MENU
HONDA
検索

ROUND 04

日本ツインリンクもてぎ 栃木県 2017.06.11(日)・J-GP3 決勝

小室が2位、伊達が3位で表彰台に登壇

J-GP3は小室旭(Team P.MU 7C)が3番手でフロントローに並び、連勝を狙いました。2列目4番グリッドを獲得した、女性ライダーの岡崎静夏(UQ & テルル ・ Kohara RT)は、昨年にロードレース世界選手権のMoto3クラスにワイルドカード参戦した経験を活かして上位進出を狙います。伊達悠太(BATTLE FACTORY)も、5番手でセカンドローからのスタートとなりました。

そうして迎えた決勝レース。ファーストラップを制したのは古市右京(KTM)でしたが、栗原佳祐(MORIWAKI CLUB)が5コーナーでトップを奪います。それを安村武志(犬の乳酸菌.jp/プリミティブR.T)、小室、古市、山中琉聖(テルル・MotoUP)、岡崎らが追いかけました。

3ラップ目に入ると小室がトップを奪い、5ラップ目には小室、栗原、山中、古市、太田虎之進(WJ-FACTORY)、伊達、中島元気(TEAM SRS-MOTO)の順でコントロールラインを通過します。

6ラップ目に入ると、小室は古市にトップを奪われますが、果敢に追いかけ、9ラップ目の5コーナーでその座を奪回します。その後も激しいトップ争いが展開する中、背後に伊達が迫ります。10ラップ目、小室が首位を奪い、古市、太田、山中、伊達、中島、安村と続き、セカンド集団を引っ張るのは岡崎、栗原、福島佑斗(TEAM Plusone)が続きます。

11ラップ目、古市が前に出ますが、12ラップ目のS字で太田が首位を奪います。その後、古市が再度首位を奪い返しスパート、5番手に後退していた小室が14ラップ目には2番手まで順位を回復し、ファステストラップを記録しながら古市の背後に追ります。トップ争いは6台となり、中島が遅れ7番手、その後ろを8番手争い5台が続きます。

トップ争いは激しさを増し、各コーナーでポジションが激しく変わります。最終ラップは古市、伊達、小室、太田、安村の順に突入。そして古市が逃げ初優勝。2番手争いを制した小室が2位、3位に伊達、4位に山中、5位は太田となります。安村、中島と次々にチェッカーを受け、8番手争いを制したのは岡崎となりました。

コメント

小室旭(J-GP3 2位)
「残り2ラップでトップ争いに持ち込んで90度コーナーで前に出ようと考えていましたが、ミスをしてしまい、そのチャンスを逃しました。その後、古市選手が逃げ、伊達選手との2番手争いになりました。古市選手には届かないと思い、伊達選手とはランキング争いをしているので、ここは絶対に前でゴールがしたいと思い、2番手争いに集中しました。連勝したかったので、2位は残念ですが、次はまた優勝を狙っていきます」

伊達悠太(J-GP3 3位)
「事前テストから、自分でペースを上げることができなくて、トップ集団に加わるしか選択肢はないと思っていました。トップ集団から最後に抜け出して優勝を狙っていました。ですが、バッグストレートで並んだときに、インからいくべきか、アウトからいくべきか悩んだ末、アウトからいったのですが、つらくなってしまいました。冷静でいられたら、インからいってレースをコントロールできたかもしれないと思っています。今後は、しっかりチャンピオンを意識した走りができるようにしたいと思います」

山中流星(J-GP3 4位)
「今年はルーキーズカップと、タレントカップを走らせてもらっています。もてぎでのレースが開催されるので、その勉強のために全日本を走らせてもらいました。いつものレースはワンメークで、みんな同じマシンで走るのですが、全日本ではいろんなマシンが走っています。マシンスピードにも差があり、もっと前にいきたかったのですが、難しかったです。でも、全日本を経験させてもらったことは、とてもよかったと思います。この経験をしっかり活かしたいと思います」

J-GP3 リザルト

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
17古市右京KTM

20

41'09.930
217小室旭Honda 20 +0.745
364伊達悠太Honda 20 +0.923
4090山中琉聖Honda 20 +0.961
511太田虎之進Honda 20 +1.285
63安村武志PRCS 20 +2.296
734中島元気Honda 20 +9.482
86岡崎静夏 TSR3 20 +24.001
912船田俊希Honda 20 +24.441
102栗原佳祐Honda 20 +24.641
1136福嶋佑斗Honda 20 +25.617
1213長谷川聖Honda 20 +25.887
1310山本恭裕Honda 20 +28.575
1416野澤秀典Honda 20 +28.859
1539ピラポン・ブーンラートHonda 20 +28.926
1641宇井陽一IODA 20 +32.703
1722白石玲菜Honda 20 +41.800
1821畑中要Honda 20 +48.634
1920三好菜摘Honda 20 +49.053
20 23 川瀬啓一郎 TSR3 20 +1'07.990
2131荘安育Honda 20 +1'09.351
2244小沢良美Honda 20 +1'20.587
18大澤恒貴Honda 13 +7Laps
33佐野勝人PRCS 9 +11Laps
14高杉奈緒子Honda 0 +20Laps

J-GP3 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
117小室旭Honda69
264伊達悠太Honda67
37古市右京KTM50
4 34中島元気Honda48
541宇井陽一IODA43
612船田俊希Honda40
73安村武志PRCS37
8 36福嶋佑斗Honda36
911太田虎之進Honda35
1010山本恭裕Honda30
1113長谷川聖Honda27
122栗原佳祐Honda27
1316野澤秀典Honda23
146岡崎静夏TSR19
15090山中琉聖Honda18
1621畑中要Honda15
1722白石玲菜Honda14
18 410ピーラポン・ルイ・ブンペンHonda11
19 33佐野勝人PRCS10
2014高杉奈緒子Honda8

ランキング詳細


フォトギャラリー

小室旭

小室旭

小室旭

小室旭

小室旭

伊達悠太

伊達悠太

伊達悠太

伊達悠太

伊達悠太

山中琉聖

山中琉聖

山中琉聖

太田虎之進

安村武志

中島元気

岡崎静夏

船田俊希

栗原佳祐

福嶋佑斗

長谷川聖

山本恭裕

野澤秀典

ピラポン・ブーンラート

宇井陽一

白石玲菜

畑中要

三好菜摘

川瀬啓一郎

荘安育

小沢良美

大澤恒貴

佐野勝人

高杉奈緒子