MENU
HONDA
検索

Round01日本スポーツランドSUGO
(宮城県)

2020年8月9日(日)・JSB1000 決勝レース1

開幕戦 スポーツランドSUGO JSB1000 決勝レース1

決勝レース1で清成龍一が2位

全日本ロードレース選手権も他のレースイベント同様、新型コロナウイルスの影響から、大幅にスケジュールが変更されました。8月9日(日)~10日(月・祝)開催の宮城県スポーツランドSUGOを開幕戦として、全4戦が開催予定です。最高峰クラスのJSB1000は、2レース開催が3ラウンド、1レース開催が1ラウンドで、合計7戦でタイトルが争われます。他クラスは1レースごとの開催で、合計4レースの短期決戦となります。

JSB1000クラスのHonda勢は、新型CBR1000RR-Rで挑む初めてのシーズンとしても注目を集めました。MuSASHi RT HARC-PRO.Hondaから水野涼が参戦。伊藤真一監督が率いるKeihin Honda Dream SI Racingからは清成龍一、渡辺一馬がエントリーします。秋吉耕佑は、自らau・kosuke racingを立ち上げ参戦を決めました。他、濱原颯道(Honda Dream RT 桜井ホンダ)、亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)、岩田悟(Team ATJ)と豪華な顔ぶれがそろいました。

開幕戦となったスポーツランドSUGOでは、JSB1000は2レース開催。9日は予選と決勝レース1が行われました。午前に行われた予選でのベストタイムがレース1、セカンドタイムがレース2のグリッドを決めます。予選は雨となり完全なウエットコンディションとなりました。ダブルポールポジションを獲得したのは野左根航汰(ヤマハ)。清成は4番手、水野が6番手、両レースともにセカンドローを獲得しました。

決勝レース1が始まるころには雨が上がりましたが、路面には水が多く残っている箇所も多くあり、難しいコンディションとなりました。ホールショットは野左根、2番手に清成のオーダーで1コーナーに入ります、3番手に中須賀克行(ヤマハ)が続きました。2ラップ目にはトップの野左根と2番手に浮上した中須賀の接近戦となりますが、1コーナーで中須賀が転倒。そのままリタイアとなりました。首位を走る野左根を清成、水野、渡辺一樹(スズキ)が追いかけます。

野左根は独走態勢を築きます。2番手の清成には水野が迫り始め、7周目には、その差がコンマ5秒となります。10周目、清成が1コーナーでリアが流れたすきに水野が前に出て2番手に浮上します。水野、清成、渡辺一樹が接近戦を繰り広げ2番手争いを繰り広げます。その中から渡辺一樹が110Rで転倒してしまい、2番手争いは水野と清成に絞られます。しかし、15ラップ目1コーナーで水野も転倒。再スタートしますが、ポジションダウンしてしまいます。渡辺一馬もSPインで転倒してしまいます。

レース終盤になると雨が上がり、空が明るくなってきます。15周目にはトップ野左根、2番手清成、3番手に濱原が浮上。4番手にコース復帰した水野、5番手に秋吉、7番手に岩田、8番手に亀井が続きます。そんな中、S字で秋吉が転倒してしまいます。これにより岩田が5番手、亀井が7番手へと浮上。25周を走り切り野左根が今季初優勝。2位に清成が入り、3位に濱原が食い込み、表彰台に上りました。4位に水野。5位には岩田が入りました。亀井は7位でチェッカーを受けています。

JSB1000 リザルト

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
13野左根航汰ヤマハ2540'45.635
217清成龍一Honda25+19.585
372濱原颯道Honda25+1'16.584
4634水野涼Honda25+1'42.652
536岩田悟Honda24+1 Lap
687柳川明カワサキ24+1 Lap
725亀井雄大Honda24+1 Lap
844関口太郎BMW24+1 Lap
928児玉勇太ヤマハ24+1 Lap
1019中冨伸一ヤマハ24+1 Lap
14 090秋吉耕佑Honda20+5 Laps
RT33渡辺一馬Honda14+11 Laps

フォトギャラリー

モータースポーツ >  全日本ロードレース選手権 >  2020 開幕戦 スポーツランドSUGO JSB1000 決勝レース1

ニュース