MENU
HONDA
検索

ROUND 04

日本ツインリンクもてぎ 栃木県 2017.06.11(日)・J-GP2 決勝

関口が2位、水野が3位でレースを終える

J-GP2は榎戸育寛(MOTO BUM HONDA)がポールポジションを獲得。関口太郎(SOX Team TARO PLUSONE)は4番手、水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.)は6番手で2列目からのスタートとなりました。

榎戸が好スタートでトップに立ってレースをリード。生形秀之(スズキ)、石塚健(カワサキ)、三原壮紫(スズキ)、水野、岩戸亮介(Team 髙武 RSC)が続きました。やがて、榎戸と生形がトップ集団から抜け出し、それを石塚と関口が追います。その後方で三原、水野が続きました。

5ラップ目、トップの榎戸が転倒。再スタートしますが、大きくポジションを落とします。代わってトップに立ったのは生形で、2番手の石塚と3番手の関口まででトップ争いが展開しました。そして7ラップ目には、関口が石塚をかわして2番手に浮上し、首位の生形を追いかけました。

13ラップ目、石塚がヘアピンで転倒したことで、水野が3番手となります。やがて、トップの生形、2番手の関口、3番手の水野がそれぞれ単独走行となり、周回を重ねました。

最終的に生形が優勝し、関口が2位、水野が3位で表彰台に上がりました。岩戸は6位、榎戸は7位までばん回してチェッカーを受けました。

コメント

関口太郎(J-GP2 2位)
「事前テストから、これというセットを見つけられていません。サスペンションを変えて、周回を重ねて乗り込むという方向でマシンを詰めてきましたが、序盤でトップに離された間隔を、最後まで詰めることができずに終わってしまいました。2位という結果は悔しいですが、チャンピオンシップを考えると大事なポイントを得ることができたと思います」

水野涼(J-GP2 3位)
「事前テストの調子は悪くなかったのですが、レースウイークの走行初日に転倒し、そこでリズムを崩してしまいました。決勝に向けてセッティングをうまく合わせられず、いい方向にもっていけませんでしたね。レースペースを上げることが厳しく、序盤の遅れが響きました。アベレージとしては戦えないレベルではなかっただけに、課題が残りましたが、チャンピオンシップを考えると3位に入れたことで、貴重なポイントを獲得できたと思うので、次戦から巻き返していけるようにしっかり準備をしたいと思います」

岩戸亮介(J-GP2 6位)
「J-GP2よりも、昨年参戦していたST600のタイムの方が出ています。現状のマシンとタイヤをしっかりとつかめていないということだと思います。セッティングが難しく、開幕戦からずっと、思いっきり走れていません。今回は22ラップという長いレースだったので、トレーニングをみっちりやって、最後までしっかり走ろうと思っていたのに、思うようにならずに悔しいです。もう一度、マシンの状況などをノートに書きだして、考えていきたいと思います。次のオートポリスは地元のサーキットなので、これまでで最もいいレースがしたいです」

J-GP2 リザルト

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
14生形秀之スズキ 22 41'54.977
244関口太郎 HP6 22 +3.498
3634水野涼 HP6 22 +17.207
439柴田陸樹カワサキ 22 +23.189
517井筒仁康カワサキ 22 +34.157
631岩戸亮介 MD600 22 +42.928
732榎戸育寛 KALEX 22 +46.262
836徳留真紀SPEEDUP 22 +55.244
933 K.クボヤマハ 22 +56.092
1010大木崇行 HP6 22 +56.254
1216中本郡 HP6 22 +1'08.060
13090中村修一郎KALEX 22 +1'32.876
1621赤間清 HP6 21 +1Lap

J-GP2 ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
1634水野涼HP6q95
24生形秀之スズキ83
344関口太郎 HP669
431岩戸亮介 MD60061
532榎戸育寛 KALEX58
639柴田陸樹カワサキ54
717井筒仁康カワサキ47
833K.クボヤマハ46
95石塚健カワサキ44
1036徳留真紀SPEEDUP44
1316中本郡 HP634
1410大木崇行 HP634
15090中村修一郎KALEX30
1621赤間清 HP622

ランキング詳細

フォトギャラリー

関口太郎

関口太郎

関口太郎

関口太郎

関口太郎

水野涼

水野涼

水野涼

水野涼

水野涼