MENU

HONDA

検索

Round02日本関東大会

IA1 決勝

2018年4月22日(日)

オフロードヴィレッジ(埼玉)

天候:晴れ

気温:30℃

コースコンディション:ドライ

観客:8500人

成田がヒート1を制し、開幕から3ヒート連続勝利
総合では3位にランクイン

全日本モトクロス第2戦の舞台は、埼玉県川越市と上尾市に跨がるオフロードヴィレッジ。平坦な河川敷に設けられたコースで、ビッグジャンプや長いフープスをタイトなターンで結んだレイアウトが特徴です。会場は土曜日から日曜日にかけて高気圧に覆われ、30℃という季節外れの暑さに。2週間前に開幕戦が行われた土曜日には降雪(5℃)が観測されたことを踏まえると、環境の急変がもたらす影響が心配される大会となりました。

暫定ランキング首位の証であるゴールドのポイントリーダーズゼッケンは、開幕時にはディフェンディングチャンピオンの山本鯨(Team HRC)が保持していましたが、今大会からはチームメートである成田亮のマシンに装着されています。

●ヒート1
Team HRCの成田と山本はいずれもスタートで出遅れ、成田が1周目を8番手、山本が9番手と、パッシングポイントが少なめのコースで追い上げのレースを強いられました。しかしここから、まずは成田が驚異的なポジションリカバリーを見せます。2周目に6番手へ浮上すると、その次周からは1周につき1台のペースでパッシングを続け、5周目には3番手につけます。

一方、山本も2周目から4周目まで一つずつ順位を上げて6番手に。7周目には田中雅己(TEAM ナカキホンダ)をパスして、5番手まで浮上します。3番手に上がった段階で成田は、トップの小方誠(カワサキ)を僅差で追う2番手の新井宏彰(カワサキ)から約8秒も遅れていましたが、あきらめることなくトップ2台とのマージンを削り取っていきます。

そして13周目、成田は完全に新井を捉え、これでトップグループは3台に。15周目になると、成田がまず新井をパスし、ラスト4周となった17周目には小方の攻略にも成功して、トップに立ちました。残り3周、粘りを見せる小方に対して、成田はしっかり順位をキープ。そのまま逃げきり、開幕3ヒート連続優勝を挙げました。山本は、5位でフィニッシュしています。

●ヒート2
波乱の展開となったヒート2は、スタート直後の2コーナー付近でクラッシュが発生。山本は他車と接触して転倒し、成田も上位勢から遅れます。その直後から、混戦の中で成田と山本はポジションアップを試みましたが、オープニングラップは成田が9番手で山本が12番手と、再び苦しい展開に。それでも成田は、2周目に7番手、3周目に6番手、4周目に5番手と、着実に追い上げていきました。

さらに山本は、成田を上回るペースで順位を回復。2周目と3周目に2台ずつ、4周目と5周目には1台ずつパスすると、次周から5番手を走る成田と激しいバトルを繰り広げました。そして7周目、成田を抜いて山本がついに先行。8周目には、3番手を走っていた星野裕(カワサキ)がマシントラブルで脱落し、山本と成田はまた一つ順位を上げました。

レース後半、粘る成田を振りきった山本は、星野優位(ヤマハ)をマークする3番手の小方に接近。ラスト4周となった17周目になるとまず小方を抜き、星野優位に迫ります。しかし次周にミスを喫して3台による2番手集団から遅れ、最終的に4位でゴール。最終ラップに再び山本の背後に近づいた成田がこのヒートを5位で終え、総合成績では3位となり、表彰台に登壇しました。

コメント

成田亮(IA1・優勝/5位)
成田亮 「ヒート1では、3番手に浮上した段階でかなり前が離れていたので、そのときは優勝が狙えるとは思っていなかったのですが、とにかく一生懸命走ろうと思いました。事前テストから熱田孝高アドバイザーが、「このコースは、前が離れていても最後まで集中して走り続ければ、徐々に差が詰まる時間帯があるから」というようなことを言っていたのですが、結果的にその通りになりました。ただし、ヒート2は、ヒート1でかなり体力を消耗していたことと、2コーナーのクラッシュでかなり出遅れたことで集中力を切らしたことなどから、あまり追い上げることができませんでした。結果論ですが、山本選手についていければ2番手争いに加われたので、自分の悪い部分も露呈した大会だったと思います。次戦以降、克服していきます」

