MENU

HONDA

検索

ROUND 02

日本オフロードヴィレッジ 2017.04.23(日)・IBOP 決勝

第2戦 オフロードヴィレッジ

ヒート1では倉持陵生が、ヒート2では奥村海と児玉伯斗が表彰台に

2017年4月23日(日)・決勝  会場:オフロードヴィレッジ  
天候:晴れ  気温:19℃  コースコンディション:ドライ  観客:8000人

ヒート1では、スタート直後に10台近いマシンが絡むマルチクラッシュが発生。これによりHonda勢では、予選7番手だった中山陸王などが大きく出遅れました。一方で、倉持陵生や児玉伯斗(MARUSAN RACING)、奥村海(スクーデリア オクムラ with Team ITOMO)は好位置を確保して、倉持が3番手、児玉が4番手、奥村が8番手で1周目をクリア。しかし児玉は、直後に転倒してポジションを下げました。

3周目、倉持は鴨田翔(KTM)の先行を許しましたが、5番手以下を大きく引き離して4番手をキープ。そして、ペースが落ちた手操将志(スズキ)を9周目にパスし、3番手に浮上しました。終盤、倉持は手操からリードを奪って単独走行。そのまま13周でチェッカーを受け、3位表彰台に登壇しました。また、奥村は4周目から順位を守って6位入賞。レース中盤以降に追い上げた根岸瑞生(T.E.SPORT)が7位に入りました。

今大会の最後を締めくくるレースとして開催されたヒート2は、奥村のホールショットで幕を開けました。そして奥村は、ヒート1のウイナーである高橋虎支郎(カワサキ)を抑え、オープニングラップをトップでクリアしました。2周目、奥村は高橋の先行を許し、さらに佐々木麗(ヤマハ)にも抜かれて3番手。奥村には児玉が続き、ここまで4台が、縦に長いトップグループを形成しました。

4周目、佐々木が転倒で後退し、奥村が2番手、児玉が3番手にポジションアップ。この段階で、奥村と高橋の差は4~5秒ほど。その後、レース終盤まで両車の差はほとんど変わりませんでした。児玉は、レース中盤になって奥村から徐々に遅れて単独走行の3番手に。そしてレースは13周でチェッカーとなり、奥村が全日本での初の表彰台となる2位、児玉が3位に入賞しました。

コメント

奥村海(IB OPEN 6位/2位)
奥村海(左) 「昨年はケガで欠場ばかりだったので、このコースでレースをするのは今回が初めてでした。ヒート1は、緊張から身体の動きが悪く、もうちょっと上に行けそうな感じもあったのですが6位でした。とはいえ、全日本のベストリザルトを更新でき、一つ自信になったのと同時に、ヒート2に向けて気持ちを落ち着かせることができました。そのヒート2は、スタートが決まってトップ。抜かれた高橋(虎支郎)選手は地元のライダーで、思っていたよりも早いタイミングでやられてしまったのですが、その後は普段の練習通りに走ることを意識しました。これで残すは優勝だけ。次戦のコースは一度も走ったことがないので、まずは練習に行きます」

児玉伯斗(IB OPEN 14位/3位)
児玉伯斗 「ヒート1は、2周目と3周目に転び、それでもなんとか9番手まで浮上したのにラストラップで再び転倒。1回目の転倒で焦ってしまったことで、余計に悪い方向へ向いてしまいました。そこでヒート2は、とにかくスタートで前に出ることを重視して、タイヤ選択から変更。それがうまく当たりました。2番手までは狙えそうな感じがありましたが、ヒート1がドタバタだったので、落ち着いて丁寧に走り、とにかくポイントをかせごうと考えて、8割くらいの力で走りました。今年はチームを離れましたが、昨年所属していたN.R.T.で皆さんに育ててもらった結果なので、成田(亮)選手をはじめとするN.R.T.の方々にも感謝しています」

倉持陵生(IB OPEN 3位/27位)
倉持陵生 「開幕戦で予選落ちしてしまい、スポンサーの方々や先輩たち、連れて行ってくれた父などに申し訳ない気持ちでいっぱいだったので、この大会は絶対に勝ちたいと思っていました。ヒート1は表彰台に上がれたのですが、勝てなかったのでむしろ悔しかったです。ヒート2は、スタートがそれなりによかったので、早めにトップ集団まで行こうと思い、焦ってしまったことで転倒。これでさらに焦ってミスをしたときに、ハンドルで胸を強打してしまい、あとはただチェッカーを受けるためだけに走っていました。同郷の星野優位選手(KTM)や奥さん、昨年まで所属していたT.E.SPORTなどのおかげで、今の自分があると思うので、次こそ勝って恩返ししたいです」

リザルト

ヒート1

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
114高橋虎支郎カワサキ1322'14.724
27鴨田翔KTM13+00'02.957
34倉持陵生Honda13+00'13.615
46手操将志スズキ13+00'20.351
518佐々木麗ヤマハ13+00'22.207
641奥村海Honda13+00'32.921
727根岸瑞生Honda13+00'52.528
824西元気スズキ13+01'02.515
913川口尚希スズキ13+01'10.498
1026齋藤健太スズキ13+01'11.367
141児玉伯斗Honda13+01'16.537
1855濱先陽心Honda13+01'27.437
2112竹野拓実Honda13+01'32.962
249藤田勇Honda12+1Lap
2528柴田夢来Honda12+1Lap
27108中山陸王Honda12+1Lap

ヒート2

順位 No. ライダー マシン 周回数 タイム/差
114高橋虎支郎カワサキ1322'46.077
241奥村海Honda13+00'05.176
31児玉伯斗Honda13+00'08.607
418佐々木麗ヤマハ13+00'11.516
567神田橋瞭カワサキ13+00'15.986
674内藤龍星KTM13+00'37.682
711真野凌輔スズキ13+00'38.290
813川口尚希スズキ13+00'42.892
99藤田勇Honda13+00'43.612
1022鈴木涼太KTM13+00'45.719
1325山口豪太Honda13+00'49.516
1427根岸瑞生Honda13+00'51.883
1755濱先陽心Honda13+00'59.621
2028柴田夢来Honda13+01'02.223
2412竹野拓実Honda13+01'13.222
26108中山陸王Honda12+1Lap
274倉持陵生Honda12+1Lap

ランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
118佐々木麗ヤマハ78
214高橋虎支郎カワサキ69
367神田橋瞭カワサキ68
413川口尚希スズキ56
541奥村海Honda50
611真野凌輔スズキ45
774内藤龍星KTM45
81児玉伯斗Honda44
920池田凌スズキ42
109藤田勇Honda38
1327根岸瑞生Honda28
184倉持陵生Honda20
2625山口豪太Honda9
2828柴田夢来Honda7
2955濱先陽心Honda7
3212竹野拓実Honda2

ランキング詳細


フォトギャラリー

奥村海

奥村海(左)

奥村海

奥村海(左)、児玉伯斗(右)

奥村海

奥村海

奥村海

奥村海

児玉伯斗

児玉伯斗

児玉伯斗

児玉伯斗

児玉伯斗

児玉伯斗

倉持陵生

倉持陵生

倉持陵生

倉持陵生

根岸瑞生

根岸瑞生

根岸瑞生

山口豪太

濱先陽心

柴田夢来

竹野拓実

藤田勇

柴田夢来

ニュース

モータースポーツ >  全日本モトクロス選手権 >  2017 第2戦 オフロードヴィレッジ