MENU
HONDA
検索

Photo:GB350 S

フレーム

しなやかで安心感のある乗り味

おだやかで扱いやすい操縦フィールを追求し、鋼管セミダブルクレードル式フレームを採用。スチールのしなやかさを最大限に引き出しながら、縦・横・ねじれ剛性のバランスを最適化することで安心感を高めています。また、エンジンを低い位置に置いて重心を下げ、エンジンとヘッドパイプ間の距離を長く取ることでフレームのしなり具合を最適化。安心感のある落ち着いた操作フィールと、心地いい手ごたえのあるハンドリングを実現しています。

イメージCG

スイングアーム

快適な乗り心地を、さらに高める

剛性の高い角断面鋼管を採用したスイングアーム。駆動力を無駄なく路面に伝えるとともに、路面からのショックを効率よく吸収。フレームやサスペンションとの相乗効果で、快適な乗り心地を実現しています。

イメージCG

サスペンション

心地よい走りを支える足まわり

前後とも120mmのストローク量を確保したサスペンションが、路面からのショックを吸収。大径φ41mmのインナーパイプを採用したフロントフォーク、応答性にすぐれたリアクッションとともに、快適な乗り心地を実現します。

Photo:GB350
Photo:GB350

ブレーキ&ABS

高い安心が、走りをもっとおもしろくする

フロントはφ310mm、リアはφ240mmと、クラス最大径のシングルディスクブレーキを採用。また、“GB”専用セッティングのABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備。タイヤのグリップ力を超えるブレーキの操作や急な路面変化によるタイヤのロックを回避し、さまざまなシーンの走りにゆとりと安心感をもたらします。
*Honda調べ。2021年3月現在、350ccクラス。
※ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。

Photo:GB350

タイヤ&ホイール

足元に、安定感と軽快さを両立

車体をしっかり支える安定感と、足元に軽快な印象を与えるデザイン性を両立した14本Y字型スポークホイールを採用。おだやかな乗り味をもたらすフレームに合わせ、剛性バランスを最適化しています。GB350 Sは、リアホイールを17インチに小径化し、グリップ特性と安定性に優れたワイドタイヤを装備。よりタフなイメージを演出します。

Photo:GB350
Photo:GB350
Photo:GB350 S
Photo:GB350 S