MENU

HONDA

検索

FIA-F4
Round07 / 08
日本富士スピードウェイ

決勝

2019.08.03(土)・04(日)

静岡県 駿東郡

第7・8戦 富士スピードウェイ 決勝

佐藤が2戦連続でポールトゥウイン。HFDPが開幕8連勝

8月3日(土)~4日(日)、富士スピードウェイ(静岡県)でFIA-F4選手権シリーズ第4大会(第7戦、第8戦)が開催されました。HFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)からは三宅淳詞、太田格之進、佐藤蓮、小山美姫の4人が出走しました。

土曜日午前8時5分からの公式予選は、梅雨明けの晴天下で始まりました。30分間のセッションの結果、第7戦、第8戦ともに、ここまでシリーズ3勝を挙げている佐藤がポールポジション(PP)を獲得しました。一方で、三宅は第7戦で8番手、第8戦で7番手、太田は第7戦で9番手、第8戦で8番手、小山は第7戦で10番手、第8戦で9番手と、不本意なポジションにつくこととなりました。

公式予選終了後の午後1時45分、照りつける太陽のもとで、第7戦がスタートしました。PPの佐藤はクリーンスタートを決め、トップのまま第1コーナーへ飛び込みました。ところが中団でアクシデントが発生し、オープニングラップからセーフティカーが介入しました。

4周目に再スタートが行われ、佐藤はトップの座を譲らず、後続車を周回ごとに引き離していきました。一方、後方では9番手からスタートした太田が順位を上げ、7周目には5番手へ進出し、前を走る3台とともに2番手争いの集団を作りました。

佐藤は2番手集団を約1.5秒引き離してトップを走り、フィニッシュを目指しました。ところが12周目の1コーナーで中団にアクシデントが発生し、レースはその時点で赤旗が提示され中断されました。結局レースはそのまま打ち切られ、11周終了時点の順位で確定となり、佐藤は優勝を飾りました。フィニッシュ後、2番手の選手にペナルティーが科されたため以降の順位が繰り上がり、太田は4位、小山は8位、三宅は9位に入賞し、HFDPから出走した4選手全員がシリーズポイントを獲得しました。

日曜日も富士スピードウェイは、朝から夏の日差しが照りつけるコンディションとなりました。午前8時に第8戦がスタートしました。ポールポジションから第1コーナーに飛び込んだ佐藤がわずかに膨らみ、菅波冬悟にインを奪われて2番手へ後退してレースを始めることとなりました。佐藤はさらに1周目を終えるストレートで平木玲次にスリップストリームに入られ、3番手へ後退しました。

佐藤は4番手を引き離しながら、前を行く2台に続き、逆襲のチャンスを狙いました。4周目のダンロップコーナーで、佐藤は得意なブレーキングで飛び込み、順位を入れ替えて2番手へ復帰すると、さらにトップの平木を追いました。8周目、スリップストリームから第1コーナーへ飛び込んでいったん首位に抜け出したものの、クロスラインを取られて2番手のまま。佐藤は9周目に再び第1コーナーで攻め込み、今度は首位を奪い返すことに成功しました。

ところが10周目、逆にスリップストリームを使われて平木に迫られ、100Rで佐藤は2番手へ後退しました。レースが残り2周となった13周目、佐藤は第1コーナーでいったん前へ出ましたが、またクロスラインを取られて2番手へ引き下がり、最終ラップを迎えます。佐藤は最終コーナーで平木との間隔を詰め、スリップストリームに入ると、0秒180差の2番手で最終ラップのコントロールラインを通過し、第1コーナーではアウトへ飛び込みました。首位に抜け出した佐藤は、コカ・コーラコーナーで平木を押さえ込み、先頭を守ったまま1周を走りきってチェッカーフラッグを受けました。

佐藤は今季5勝目、富士では4連勝を遂げ、シリーズポイントランキング首位の座を固めました。太田は三宅と接触しながら9位でフィニッシュ、シリーズポイントを獲得しました。小山は13位、三宅は太田と接触した影響で10周でリタイアとなりました。

コメント

佐藤蓮(優勝/優勝)
佐藤蓮「前日の練習走行ではあまりいい感触ではなかったのですが、スリップストリームがうまく使えて2戦連続のポールポジションが獲れました。第7戦はスタートがすべてで、そのあとは自分のペースを守って走りきれました。第8戦では、最初順位を落としてしまいましたが、冷静に状況を見て前に出られました。昨年に比較すると精神的に強くなったなと成長を感じます」

小山美姫(8位/13位)
「前回の鈴鹿はアクシデントで思うように走れなかったので、得意な富士ではなんとかしたいと思っていました。でも予選ではスリップストリームが使えず、自分では非常に不本意なタイムしか出せませんでした。レースでは2レースとも、周囲に取り込まれてしまい、ペースはよかったのに順位を上げられず残念です。周囲をよく見て、どこで攻めるべきかどこで引くべきかについては、まだ勉強する必要があると思いました」

リザルト

Round 7

順位 No. ドライバー 車名 周回数 タイム/差
1 7 佐藤蓮 SRS/コチラレーシング 11 22'14.026
2 60 菅波冬悟 OTG OL F110 11 +1.829
3 98 石坂瑞希 TOEI BJRacing F110 11 +2.406
4 6 太田格之進 SRS/コチラレーシング 11 +3.121
5 39 岡本大地 SACCESS RACING F4 11 +7.442
6 63 川合孝汰 DENSOルボーセ IPG F4 11 +11.061
8 8 小山美姫 #USLETE Honda Racing 11 +12.387
9 5 三宅淳詞 HFDP/SRS/コチラレーシング 11 +12.836

Round 8

順位 No. ドライバー 車名 周回数 タイム/差
1 7 佐藤蓮 SRS/コチラレーシング 14 25'06.582
2 24 平木玲次 Media DoADVICS影山F110 14 +0.527
3 60 菅波冬悟 OTG OL F110 14 +1.679
4 37 平良響 FTRSスカラシップF4 14 +2.535
5 98 石坂瑞希 TOEI BJRacing F110 14 +3.985
6 63 川合孝汰 DENSOルボーセ IPG F4 14 +4.811
9 6 太田格之進 SRS/コチラレーシング 14 +9.399
13 8 小山美姫 #USLETE Honda Racing 14 +12.217
RT 5 三宅淳詞 HFDP/SRS/コチラレーシング 10 +4Laps

ポイントランキング

順位 No. ドライバー 車名 総合ポイント
1 7 佐藤蓮 SRS/コチラレーシング 161
2 60 菅波冬悟 OTG DL F110 102
3 6 太田格之進 SRS/コチラレーシング 92
4 37 平良響 FTRSスカラシップF4 66
5 63 川合孝汰 DENSOルボーセ IPG F4 65
6 24 平木玲次 Media DoADVICS影山F110 61
7 5 三宅淳詞 HFDP/SRS/コチラレーシング 58
         
15 8 小山美姫 #USLETE Honda Racing 4

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  Dream Challenge >  FIA-F4選手権 >  2019 第7・8戦 富士スピードウェイ 決勝 (FIA-F4)

ニュース