MENU
HONDA
検索

Round15シンガポールシンガポールGP

2019.09.22(日)

マリーナ・ベイ・ストリート・サーキット

第15戦 シンガポールGP

第15戦 シンガポールGP 決勝

緊張感高まる戦略的な一戦となったシンガポールGP決勝は、Hondaパワーユニットを搭載する4台のうち3台がポイントを獲得。さらにAston Martin Red Bull Racingのマックス・フェルスタッペンが表彰台を獲得する、すばらしい結果となりました。

レーススタート直後、フェルスタッペンはスタートポジションの4番手をキープ、そしてチームメートのアレクサンダー・アルボンも同じく6番手をキープしながら走行しました。対照的に後方のRed Bull Toro Rosso Hondaの2台は不運に見舞われてしまいました。ダニール・クビアトはミディアムタイヤで14番手からスタートしましたが、戦略が機能せず12周目にピットイン。ハードタイヤへ変更し、作戦を変更することとなりました。チームメートのピエール・ガスリーはハードタイヤでスタートし、最初のスティントをできる限り長く走行しました。レース半ばにミディアムタイヤへ変更するためにピットインするまでの間にはトップ3を走行するなど、素晴らしい走りを見せました。

前を走るマシンのペースが上がらない中、フェルスタッペンは19周目にピットインを行い、ハードタイヤへと変更。その後、遅めのタイミングでピットインを行ったルイス・ハミルトン(メルセデス)の前に出て、3番手へとポジションアップに成功しました。同じくアルボンもフェルスタッペンの1周後にピットインし、ポジションアップとはならなかったものの、6番手をキープしながら走行しました。

その後フェルスタッペンは前をふさぐ2台のフェラーリに迫りながら、後につけるハミルトンからポジションを死守し、今期2勝を含む、4度目の表彰台を獲得しました。

アルボンは6位入賞。セーフティカー後のリスタートで、ガスリーはまずはランス・ストロール(レーシングポイント)を、続いてキミ・ライコネン(アルファロメオ)、ケビン・マグヌッセン(ハース)を次々とオーバーテイクする勢いのある走りをみせ、8位で4ポイントを獲得しました。

同じくポイント獲得を狙ったクビアトでしたが、1コーナーでライコネンのオーバーテイクを試みた時に接触。ピットインを余儀なくされ、15位で今大会を終えることとなりました。

コメント

田辺豊治 | HONDA F1テクニカルディレクター
「今日のレースでは、Aston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手の健闘と、チームの適切なストラテジーにより、予選4番手から一つポジションを上げて3位表彰台を獲得できました。このような形で週末を終えられたことはよかったと感じていますが、一方で、高速のサーキットである前戦のモンツァ続き、低速サーキットのシンガポールでも、フェラーリの速さが際立った週末でもありました。Red Bull Toro Rosso Hondaについては、ガスリー選手が力強い走りでオーバーテイクを見せ、チームにとって貴重なポイントを獲得しました。クビアト選手もいいペースで走行していましたが、接触の影響もありポイント圏外に終わりました。Honda勢4台の入賞は逃しましたものの、堅実な走りを見せたRed Bullのアルボン選手とともに、3台入賞を果たせたことはよかったと思っています。終盤戦でさらなる巻き返しを見せられるよう、これからもプッシュを続けます」

ピエール・ガスリー
「レースをとても楽しむことができました。最初のセーフティカーのタイミングではうまくいかなかったこともありましたが、終盤はとてもエキサイティングなレースになりました。序盤はうまくいっていましたし、その時は、気付いていなかったのですが、ピットストップをする数周前には2番手を走行していたぐらい速さを見せることができました。しかし、セーフティカーのタイミングが悪く、3、4ポジション落としてしまい、とてもフラストレーションの溜まる瞬間でした。その後のライコネン選手をオーバーテイクすることに、全力を尽くしました。マグヌッセン選手とストロール選手とのバトルはとてもエキサイティングでしたし、ポイント獲得でレースを終えることができました。とても気分がいい結果です。タフな一戦ではありましたが、コンストラクターズチャンピオンシップでは混戦になっているので、チームにとってはすばらしい成果を挙げた一戦になりました。チームと共に毎戦前進していると感じることができ、とてもうれしいです。引き続きシーズン残りのレースも、チーム一丸となって戦っていきたいと思います」

