MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
F1
F1
第5戦 スペインGP
モータースポーツTOPへ
スペイン Round 5
Spanish GP
前ラウンド 2004 May,09
F1 TOPへ
グランプリ情報
1日目
予選
コメント
リザルト
決勝
ポイント
スペインGP予選で、佐藤琢磨が日本人最高の3番グリッドを獲得

5月8日(土)・予選
サーキット:カタルニア・サーキット 天候:晴れ 気温:20℃

佐藤琢磨
佐藤琢磨

 スペインGP2日目の予選で、Lucky Strike B・A・R Hondaの佐藤琢磨が、日本人最高位となる3番グリッドを獲得。ジェンソン・バトンは、タイムアタック中の第2区間で僅かにコースをはみ出しタイムロス。14番グリッドから明日の決勝レースに臨むこととなった。

 前日の夕方からサーキット付近は雨に見舞われ、せっかく付いた路面のゴムは、あらかた流されてしまったが、朝までには天候も回復。サーキットの上空には青空が広がった。しかし、午前9時の時点で気温は11℃、路面温度15℃と、前日以上に涼しいコンディション。路面がまだ完全に乾き切っていないこともあり、2日目のフリー走行は、ゆっくりとしたペースで始まった。

 前日午後の2回目フリー走行を、クラッチのトラブルのため、ほとんど棒に振ってしまった佐藤だが、今日は順調に周回を重ねる。予選前、最後に行なわれたフリー走行セッション終盤には、今週末を通してただ一人1分14秒台のタイムに突入。M・シューマッハ(フェラーリ)をコンマ18秒しのいで、日本人ドライバーとして初の、セッション1番手に躍り出た。バトンはコンマ8秒遅れの6番手タイムだった。

 1回目予選の始まる午後1時の時点で、天候は引き続き快晴。路面温度は38℃まで上がった。2番目に出て行ったバトンは総合11番手のタイム。2回目予選は、10番手での出走となる。そして16番目に出て行った佐藤は、チームメイトよりコンマ28秒速いアタックで、10番手タイム。11番目の出走となった。この1回目予選でのトップタイムは、JP・モントーヤ(ウィリアムズ)だった。

 午後2時からの2回目予選が始まるころには、気温は20℃、路面温度は40℃近くまで上昇した。天候も引き続き快晴で、絶好のコンディション。開始後20分過ぎにアタックに出て行ったバトンは、最初の区間で最速タイムをマーク。2戦連続のポールポジション獲得に向けて、期待は高まった。ところが第2区間、7コーナーの立ち上がりでアウト側にはらんでしまい、僅かにコースをはみ出してしまう。ここで大きくタイムロスしたバトンは、1分17秒575のタイムで10人中5番手。最終的には、14番グリッドからのスタートとなった。

 バトンに続いて佐藤がアタックを開始。第1区間は、バトンからわずか100分の1秒遅れの好タイムをマーク。そして次の区間では最速タイムをたたき出す。直後のヘアピンで、若干挙動を乱してしまう場面もあったが、それでも1分15秒809と、暫定トップのタイムを記録。このまま行けば、B・A・R Honda としては2戦連続、日本人として初めてのポールポジションの獲得だ。しかし、その次に出て行ったM・シューマッハは佐藤のタイムをコンマ8秒上回り、トップタイムを記録。ここで佐藤は暫定2番手。その後のドライバーは佐藤を上回るタイムを出せなかったが、セッション最後にアタックしたJP・モントーヤが、コンマ17秒佐藤を上回るタイムを記録した。佐藤は惜しくもフロントローの獲得はならなかったが、日本人として過去最高の3番グリッドを獲得し、十分に表彰台を狙える、自己ベストポジションから明日の決勝レースに臨むこととなった。

リザルト ページトップへ

中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「今日は琢磨が素晴らしい走りを見せてくれ、予選3位を獲得してくれました。マシンの調子は良いですから、明日の決勝では十分連続表彰台を狙っていけると思います」

佐藤琢磨 3番手 1分15秒809
佐藤琢磨
「過去最高の3番手ポジションからスタートできるなんて、本当に嬉しいですね。僕だけでなく、Hondaやチームをサポートしてくれている全ての人達にとっても、良かったと思います。昨日はトラブルのおかげで、あまり良い日とは言えませんでしたが、今朝はとても有意義なフリー走行ができましたし、マシンの感触もとても良かったので、予選でも良い結果を残せるのではという予感がしていました。このサーキットは結構難しいんですよ。コースコンディションは常に変化するし、タイムアタックの時は風も吹いていました。最初から最後まで気を抜けないことがわかっていたので、結果には満足しています。パーフェクトなラップとは言えませんでしたね。第1区間は良かったんですが、第2区間に入ってから少し挙動が神経質になってきました。その結果、第3区間でも少しタイムをロスしましたね。でも、このサーキットのことは良く知っているので、明日は全力を尽くすだけです。今回はマシンのバランスも良く、表彰台獲得も十分チャンスがあると思います。簡単にはいかないでしょうけど、頑張ります」

ジェンソン・バトン 14番手 1分17秒575
J.バトン
「予選ラップは失敗だった。今週末はセットアップで少してこずったところもあったけれど、とても良いスタートを切れたんだ。風が強くなったりと、1回目予選の時からコンディションが急変してしまったことも、僕が失敗した原因の一つだと思うよ。最初の区間は上手くいった。グリップは良かったんだけれど、アンダーステアが出てきて、7コーナーでコースをはみ出してしまった。芝生の上に出てしまったおかげで、アクセルを戻さなければならず、結果14番手まで落ちてしまい悔しいよ。時にはこんなこともあるよね。琢磨は良くやったと思うけど、僕は後ろのグリッドからのスタートだから、タフなことは確かだね。今晩は、少しでも挽回できるよう、明日のレース戦略についてじっくりと考えるよ」
予選リザルト ページトップへ
順位 No. ドライバー チーム タイヤ タイム
1 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:15.022
2 3 JP.モントーヤ ウィリアムズ M 1:15.639
3 10 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:15.809
4 7 J.トゥルーリ ルノー M 1:16.144
5 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:16.272
6 4 R.シューマッハ ウィリアムズ M 1:16.293
7 17 O.パニス トヨタ M 1:16.313
8 8 F.アロンソ ルノー M 1:16.422
9 14 M.ウェーバー ジャガー M 1:16.514
10 5 D.クルサード マクラーレン M 1:16.636
11 16 C.ダ・マッタ トヨタ M 1:17.038
12 11 G.フィジケラ ザウバー B 1:17.444
13 6 K.ライコネン マクラーレン M 1:17.445
14 9 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:17.575
15 18 N.ハイドフェルド ジョーダン B 1:17.802
16 15 C.クリエン ジャガー M 1:17.812
17 12 F.マッサ ザウバー B 1:17.866
18 20 G.ブルーニ ミナルディ B 1:19.817
19 19 G.パンターノ ジョーダン B 1:20.607
20 21 Z.バウムガルトナー ミナルディ B 1:21.470
Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