MENU

HONDA

検索
Formula 1
モータースポーツ > F1世界選手権 > 第14戦 トルコGP 予選
レース
トルコ 第14戦 8月21日
トルコGP
グランプリ情報 プレビュー
フリー走行 予選 決勝 フォトギャラリー
リザルト
グランプリ情報
Rd. Date
01 3/6 オーストラリアGP
02 3/20 マレーシアGP
03 4/3 バーレーンGP
04 4/24 サンマリノGP
05 5/8 スペインGP
06 5/22 モナコGP
07 5/29 ヨーロッパGP
08 6/12 カナダGP
09 6/19 アメリカGP
10 7/3 フランスGP
11 7/10 イギリスGP
12 7/24 ドイツGP
13 7/31 ハンガリーGP
14 8/21 トルコGP
15 9/4 イタリアGP
16 9/11 ベルギーGP
17 9/25 ブラジルGP
18 10/9 日本GP
19 10/16 中国GP
第14戦 トルコGP
拡大する
ともに予選アタックでコースオフ。バトン13番手、佐藤14番手タイム
8月20日(土)・予選
サーキット:イスタンブールパーク・サーキット 天候:晴れ 気温:30℃

 トルコGP予選で、B・A・R Hondaのジェンソン・バトン、佐藤琢磨は、アタック中に同じ8コーナーでコースオフ。コースに復帰し、アタックラップを継続したものの、13番手と14番手タイムに終わった。

第14戦 トルコGP拡大する
第14戦 トルコGP拡大する

 前日に高い降水確率の天気予報が流れたこともあり、2日目は雨によるウエット路面が心配された。ところが、イスタンブールパーク・サーキットは、朝から青空の広がる好天に恵まれ、各マシンは予選、レースに向けての走り込みに集中した。そんな中、B・A・R Honda勢は前日の好調を維持し、午前中2回目のフリー走行は、バトン2番手、佐藤6番手タイムにつけ、予選に向けて順調な仕上がりを見せた。

 午後になってやや雲が多くなったものの、依然として雨の降る気配はない。予選の始まる午後1時には、気温は30℃を突破。路面温度も45℃まで上がった。セッション中盤過ぎ、13番手で佐藤がコースイン。最初の区間はスムーズにクリア。しかし第2区間、先に走ったJ・ビルヌーブ(ザウバー)がスピンを喫した左高速の8コーナーを曲がりきれずにコースオフ。体勢を立て直してコースに復帰したものの、大きくタイムロスしてしまう。

 最終組のトップ、16番手で出走したバトンは、最初の区間で最速タイムをマーク。しかし、その後佐藤がコースオフしたのと同じ8コーナーでマシンのバランスを崩してしまう。一度はうまくマシンの体勢を立て直したかに見えたが、結局コースをはみ出してしまった。バトンも佐藤同様コースに戻り、予選ラップを続けたものの大きくタイムロスし、上位グリッド獲得を逃してしまった。

 その後もM・シューマッハ(フェラーリ)がスピンするなど荒れた予選となり、最終的にバトンは13番、佐藤は14番手タイムという不本意な結果となった。ポールポジションは、K・ライコネン(マクラーレン)だった。

第14戦 トルコGP拡大する
第14戦 トルコGP拡大する
コメント

ジェンソン・バトン
3回目フリー走行 2番手 1分27秒031
4回目フリー走行 2番手 1分26秒599
予選 13番手 1分30秒063
「フリー走行では、他チームがリアの挙動にかなり苦しんでいたのに対し、僕らは高速コーナーで何の問題もなく走れていたんだ。それなのに、予選は残念な結果になってしまった。今週末はここまでとても速かったので、ものすごく残念だよ。でも、まだ全てが失われたわけではない。明日は13番グリッドからのスタートだけど、ここからポジティブな結果を出せると信じているよ」

佐藤琢磨
3回目フリー走行 5番手 1分27秒159
4回目フリー走行 6番手 1分27秒308
予選 14番手 1分30秒175
「良いスタートを切れたグランプリでしたが、予選がこんな結果になってしまってとても残念です。ターン8でマシン後部のボトミングがひどく、アンダーステアが出て膨らんでしまいました。今日は良い結果を期待していただけに、チームには申し訳なく思います。僕にできることは、気持ちを前向きに保って、自分にできる最高の仕事をして、明日のレースでポジションを上げていくしかありません。マーク・ウェーバーとの件は、無線に問題があって、チームから彼のポジションを伝えてもらうことができませんでした」

ジル・ド・フェラン B・A・R Hondaスポーティングディレクター
「確かに、今日の予選結果には落胆している。両ドライバーとも、ここまでは常にタイムシートの上位に名を連ね、素晴らしい走りを見せていたので、良いグリッドポジションを期待していた。しかし、マシンが戦闘力を見せていたのは良い兆しであり、明日のレースではまだチャンスが残っていると思う」

中本修平 Honda Racing Developmentエンジニアリングディレクター
「今日の予選は悪い結果となってしまいましたが、週末のここまで、マシンは良いパフォーマンスを見せてきました。明日のレースではさらにポイントを獲得できるよう、最善を尽くします」

ページの先頭へ
予選リザルト
順位 No. ドライバー コンストラクター タイヤ タイム
1 9 K.ライコネン マクラーレン M 1:26.797
2 6 G.フィジケラ ルノー M 1:27.039
3 5 F.アロンソ ルノー M 1:27.050
4 10 JP.モントーヤ マクラーレン M 1:27.352
5 16 J.トゥルーリ トヨタ M 1:27.501
6 8 N.ハイドフェルド ウィリアムズ M 1:27.929
7 7 M.ウェーバー ウィリアムズ M 1:27.944
8 12 F.マッサ ザウバー M 1:28.419
9 17 R.シューマッハ トヨタ M 1:28.594
10 15 C.クリエン レッドブル M 1:28.963
11 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:29.369
12 14 D.クルサード レッドブル M 1:29.764
13 3 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:30.063
14 4 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:30.175
15 18 T.モンテイロ ジョーダン B 1:30.710
16 21 C.アルバース ミナルディ B 1:32.186
17 1 M.シューマッハ フェラーリ B -
18 11 J.ビルヌーブ ザウバー M -
19 19 N.カーティケヤン ジョーダン B -
20 20 R.ドーンボス ミナルディ B -
※予選14番手の佐藤は、進路妨害のペナルティでタイム取り消し(グリッドはレース前に発表)。
ページの先頭へ