ダニール・クビアト
「今日は僕の日ではなかったようです。今日のようなレースの時は、自分の非を認め、次のレースへと気持ちを切り替え進む必要があります。ポイント獲得のチャンスもありましたが、残念ながらそのチャンスをつかんで実現させることができませんでした。前方のマシンに引っかかり、納得のいく走行ができませんでした。言い訳はしたくありませんが、ミラーがなにかしらの理由で曇ってしまい視界がよくなかったため、余計なスペースを周りと取らなくてはならず、ディフェンディングするのに苦労してしまいました。ライコネン選手との接触によりマシンにダメージを負ってしまったことによりさらにレースは難しくなり、結果を妥協しなくてはならない、一戦となってしまいとても残念です」

アレクサンダー・アルボン
「レース中のほとんどがタイヤをうまくマネージメントすることだったので、体力的には楽な一戦でした。最後の20周だけは、体がきついと感じるくらいのプッシュをしていました。6番手からスタートし同じく6番手でレースを終えたこのレースは「マネージメントとの戦い」と呼べるのではないでしょうか。レースというよりは、淡々とプロセスを消化するだけの走行に感じたときもありました。レース中ずっとメルセデスの後ろでつかえてしまったことも、フラストレーションが溜まりました。抜きにくいコースであるためピットストップでポジションアップを狙いましたが成功させることができず、さらに何度かセーフティカーが出てしまいました。2スティント目でボッタス選手をオーバーテイクしたかったのですが、メルセデスを抜けるほどのペースがありませんでした。最初から最後までシルバーのリアウイングを見続けながら走行したのは、全く楽しいことではありませんでしたが、僕がプッシュすれば彼もプッシュし、タイヤをセーブするタイミングも同じで、まるで前方のハミルトン選手を前に行かせるため僕を足止めしているのではないかと思うほどでした。とはいえ、初めてのシンガポールでのレースは結果的にポジティブな一戦となりました。ペースもだいぶよくなり、前進していると感じています。レース中にも関わらず、スピードアップにつながるテクニックを見つけることもできました。驚いたことに観客の中にタイの国旗を持ってきてくれた方々が大勢いて、ここでの一戦が僕にとってもとても特別なレースになりました」

マックス・フェルスタッペン
「もちろん常に優勝を目指して戦っていますが、オーバーテイクが難しいこのようなコースで、一つポジション上げて表彰台を獲得できたことはとても前向きな結果だと思います。さらにいい結果を期待していたレースウイークではありましたが、予選で他車が見せていたペースから考えると、3位は十分にいい結果ではないでしょうか。レースはタイヤをうまく機能させるためにペースをコントロールすることが重要であり、幸運もあり、今日はそれをうまく実践することができたようです。前方のルクレール選手(フェラーリ)がうまくタイヤをコントロールできずにペースが上がらず、それが原因で全車が僅差だったので、ハミルトン選手をオーバーテイクすることができました。ピットストップ後はペースもよく、セーフティカー解除後も3番手を手堅く走行していました。残り数周の時にニュータイヤを装着したハミルトン選手が迫ってきましたが、最後まで抑えることができました。ファン目線ではそこまでエキサイティングな一戦ではなかったかもしれませんが、僕たちにとってここはただの公道サーキットというだけでなく、体にはタフながらも走っていて非常に楽しいという側面もあります。このレースウイークは期待した結果には届きませんでしたが、引き続き次戦まで改善に努めたいと思います」

決勝 リザルト

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム/差
15セバスチャン・ベッテルFerrari611:58'33.667
216シャルル・ルクレールFerrari61+2.641
333マックス・フェルスタッペンAston Martin Red Bull Racing61+3.821
444ルイス・ハミルトンMercedes61+4.608
577バルテッリ・ボッタスMercedes61+6.119
623アレクサンダー・アルボンAston Martin Red Bull Racing61+11.663
74ランド・ノリスMcLaren61+14.769
810ピエール・ガスリーRed Bull Toro Rosso Honda61+15.547
927ニコ・ヒュルケンベルグRenault61+16.718
1099アントニオ・ジョヴィナッツィAlfa Romeo61+27.855
118ロマン・グロージャンHaas61+35.436
1255カルロス・サインツJr.McLaren61+35.974
1318ランス・ストロールRacing Point61+36.419
143ダニエル・リカルドRenault61+37.660
1526ダニール・クビアトRed Bull Toro Rosso Honda61+38.178
1688ロバート・クビサWilliams61+47.024
1720ケビン・マグヌッセンHaas61+86.522
NC7キミ・ライコネンAlfa Romeo49DNF
NC11セルジオ・ペレスRacing Point42DNF
NC63ジョージ・ラッセルWilliams34DNF

フォトギャラリー

ニュース