MENU
HONDA
検索

Round09オーストリアオーストリアGP

2019.06.28(金)

レッドブル・リンク

第9戦 オーストリアGP

第9戦 オーストリアGP フリー走行

本日のオーストリアGP初日、Honda PUを搭載するマシンの4台は、力強いペースを示したマシンがあった一方で、クラッシュにより走行のチャンスを失ったマシンもありました。

FP1ではAston Martin Red Bull Racingの2台がそろってトップ6に入り、マックス・フェルスタッペンはトップから0.5秒以内に迫るタイムで5番手、ピエール・ガスリーはフェルスタッペンと0.118秒差の6番手につけます。Red Bull Toro Rosso Hondaの2台のタイムはさらに接近したものとなり、12番手のダニール・クビアトと13番手のアレクサンダー・アルボンのタイム差は0.013秒でした。

FP2ではクラッシュが多発し、2度の赤旗が出されました。1度目の赤旗の原因となってしまったのはフェルスタッペンでした。最終コーナーでスピンすると、タイヤバリアに向かってクラッシュ。マシンの後部にダメージを負ってしまいます。GPの初日をスペック2のPUで走行し、その後スペック3のPUに交換する予定だったため、レースウイークには影響がないものでした。しかし、今後PUが使用できなくなるような損傷があるかどうか、解析を進める予定です。

フェルスタッペンはこのトラブルに見舞われたため9番手となりましたが、ガスリーは2番手のバルテッリ・ボッタス(メルセデス)と0.07秒差の3番手。Red Bullのマシンにも慣れ、トップ集団の中で力強い走りをみせました。

アルボンは、今回のレースからスペック3のPUを投入しますが、PU交換のペナルティーにより、グリッド後方からの戦いとなります。それでも粘り強く走行を重ね、トップとのタイム差は1秒以内となる13番手でFP2を終えました。クビアトはここでもアルボンに迫るタイムで走行。アルボンと0.1秒差の15番手となりました。

コメント

田辺豊治 | HONDA F1テクニカルディレクター
「今日は風の影響によりコースオフしてマシンにダメージを受けるマシンが多くありました。Aston Martin Red Bull Racingのフェルスタッペン選手も不運にもFP2でダメージを負ってしまいました。なお、本日は金曜日用のPUを使用していたので、当初の予定通り今晩の作業でフランスGPにて投入したスペック3への交換を行います。クラッシュの影響を受けたPUについては早急にさくらに送り返し、ダメージ度合いを確認します。今回から4台全てのマシンにスペック3を適用することになりましたが、フェルスタッペン選手以外の3台についてはロングランも含めてセッティングの確認を進めることができました。明日も予選と決勝に向けて最適化を継続していきます」

アレクサンダー・アルボン
「後方からのスタートになることが分かっているので、通常と考え方を変えて週末を戦っています。ポール・リカールの結果を受けて、マシンの方向性を決めるためのテストを続けています。改善されたところもありますが、まだまだ上位進出には足りていないところもあると思います。一方で、(ペナルティーのために)いま僕がフォーカスしなければいけないロングランのペースは非常に力強いものがありました。マシンにはまずまず満足していますが、さらに習熟を深めて、ショートランでも上位に行けるよう、可能性を切り開きたいです」

ダニール・クビアト
「今日のマシンは少し走らせづらかったので、明日に向けて改善をしていこうと思います。マシンをよりよくするために、今晩多くの作業が必要になります。今日はエンジニアと協力していくつか異なる種類のセットアップを試しました。うまくいったものとそうでないものとがあったので、今日の走行で学んだすべてを明日以降に活かしたいと思います」

ピエール・ガスリー
ピエール・ガスリー「FP1からマシンのフィーリングがよく、プッシュすることができてよかったです。フランスGPの時よりかなりマシンがよくなっているように思います。FP2ではいろいろありましたが、僕らとしてはやりたかったテストをすべてできました。今日は本当に暑く、風が強かったのでトリッキーなコンディションでした。決勝で上位に進出するにはこの暑さへの対応が最も重要だと思います。縁石では多くのマシンが壊れたので、ライン取り次第では大きな代償を払うことになると思います。タイムでは3番手とかなりよさそうに見えますが、トップのフェラーリからは0.4秒離されているので、明日も集中を続けてもっとペースを上げなくてはなりません。ロングランではコースがクリーンなところで走れなかったので、今日の結果を分析して、決勝に向けて最適な戦略を決めていきたいです」

マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペン「マシンのフィーリングはよく、それなりに競争力があると思います。もちろん、もっといい走りがしたいですし、クラッシュする前まではよかったと思います。トラフィックの中でベストタイムを記録できたので、ラップタイム以上に上位に近づけると思います。マシンはよかったですが、コーナーとストレートのどちらにフォーカスしていくか、もう少しバランスを考える必要があるので、今晩分析していきます。最終コーナーでクラッシュしたときは、非常に風が強く、風向きも不安定なところに巻き込まれる形になってしまいました。そこでリアのグリップを失い、バリアに当たってしまいました。幸いなことに、クラッシュしたのは修理ができる箇所で、金曜日だったのでレース用のパーツばかりという状況でもありませんでした。ただ、チームにとってはこの後の仕事がたくさんあるので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。メルセデスが全開アタックをしていなかったので、僕らのパフォーマンスがどれほどのものか、端的に言うのは難しいですし、僕自身も慎重になっています。ただ、今日はマシン全体がうまく機能していて、これはポジティブな点だったと言えるでしょう」

リザルト

フリー走行1

順位 No. ドライバー チーム タイム/差
144ルイス・ハミルトンMercedes1'04.838
25セバスチャン・ベッテルFerrari+0.144
377バルテッリ・ボッタスMercedes+0.161
416シャルル・ルクレールFerrari+0.303
533マックス・フェルスタッペンAston Martin Red Bull Racing+0.422
610ピエール・ガスリーAston Martin Red Bull Racing+0.540
755カルロス・サインツJr.McLaren+0.664
83ダニエル・リカルドRenault+1.008
920ケビン・マグヌッセンHaas+1.038
104ランド・ノリスMcLaren+1.287
118ロマン・グロージャンHaas+1.297
1226ダニール・クビアトRed Bull Toro Rosso Honda+1.434
1323アレクサンダー・アルボンRed Bull Toro Rosso Honda+1.447
1427ニコ・ヒュルケンベルグRenault+1.545
1511セルジオ・ペレスRacing Point+1.619
1699アントニオ・ジョヴィナッツィAlfa Romeo+1.870
177キミ・ライコネンAlfa Romeo+1.891
1818ランス・ストロールRacing Point+1.918
1963ジョージ・ラッセルWilliams+1.967
2088ロバート・クビサWilliams+2.827

フリー走行2

順位 No. ドライバー チーム タイム/差
116シャルル・ルクレールFerrari1'05.086
277バルテッリ・ボッタスMercedes+0.331
310ピエール・ガスリーAston Martin Red Bull Racing+0.401
444ルイス・ハミルトンMercedes+0.443
555カルロス・サインツJr.McLaren+0.459
68ロマン・グロージャンHaas+0.615
77キミ・ライコネンAlfa Romeo+0.642
85セバスチャン・ベッテルFerrari+0.785
933マックス・フェルスタッペンAston Martin Red Bull Racing+0.793
104ランド・ノリスMcLaren+0.866
1120ケビン・マグヌッセンHaas+0.874
1211セルジオ・ペレスRacing Point+0.878
1323アレクサンダー・アルボンRed Bull Toro Rosso Honda+0.978
1499アントニオ・ジョヴィナッツィAlfa Romeo+1.033
1526ダニール・クビアトRed Bull Toro Rosso Honda+1.062
1627ニコ・ヒュルケンベルグRenault+1.163
173ダニエル・リカルドRenault+1.332
1818ランス・ストロールRacing Point+1.743
1963ジョージ・ラッセルWilliams+2.131
2088ロバート・クビサWilliams+3.422

フォトギャラリー

モータースポーツ >  フォーミュラ・ワン世界選手権 >  2019 第9戦 オーストリアGP フリー走行

ニュース