を紐解く特別インタビュー。
先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを導入のポイントに挙げた本社に対し、
現場では実際にどのような変化が生まれているのか。
日々N-VANを使うドライバーの声を聞きました。

重要視したのは
“普通の運転感覚”であること

N-VANが納車されて1ヶ月余りと聞きましたが、現場からはどんな声が挙がっていますか?

田口

ホームサービス島之内店では、現在1台のN-VANが稼働中です。専属で扱っているのは野村さんなので、具体的な感想は彼女が話してくれると思いますが、納車当日に立ち会った私は、この営業所に勤めるベテランの女性からこんな声を聞きました。「シートの座り心地がいい。視界が広い。荷物の積み降ろしが楽になりそう」。その方はシートに腰かけただけでしたが、そこで確信しました。これはいけるぞ、と。

ホッとされた瞬間でもありましたか?

田口

そうですね。さまざまな条件を考慮してN-VANを選びましたが、現場ではたらく女性目線でもこのクルマの新しさを感じてもらえたのはうれしかったです。

野村

納車されてしばらくのうちは、先輩方の注目がすごかったです。乗りやすそう。荷物が積みやすそうって。見た目もかわいいですしね。

田口

実はエンジンが運転席の前に置かれていることもN-VANを選んだ理由のひとつです。運転席より後ろにエンジンを積む従来の軽バンは一般的な乗用車とは異なる運転感覚となり、軽バンの運転経験がない方々にすれば、慣れた乗用車との違いに戸惑うことがあります。ですから、いかに普通のクルマと同じように扱えるかは、はたらくスタッフの安全を守る意味で特に重要視したポイントでした。私はかつて自分の父親が所有していたN-BOXを運転したことがあったのですが、同じプラットフォームを持つN-VANの運転感覚にも確信できるところがありました。

運転初心者でもわかる
N-VANの扱いやすさ

では野村さんにお聞きします。日々N-VANを使っていて運転のしやすさを感じますか?

野村

あくまでN-VAN以前に乗っていたクルマとの比較ですが、アクセルはなめらかで、ブレーキはすっと止まる。それは、あまり運転経験のない私でもはっきりわかる違いでした。

N-VANならではの低い床の印象はいかがですか?

野村

特に朝一番で慌ただしく準備するときは、床が低いと荷物を上げ下げする距離が短くなるので、積み込みの時間短縮につながります。私たちが扱う商品は1個ずつが重いわけではないのですが、1日20件回るとなるとそれなりの量になるので、積み降ろしが楽なのは本当にありがたいです。積み降ろしの負担が減れば、1日の疲れ方も変わってくる気がしますね。それから、前のクルマにくらべて収納スペースが多いのもうれしいです。運転席の上の部分は、これまで剥き身で置いていたダスターなどがきれいにしまえて、運転席まわりがすっきりしました。

※Honda純正アクセサリーのルーフコンソールのこと。

野村さんも「体への負担が違う」と話す、
とことん低いフロア

エンジンはクルマの前方に。Hondaの特許技術「センタータンクレイアウト」で、燃料タンクは前席の下に配置。
だからこそ実現できた低いフロアで、タテに広がる大空間を実現。積み降ろしのしやすさにも貢献しています。

詳しくはこちら

このクルマが軽バンの
スタンダードになっていく

野村さんの感想を聞いて、田口さんはどのように思われましたか?

田口

経験が浅い野村さんでも感じられる運転のしやすさや、荷物の積み降ろしのスムーズさは、N-VANの導入を検討した頃から想定していたものなので、思っていた通りの評価をもらえて安心しました。選んでよかったと思っています。女性の社会進出が進む中で、女性のはたらきやすさはますます重要になるでしょう。そのための環境づくりのひとつとして、クルマという道具が評価されたことは、私にとって大いに励みになりますね。

田口さんに先見の明があった、ということですね。

田口

先にも話した通り、軽バンにもやっと違うパターンが出てきてくれたということです。それを、野村さんをはじめとする現場ではたらく人々が高く評価してくれた。N-VANは、これから軽バンのスタンダードになっていくのではないでしょうか。全国各地のダスキンフランチャイズチェーン加盟店もN-VANには大きな関心を寄せています。新規車両を提案する私の立場としては、はたらきやすさを軸にこのクルマをアピールしていきたいですね。

野村さんは田口さんのお話を聞いてどう感じましたか?

野村

N-VANが導入された経緯をうかがったのは初めてだったので、私たち現場スタッフのことを考えてくださってありがとうございます、という他にありません。大事に使って、一生懸命はたらきます!

ダスキン ホームサービス
島之内店に導入されたN-VAN

ベーシックモデルのG・Honda SENSING(FF/CVT)に、パーキングセンサー、バックブザー、リアアンダーミラー、エントリー インターナビ、ドライブレコーダー、ルーフコンソール、オールシーズンマット、ドアバイザー、USBチャージャー、17cmネオジウムデュアルスピーカーなどのHonda純正アクセサリーを装着。
その他、ボディーには蓄光タイプのDUSKINステッカーを装着し、夜間の視認性向上にも配慮されている。

N-VAN機種ページを見るHonda純正アクセサリーについて

※このページは2018年9月取材時の内容を元に構成しており、現在のものとは異なることがあります。

法人のお客さま専用
各種お申し込みフォーム