MENU

HONDA

検索
2015/12/24
「CBR250Rスポーツベース車(MC41)スターターマグネチックスイッチ」点検・交換
「自主回収」実施についてのご案内

日頃よりHRC製品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

当該製品をご愛用の皆様には大変ご迷惑とご心配をお掛けしたことを心からお詫び申し上げます。対象車両をご愛用のお客様には、HRCサービスショップから電話連絡等でご案内させていただきます。また、個人売買等で対象車両をお持ちのお客様はHRCサービスショップにて点検・交換作業を実施いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

●不具合の内容
エンジンの始動装置において、スターターマグネチックスイッチの防水用シール剤の充填が不適切なため、シール剤がスターターマグネチックスイッチのヒューズを組付ける端子内部に浸入するものがある。そのため、使用過程で端子内部に浸入したシール剤が軟化してヒューズ端子の接圧が低下し、接触抵抗が増加して発熱し、そのままの状態で使用を続けると、ヒューズ組付部が溶損して導通不良となり、エンストして再始動できない、または、スターターマグネチックスイッチの回路が短絡して火災に至るおそれがある。

●改善の内容
全車両、スターターマグネチックスイッチの製造ロットを点検し、該当の製造ロットのものは良品に交換する。
また、ヒューズカプラを点検し、溶損している場合は、ワイヤハーネスを新品に交換する。

●対象範囲リスト

機種呼称 車台番号 販売月日 対象台数
CBR250R MC41-1400013〜1400092
MC41-1400143〜1400190
MC41-1402968〜1403159
2014年4月〜

2015年1月〜
320台