MENU

HONDA

検索

Preseason testingスペインスペイン

テスト2日目

2018.02.27(火)

ドライバー:ピエール・ガスリー

会場:カタルニア・サーキット(スペイン・バルセロナ)

全長:4.655km

周回数・走行距離:82周

ベストラップタイム:1分21秒318

2日目は、低温で厳しいコンディションの中、ガスリーが走行
ロングランも含めトータル82周、順調に周回を重ねる

スペイン・バルセロナでのテスト2日目は、前日よりもさらに気温が下がり、午前の気温が0度という寒さの中で行われました。シーズンオフに再舗装されたカタルニア・サーキットの路面と低い気温によって、タイヤのグリップレベルは非常に低い状況です。Red Bull Toro Rosso Hondaは、ピエール・ガスリーが2日目の走行を担当。午前は5回のインアウトにとどまりましたが、正午を過ぎて20周の連続走行を行うなど、厳しいコンディションの中で精力的に周回を重ね、トータル82周を走行し、多くのテストプログラムを消化しました。

テストは3月1日(木)までの4日間と、3月6日(火)から9日(金)までの4日間、計8日間が行われる予定です。

ピエール・ガスリー

コメント

ピエール・ガスリー選手ピエール・ガスリー
「かなり厳しいコンディションだったので、予定よりも走り込むことはできませんでした。午後には、初めてF1マシンを雪の中で走らせるというとても珍しい経験もしました。ただ、いい走りをできたタイミングもありましたし、マシンとエンジンに対する理解を深めることができています。いくつか興味深いテストもできて、全体的には満足のいく一日でした。初走行の感触としてはポジティブで、マシンは低速、中速、高速それぞれのコーナーで安定感があります。まだすべきことはたくさんありますが、いい方向へ向かっていると思います。これまで予選シミュレーションやプッシュしたラップを行っておらず、走行距離を伸ばすことを目指して取り組んでおり、天候によってプラン変更を強いられながらも、今のところ目的は果たせています。午前中はあまり走行できませんでしたが、全体的にはコース上で使える時間を最大限に活用し、このコンディションでのベストを尽くせたと思います」

ジェームズ・キー|Scuderia Toro Rossoテクニカルディレクター
「今日はピエールの初走行でした。昨日同様にかなり寒いコンディションで、残念ながら低気温とグリップレベルの低さによって走行時間は限られてしまいました。他のチームも同じ状況とはいえ、フラストレーションのたまる一日でした。そんな中、ピエールは本当にいい仕事をしていました。走り出しから安定し、マシンの感触やコースコンディション、タイヤのウォームアップなど、今日のような気温では判断が難しい事柄を、うまく感じ取ってくれました。今日の走行で、マシンのフィーリングとタイヤの反応について自信と理解を深めてくれたと思います。走行時間が限られた中で、ピエールは周回数を伸ばしてくれました。午後にはシャシーに関連する小さな問題があり、やや後れを取りました。これは大きなトラブルではないものの、解決に少し時間がかかってしまいました。一方でパワーユニットは今日も終始とてもスムーズに機能していました。今日はテスト項目の中でも最重要視しているものをいくつか試せましたし、マシンの挙動についてもより多くを学習できました。これにより、マシンのセットアップの方向性や、今後のテストで試せることが分かり、さらに前進できると思います。これまでも話してきた通り、走行距離を伸ばすことが最優先事項であり、現時点ではあまりパフォーマンスレベルに重きを置いていません。来週のテストで細部を詰められるよう、引き続き取り組んでいきます」

田辺豊治|Honda F1 テクニカルディレクター
「昨晩は少し雪がちらつき、今日も朝から終日気温が低い中でのテスト2日目となり、マシンにとっては厳しいコンディションでの走行でした。そのような中、長めの走行も含めて周回を重ね、テストプログラムを消化することができました。チームは足回りのセッティングや空力の基礎データ収集などを行い、一方パワーユニット(PU)側では昨日に続き機能確認を中心にプログラムを進めています。テスト初走行となったガスリー選手は、タイヤのグリップが足りない状況でもアクシデントなく多くの周回を重ね、素晴らしい仕事をしてくれたと思います。初日から続く予想外に低い気温と路面温度の影響はあるものの、本日は82周の走行ができました。昨日に続き大きな問題もなくテスト2日目を終えられたことはよかったです。明日以降も今日までのいい流れを引き継ぎ、しっかりと走行を重ねたいと思います」

本日のテストタイム

順位 ドライバー マシン タイム 周回数
1 セバスチャン・ベッテル Ferrari 1'19.673 98
2 バルテッリ・ボッタス Mercedes 1'19.976 94
3 ストフェル・バンドーン McLaren 1'20.325 37
4 マックス・フェルスタッペン Red Bull 1'20.326 67
5 カルロス・サインツ Renault 1'21.212 65
6 ピエール・ガスリー Toro Rosso Honda 1'21.318 82
7 ロバート・クビサ Williams 1'21.495 48
8 セルゲイ・シロトキン Williams 1'21.822 52
9 エステバン・オコン Force India 1'21.841 79
10 シャルル・ルクレール Sauber 1'22.721 81
11 ケビン・マグヌッセン Haas 1'22.727 36
12 ニコ・ヒュルケンベルグ Renault - 0

フォトギャラリー

ニュース

モータースポーツ >  F1 >  2018 バルセロナテスト1:2日目レポート