山本鯨(IA1・5位/4位)
山本鯨 「ヒート1は、自分のスタートミスで出遅れてしまいました。ヒート2は、スタート直後の2コーナー手前で他車と接触して転倒し、再び、追い上げのレースとなりました。今大会に向けて、HRCやHGAKの皆さんがさまざまな対策に奔走してくれて、開幕戦と比べてマシンの状態がよくなりました。とはいえヒート1ではやはりマッチングに苦しんだのですが、ヒート2はとりあえず自分にできることを全部やろうと、気持ちを切り替えて臨みました。スタート直後の転倒もあり、結果はあまりよくなかったのですが、自分の実力を自分自身でも疑ってしまうような状況の中でこれだけの走りをできたことで、再確認できたことも多かったと感じています。マシンとのフィッティングを詰めて、勝利を求める気持ちを結果につなげたいです」

芹沢勝樹(Team HRC監督)
「IA1では、結果的にはカワサキ勢に総合1-2位を持っていかれてしまいましたが、成田がヒート1の優勝で実力を存分に発揮してくれました。山本は、開幕戦で手を痛めていたのですが、そのような状況でも両ヒートをしっかり走りきり、特にヒート2では2番手争いに加わるほどの走りを見せてくれました。チームとしては、どちらのヒートも収穫はあったと考えています。IA2の能塚は、開幕戦で優勝と3位という結果だったことから、周囲の方々にはかなり不本意な成績に見えるかもしれません。しかし、ケガから復帰したばかりということで、チームとしては徐々に目標とする順位を上げていくプランを立てているので、総合3位という成績は十分なレベルだと評価しています。次戦以降、また一つずつレベルアップを図ります」

リザルト

ヒート1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1982成田亮Honda2031'39.211
22小方誠カワサキ20+00'01.031
3331新井宏彰カワサキ20+00'09.490
4166星野優位ヤマハ20+00'34.309
51山本鯨Honda20+00'57.969
644小島庸平Honda20+01'03.033
7793池谷優太KTM20+01'06.756
830岡野聖ヤマハ20+01'07.623
98星野裕カワサキ20+01'08.474
10777H.ナイトKTM20+01'26.455
12155大塚豪太Honda20+01'39.373
13113田中雅己Honda19+1Lap
1414長門健一Honda19+1Lap
1819馬場大貴Honda19+1Lap
1915小野千成Honda19+1Lap
2175道脇白龍Honda18+2Laps

ヒート2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
1331新井宏彰カワサキ2032'01.509
22小方誠カワサキ20+00'05.603
3166星野優位ヤマハ20+00'06.458
41山本鯨Honda20+00'14.341
5982成田亮Honda20+00'15.262
630岡野聖ヤマハ20+00'42.177
744小島庸平Honda20+00'50.016
8155大塚豪太Honda20+00'50.356
9113田中雅己Honda20+01'00.301
1035池本凌汰スズキ20+01'02.427
1315小野千成Honda19+1Lap
1719馬場大貴Honda19+1Lap
2075道脇白龍Honda18+2Laps
2314長門健一Honda17+3Laps

ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合
1 982 成田亮 Honda 91
2 331 新井宏彰 カワサキ 85
3 1 山本鯨 Honda 74
4 166 星野優位 ヤマハ 72
5 2 小方誠 カワサキ 66
6 155 大塚豪太 Honda 51
         
9 113 田中雅己 Honda 42
11 44 小島庸平 Honda 39
15 14 長門健一 Honda 26
17 19 馬場大貴 Honda 22
19 15 小野千成 Honda 13
22 75 道脇白龍 Honda 4

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース