MENU

HONDA

検索
Hondaホームページ
モータースポーツ
F1
F1
第1戦 オーストラリアGP
モータースポーツTOPへ
オーストラリア Round 1
Australian GP
次ラウンド 2004 March,07
F1 TOPへ
グランプリ情報
1日目
コメント
リザルト
予選
決勝
ポイント
シーズン開幕戦の1日目フリー走行で、バトン4番手、佐藤は12番手

3月5日(金) ・1日目フリー走行
サーキット:アルバートパーク・サーキット 天候:曇りのち晴れ 気温:22℃

J.バトン
J.バトン

 2004年開幕戦オーストラリアGPの初日フリー走行で、Lucky Strike B・A・R Hondaのジェンソン・バトンが、トップ勢に食いこむ4番手のタイムを出し、ウインターテストの好調ぶりを開幕戦でも発揮して見せた。チームメイトの佐藤琢磨は12番手。第3ドライバーのアンソニー・デビッドソンは15番手だった。

 ジェンソン・バトン、佐藤琢磨の新しい布陣で臨む開幕戦オーストラリアGP。今季から初日金曜日はフリー走行のみとなり、この日に限って選手権5位のB・A・R Honda以下のチームは、第3ドライバーも走行できることになった。GP3日間を1基のエンジンで走り切らなければならないため、レギュラードライバーは、できるだけ周回数を押さえてエンジンをいたわりたいところ。その意味からも、第3ドライバーであるアンソニー・デビッドソンの初日フリー走行での役割は、非常に重要となる。

 前日は気温40度に達しようという猛暑のメルボルンだったが、この日は昼前で20度と、打って変わって過ごし易い陽気となった。心配された強風も収まり、走行には絶好のコンディション。とはいえ市街地コースのアルバートパークのため、路面のグリップは非常に低い。午前11時から始まった1回目のセッション序盤は、ほとんど各チームの第3ドライバーだけが走る展開となった。

 それでも30分を過ぎたあたりから、レギュラードライバーが走行を開始する。午前中の最高タイムは、フェラーリのミハエル・シューマッハで、ジェンソン・バトンは8番手。佐藤琢磨は13番手。そしてデビッドソンは全24人中最多の25周を走って、第3ドライバー中最速の9番手につけた。

 午後にはサーキット上空は晴れ間が広がり、気温も22度、路面温度は38度まで上がった。フェラーリの速さは変わらず、すぐにトップ1-2を占める。しかしB・A・R Hondaも負けずに、バトンが、その時点で4番手のタイムを出し、トップ勢に食いついた。佐藤はセッション開始10分後に、12コーナーでアウト側にはみ出しスピンを喫してしまう。あわやコンクリートウォールに激突かと思われたが上手くマシンをコントロールし、自力でピットイン。その後再びコースインした佐藤は、バトンをしのぐタイムで暫定7番手につけた。

 バトンは終盤の53分、1分25秒786のベストタイムを叩き出して、堂々4番手のポジションを獲得する。ところがその次の周回で、突然のスローダウン。そのままコース脇にマシンを止めてしまった。一方の佐藤はセッション終了間際に再びコースインしたが、タイムを更新することはできず、12番手に終わった。デビッドソンは15番手だった。

コメント ページトップへ
中本修平 エンジニアリング・ディレクター Honda Racing Development
「初日にしてはまずまずの出来で、ウインターテストをベースに予測した通りの結果でした。アンソニーが頑張ってくれましたが、2回目のセッション中に幾つか小さな問題があって、予定していたプログラムの全ては消化できませんでした。ジェンソンは最終ラップで問題が発生してしまいましたが、チームは問題点を見つけ、対策は万全です。とにかく、レースの現場に戻れて、なかなか良い気分です」

ジェンソン・バトン 4番手 1分25秒786
J.バトン

「新しいシーズンの始まりは、とても興味深いものになった。アンソニーにドライビングをほとんど任せっきりというのは、不思議な感じがするよね。彼のおかげで僕と琢磨は第2セッションにむけて、豊富なデータを取得することが出来た。今シーズン、僕と琢磨が決勝当日までにどれだけエンジンを温存出来るかどうかは、彼の活躍にかかっていると言ってもいいよね。僕達は3人とも、テストの時と同様にすごく上手くやっていけてるよ。去年から同じ顔合わせのコンビだから、改めて付き合い方を考える必要も無いので、このことも他のチームと比べて有利だと思う。マシンのフィーリングは良いし、タイヤの選択肢も豊富にあるから、B・A・R Honda 006にとって良いデビュー戦になると思うよ。路面がきれいになるにしたがって、コンディションがどんどん良くなっているから、明日更にセットアップを煮詰めるのが楽しみだよ。予選は面白くなりそうだね」

佐藤琢磨 12番手 1分26秒967
佐藤琢磨
「グランプリに再び戻って来ることができ、とても嬉しいです。しかし、新しいルールに合わせるのは、とてもチャレンジングですね。走行時間はあまりなく、タイヤ選択は簡単ではありませんね。でも、チームが一丸となって上手く仕事をしていますし、我々3人のドライバーで同じ方向に向かって進んでいるので、心配はしていません。とにかく、今週末のこれからの展開がとても楽しみですよ」

アンソニー・デビッドソン 15番手 1分27秒516
「天候の良くない寒冷地で冬期テストを終えた後、メルボルンは、2004年シーズン開幕戦を迎えるのに絶好の地です。アルバートパーク・サーキットは、ブレーキによるタイヤ摩損がかなりあり、落葉の季節ですのでラジエターダクトが落ち葉を吸い込んで冷却系統に問題が生じたことがこれまでにありましたが、ドライバーやマシンにとっては、それほど過酷なコースではないと思います。シーズン前に膨大な距離をテスト走行したので、ニューマシンのパフォーマンスレベルと信頼性には自信があります。このサーキットでいいリザルトを出せる可能性があるのは確かです。マシンのポテンシャルの高さを自覚してそれを引き出し、2台共ポイントを獲得してフィニッシュさせることがチームの任務です。各GPレースに1台のエンジンしか使えないという新しいレギュレーションが採用される最初のレースですので、エンジンの信頼性が一番の注目を集めることになります。大半のチームが、金曜日のフリー走行をかなり控えめなものにするのではないでしょうか。この点、B・A・Rは金曜日にはアンソニー・デビッドソンが第3のマシンで走行するので有利と言えます。エンジニアとレースドライバーは、この走行から得られる貴重な情報を、レースで使用するタイヤ選びに最大限に活かすつもりです」
フリー走行2 リザルト ページトップへ
順位 No. ドライバー チーム タイヤ タイム
1 1 M.シューマッハ フェラーリ B 1:24.718
2 2 R.バリチェロ フェラーリ B 1:24.826
3 7 J.トゥルーリ ルノー M 1:25.757
4 9 ジェンソン・バトン B・A・R Honda M 1:25.786
5 8 F.アロンソ ルノー M 1:25.853
6 4 R.シューマッハ ウィリアムズ M 1:25.882
7 3 JP.モントーヤ ウィリアムズ M 1:26.206
8 5 D.クルサード マクラーレン M 1:26.215
9 14 M.ウェーバー ジャガー M 1:26.312
10 6 K.ライコネン マクラーレン M 1:26.579
11 11 G.フィジケラ ザウバー B 1:26.601
12 10 佐藤琢磨 B・A・R Honda M 1:26.967
13 12 F.マッサ ザウバー B 1:26.969
14 38 R.ゾンタ トヨタ M 1:27.165
15 35 アンソニー・デビッドソン B・A・R Honda M 1:27.516
16 16 C.ダ・マッタ トヨタ M 1:27.710
17 15 C.クリエン ジャガー M 1:27.724
18 17 O.パニス トヨタ M 1:27.807
19 18 N.ハイドフェルド ジョーダン B 1:27.826
21 20 G.ブルーニ ミナルディ B 1:28.991
22 21 Z.バウムガルトナー ミナルディ B 1:29.708
23 19 G.パンターノ ジョーダン B 1:30.061
24 37 B.ヴィルドハイム ジャガー M 1:30.291
Honda Racing F1 TOPへモータースポーツTOPへ