MENU
HONDA
検索

Round07日本オートポリス
(大分県)

2019.10.06(日)・J-GP3 決勝

第7戦 オートポリス J-GP3 決勝

最終戦を待たずして長谷川聖がチャンピオンに決定

J-GP3は、太田虎之進(WJ-FACTORY)の代役参戦の栗原佳祐がポールポジションを獲得。2番手に高杉奈緒子(KTM)、3番手に福嶋佑斗(Team Plusone+f)がつけ、フロントローに並びました。ランキングトップの長谷川聖(CLUB Y's)は事前テストで転倒、左手を痛めた影響から9番グリッドにとどまります。

ホールショットを奪ったのは鈴木大空翔(BATTLE FACTORY)。その後に高杉、細谷翼(Team SRS-Moto)、栗原、岡崎静夏(Kohara Racing Team)、長谷川が続きます。2ラップ目、長谷川が2番手に浮上し、トップの鈴木に迫ると、3ラップ目にはそのまま首位に立ちます。しかし、そこから栗原が4ラップ目鈴木を捕らえて2番手へと浮上、5ラップ目にはトップとなります。その後方で村瀬健琉(ミクニ テリー&カリー)、高杉、岡崎、中山愛理(TEAM SHOTA)がし烈な5番手争いを繰り広げます。

8ラップ目には、再び長谷川が首位を奪回。福嶋、鈴木らが追いかけます。そして7番手の中山がトップ争いへと追いつき、トップ集団は7台となります。

最終ラップは、栗原、長谷川、村瀬、福嶋、細谷、中山、鈴木の順で突入。激しい攻防が繰り広げられ、村瀬がスパートをすると、長谷川、栗原が追随してバトルを繰り広げ、村瀬と長谷川が並んでコントロールラインを通過。わずかな差で村瀬が優勝、長谷川が2位となりました。3位栗原、4位福嶋、5位細谷、6位中山、7位鈴木でチェッカー。2位に入った長谷川は、タイトルを争う鈴木が7位となったことで、最終戦を待たずにシリーズチャンピオンを決めました。

コメント

村瀬健琉(優勝)
村瀬健琉「レース序盤はペースが上げられずにいましたが、次第に自分のリズムをつかむことができました。トップに立ったら、緊張するかと思っていましたが、冷静は走りきることができました。前戦の岡山国際ではコーナー進入で転倒していまい、そこをしっかり対策してオートポリスに挑みました。テストからいいペースで走れていたので、初優勝できて、本当にうれしいです。これも支えてくれたチームのおかげです。感謝しています。最終戦も同じようにいい流れを作って優勝を狙います」

長谷川聖(2位)
長谷川聖「事前テストで手をケガしてしまい、クラッチをうまく握れず、タイムを出すのが難しかったです。決勝ではアドレナリンが出たのか、痛みを感じることなくて、集中して走ることができました。スタートで出遅れてしまいましたが、とにかく追い上げようと思いました。チャンピオン争いをしている鈴木くんの近くの順位でいたいというのはありましたが、ここでチャンピオンを決めようとは思っていなかったので、驚きました。オートポリスは地元に近く、初めてバイクに乗った場所でした。小さいころに父親にレース観戦に連れて来てもらっていた思い出の場所で、チャンピオンになれて、感激しています」

栗原佳祐(3位)
栗原佳祐「集団の争いになると思っていました。逃げることはできないと思っていたので、ラスト5ラップで前に出ないと厳しい戦いになると思い出て、組み立てましたが、1位になれなかったということは、なにかが足りないということだと思います。今回は代役参戦なので、次のレースがあるか分かりませんが、限られた中で、チームにフィードバッグできることはやれたと思っています」

J-GP3 リザルト

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1392村瀬健琉Honda1530'00.397
236長谷川聖Honda15+0.038
317栗原佳祐Honda15+0.459
488福嶋佑斗Honda15+0.576
534細谷翼Honda15+0.682
614中山愛理Honda15+0.742
711鈴木大空翔Honda15+0.821
89山本恭裕Honda15+3.276
920高杉奈緒子KTM15+3.684
1013岡崎静夏Honda15+3.957
115藤井謙汰Honda15+8.062
1271成田彬人Honda15+8.26
1318安村武志PRCS15+23.674
1446岡田義治Honda15+23.779
      
1651渡邉虎太郎Honda15+49.86
1716白石玲菜Honda15+49.925
1821村田憲彦Honda15+50.704
1932三好菜摘Honda15+50.831
20 57 大田隼人 Honda 15 +51.32

J-GP3 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
1 36 長谷川聖 Honda 135
2 11 鈴木大空翔 Honda 104
3 14 中山愛理 Honda 97
4 392 村瀬健琉 Honda 88
5 88 福嶋佑斗 Honda 87
6 13 岡崎静夏 Honda 80
7 5 藤井謙汰 Honda 76
8 34 細谷翼 Honda 74
9 20 高杉奈緒子 KTM 61
10 18 安村武志 PRCS 61
11 9 山本恭裕 Honda 59
12 71 成田彬人 Honda 58
13 29 セナ・アギアス Honda 56
14 17 太田虎之進 Honda 39
15 16 白石玲菜 Honda 24
16 17 栗原佳祐 Honda 20
17 81 ハリソン・ヴォイト Honda 18
18 46 岡田義治 Honda 16
19 32 三好菜摘 Honda 15
         
21 21 村田憲彦 Honda 13
22 26 岸田慶一 Honda 10
23 31 西田信義 Honda 9
24 37 羽根巧 Honda 8
25 61 柳沢祐一 Honda 7
26 15 野澤秀典 Honda 7
27 73 デヨ・ワヒュー Honda 6
28 47 川瀬啓一郎 Honda 6
29 44 小沢良美 Honda 3
30 64 大堀和基 Honda 2
31 72 岩田吉正 Honda 1

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  全日本ロードレース選手権 >  2019 第7戦 オートポリス J-GP3 決勝

ニュース