MENU

HONDA

検索

FIA Formula3 Championship
Round06
ベルギーベルギー

FIA-F3 決勝・レース1

2019.08.31(土)

Circuit of Spa-Francorchamps

第6戦 ベルギー

3番手スタートの角田は、自己最高位タイの6位入賞
20番手スタートの名取は、入賞まであと一歩の11位完走

FIA-F3選手権第6戦のレース1が8月31日(土)に行われました。

午前10時35分にレース1のフォーメーションラップがスタート。好天のスパ・フランコルシャンは気温23℃、路面温度27℃のコンディションです。
角田裕毅(Jenzer Motorsport)は、2列目3番手からレースを開始。スタート直後の1コーナー、その先のオー・ルージュからストレートにかけて後続のプッシュを退け、3番手を死守します。2周目のキャメルストレートで後続にパスされますが、3周目には2台をパスし、一時2番手に浮上。しかし、スピードに若干劣る角田は4周目、5周目、6周目とポジションを落とし5番手となります。その後終盤には、合計4台による激しい4番手争いを展開。しかし、最終ラップのキャメルストレートエンドで、コースを若干はみ出した角田は6番手にポジションを下げ、そのままチェッカーフラッグを受けました。角田は第5戦ハンガリー大会のレース2でも6位に入賞していて、自己最高位タイとなりました。

20番手からスタートした名取鉄平(Carlin Buzz Racing)は、開始早々に上位のアクシデントなどもあり、1周目に13番手までジャンプアップを果たします。2周目に14番手となりますが、その後はポジションをキープ。13周目、14周目とキャメルストレートで前車をパスし、ポジションを12番手に上げると、最終ラップでもオーバーテイクを決め、入賞まであと一歩となる11位でフィニッシュしました。

レース2は9月1日(日)午前9時45分(日本時間午後4時45分)にスタート。角田は3列目6番手から、名取は6列目11番手からポジションアップを狙います。

コメント

角田裕毅(レース1:6位)角田裕毅
「なかなかトップの方のペースにはついていけなくて、難しいレースでした。その後は4位争いという感じで、後ろを見ながらのレースでした。最後はちょっとポジションを落としましたが、(バトルの状況から)仕方ないかなと思います。レース2もスタートポジションは悪くないので、がんばります」

名取鉄平(レース1:11位)名取鉄平
「予選からセッティングをガラッと変えて、とてもいい感じでレースを楽しむことができました。予選まではダウンフォースをつけ過ぎていたようで、それを調整したら、速さを取り戻すことができ、オーバーテイクもできるペースでレースができました。得意のコースで自分らしい走りができたと思います。レース2にも期待できる内容だったので、明日もがんばります」

リザルト

レース1

順位 No. ドライバー マシン 周回数 タイム/差
118P.ピケTrident1737'40.863
228R.シュワルツマンPrema Racing17+2.222
327J.ダルバラPrema Racing17+7.621
43C.ルンドガードART Grand Prix17+14.837
521J.ヴィプスHitech Grand Prix17+15.498
614角田裕毅Jenzer Motorsport17+16.147
 
1129名取鉄平Carlin Buzz Racing17+32.465

フォトギャラリー

モータースポーツ >  Dream Challenge >  FIA-F3選手権 >  2019 第6戦 ベルギー 決勝・レース1

ニュース