MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
F1
F1
第7戦 ヨーロッパGP
モータースポーツTOPへ
ドイツ Round 7
European GP
前ラウンド 次ラウンド 2004 May,30
F1 TOPへ
グランプリ情報
1日目
予選
コメント
リザルト
決勝
ポイント
B・A・R Hondaの佐藤琢磨が日本人初の2番グリッド、フロントローを獲得!

5月29日(土)・予選
サーキット:ニュルブルクリンク 天候:晴れ 気温:19℃

佐藤琢磨
佐藤琢磨

 ヨーロッパGP2日目の予選で、Lucky Strike B・A・R Hondaの佐藤琢磨が、日本人として初めての2番グリッド、フロントローを獲得した。Honda F1参戦40周年となる記念すべきグランプリに、素晴らしい花を添えた。チームメイトのジェンソン・バトンも予選5番手タイムで、3列目グリッドから明日の決勝レースに臨む。

 天候の悪化が心配されたヨーロッパGPの週末だったが、2日目の土曜日も朝から抜けるような青空が広がった。それでも午前中の気温は前日同様低く、フリー走行開始時の午前9時で14℃。路面温度もわずか18℃しかない。とは言え路面のグリップは次第に上がり、各マシンは初日タイムを大きく縮めて行く。午前中のベストタイムは、B・A・R Hondaのジェンソン・バトン。ただひとり1分29秒の壁を破って、1分28秒827をたたき出した。ちなみにこれは、昨年のポールタイムをほぼ2秒7縮める好記録。佐藤も1分29秒064のタイムで、M・シューマッハ(フェラーリ)に次ぐ3番手に付けた。

 午後もサーキット上空は快晴。午後1時からの1回目予選では、モナコGPを2位でフィニッシュしたバトンが、2番手で出走した。午前中の自己ベストを100分の1秒縮める好走を見せ、序盤アタックのハンデにもかかわらず、総合5番手につけた。そして17番手出走の佐藤は、3つの区間全てで最速タイムをマーク。2番手M・シューマッハをコンマ6秒近く上回る、1分27秒691のレコードタイムで、堂々トップに立った。

 注目の2回目予選。出走最終グループの5人の中に、B・A・R Honda勢の2人が入っている。気温は19℃、路面温度41℃というコンディションは1回目予選とあまり変わらないが、風は強まった。午後2時44分過ぎに、バトンがアタックを開始する。第3コーナーで、わずかにアウト側にはらんでしまいタイムロス。第2、第3区間も1回目予選の自己ベストタイムに届かず、1分29秒245のタイムで暫定3番手。セッション後半になって、全般的にタイムの伸びが落ちている。1回目のタイムを更新できたのは、ここまででN・ハイドフェルド(ジョーダン)とルノーのJ・トゥルーリだけだ。

 1回目予選のアタック直後に止まってしまった、D・クルサード(マクラーレン)は出走を取りやめ、残るのはシューマッハ兄弟と佐藤の3人となった。先に出走したR・シューマッハ(ウィリアムズ)もやはりペースが伸びず、暫定7番手タイム。しかし続くM・シューマッハは、さすがに速い。暫定ポールポジションのトゥルーリにコンマ8秒近い差をつけて、トップタイムを記録。そして、いよいよ1回目予選でトップタイムを記録した佐藤が、予選の最後にコースインした。

 佐藤はスムーズな走りを見せるが、最初の区間でM・シューマッハのコンマ1秒遅れ。次の区間でコンマ4秒以上の差が開いて、ポールポジション獲得には手が届きそうにない。とは言え安定したドライビングに終始し、M・シューマッハに続く2番手タイムを獲得。佐藤は自身が第4戦スペインGPで記録した日本人初の予選3番手の記録を塗り替え、日本人F1ドライバーとして初めて、フロントローを獲得した。最終的にバトンは5番グリッドを獲得。ポールポジションは、M・シューマッハ(フェラーリ)だった。

リザルト ページトップへ

佐藤琢磨 2番手 1分28秒986
佐藤琢磨
「スターティンググリッドの一列目という最高の結果を出せて、とても興奮しています! スペインで予選3番手を獲得したときも素晴らしい瞬間でしたが、まだまだ進歩を続けなくてはと自分でも思っていたところ、この結果を出すことができました。アタックラップはとてもスムーズでした。ゾクゾクしましたよ。路面コンディションは常に変化していたんですが、僕のときは1回目予選のコンディションと似ていたので、上手く行く自信はありました。マイケルのラップには正直驚きましたが、それによる影響はありませんでした。自分のやるべき仕事のことだけを考えて実行した結果、全て上手く行きました。今日の結果は色々な意味で特別ですね。日本人にとって始めてのフロントローでもありますし、もう最高です。是非とも表彰台を狙って行きたいです。でも、ひとまず今からは、記念すべき今日を楽しみたいと思います」

ジェンソン・バトン 5番手 1分29秒245
J.バトン
「もっと上手く走ることができたはずなのに、今日の予選ラップにはがっかりだよ。今週はフロントローを取るつもりでいたのだけど、ずっとグリップ不足が続いていて、予選でも同じ状態だった。路面コンディションが変わりやすいので、明日もどうなるのか分からないよね。でも、マシンの状態は良いし、追い越しのチャンスを無駄にしないように頑張ります」

中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「やりましたね! 2台共に上位からのスタートで、表彰台のチャンスが増えました。琢磨は初めてのフロントロースタートですから、おめでとうを言いたいですね」

予選リザルト ページトップへ
順位 No. ドライバー チーム タイヤ タイム
1 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:28.351
2 10 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:28.986
3 7 J.トゥルーリ ルノー M 1:29.135
4 6 K.ライコネン マクラーレン M 1:29.137
5 9 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:29.245
6 8 F.アロンソ ルノー M 1:29.313
7 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:29.353
8 3 JP.モントーヤ ウィリアムズ M 1:29.354
9 4 R.シューマッハ ウィリアムズ M 1:29.459
10 17 O.パニス トヨタ M 1:29.697
11 16 C.ダ・マッタ トヨタ M 1:29.706
12 14 M.ウェーバー ジャガー M 1:30.797
13 15 C.クリエン ジャガー M 1:31.431
14 18 N.ハイドフェルド ジョーダン B 1:31.604
15 19 G.パンターノ ジョーダン B 1:31.979
16 12 F.マッサ ザウバー B 1:31.982
17 21 Z.バウムガルトナー ミナルディ B 1:34.398
18 5 D.クルサード マクラーレン M -
19 11 G.フィジケラ ザウバー B -
20 20 G.ブルーニ ミナルディ B -
Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