MENU

HONDA

検索

Dakar Rally 2020
STAGE10
サウジアラビアハラド→シュビータ

2020年1月15日(水)

リエゾン 74km
SS 534km
トータル 608km
ハラド→シュビータ

Monster Energy Honda Teamがマラソンステージでトップ3を独占

ダカールラリーのステージ10が行われ、Monster Energy Honda Teamのホアン・バレダ、リッキー・ブラベック、ケビン・ベナバイズがトップ3を独占。チームのダカールラリー総合優勝獲得に向けた意欲を裏付けるものとなりました。なお、ステージ後半は、安全のためキャンセルとなりました。

悪天候により短くなったステージ10にて、Monster Energy Honda Teamのバレダ、ブラベック、ベナバイズはステージの表彰台を飾りました。このステージは当初2つのセクターからなる534kmのコースでしたが、後半セクターで強風の予報がされていたため、一つのスペシャルステージ(SS)のみに短縮されることになりました。ライダーたちを強風から安全確保するため、シュビータのビバークに直行するコースへと変更になりました。

222kmに短縮された手に汗を握るSSを、バレダ、ブラベック、ベナバイズは確実なペースを保ち走行しました。ライダーたちはスピードにこだわるよりも、マシンのCRF450 RALLYのコンディションをキープすることに専念しました。マラソンステージ前半となった今日、ライダーたちは別々のキャンプにて過ごします。明日も同じく、SSの開始25分前にロードブックを受け取ることとなります。シュビータのビバークでは、ライダー以外のメカニカルメンテナンスは禁止とされます。必要であればライダー自身がメンテナンスを行う必要があり、規定にもあるようにライダー同士ではタイヤ以外の部品交換は可能となっています。

総合順位ではブラベックがリードを保ち、総合2位のパブロ・クインタニラ(ハスクバーナ)と25分以上の差をつけています。今日のステージ優勝により、トップから約27分差まで詰めたチームメートのバレダは、総合3位に躍り出ることになりました。ホセ・イグナシオ・コルネホは今日のステージを12位でフィニッシュし、総合5位をキープしています。

早くも残り2ステージとなったダカールラリー。明日はマラソンステージの後半が行われ、ライダーたちはハラドのビバークへと引き返します。ステージ序盤は深い砂丘となり、後半は砂に覆われた硬い路面が続くコースになります。

ステージ11
リエゾン:365km / SS:379km / 合計:744km

80kmも続く国内最高のすばらしい光景の砂丘に目を離さないでください。長距離に及ぶ砂丘に時間をかけると、リスクがともなってしまいます。最初に探索するトップスターターの足跡をライダーたちがたどりながら、競技が行われることとなるでしょう。マラソンステージはそろそろ終わりを迎えます。

コメント

ホアン・バレダ(ステージ1位/総合3位)
ホアン・バレダ 「今日はとてもいいステージにできたと思います。しかし明日のステージはトップでスタートをし、砂丘の中を最初に探索し進んでいかなければいけません。今日の走行ペースには満足しています。前方のトビー・プライス選手(KTM)、クインタニラ選手を目指してプッシュをし、130km地点で追いつくことができました。給油ポイントまで並んで走行をしましたが、たどりついたときに後半がキャンセルになったと伝えられました。リッキー(・ブラベック)が総合トップ、そしてナチョ(コルネホ)、ケビン(・ベナバイズ)や僕も順調に今日のステージ10まで進められていることは、Hondaにとってもすばらしい結果ではないでしょうか」

リッキー・ブラベック(ステージ2位/総合1位)
リッキー・ブラベック 「マラソンステージのビバークに到着し、残すところダカールラリーは2ステージのみとなりました。今日は砂が舞って視界が悪くなるくらい強風に見舞われ、後半がキャンセルとなりました。毎日進んでいかなければならず、ほかのプランや作戦などはありません。毎日のゴールはただマシンでフィニッシュラインを目指すことだけなのです」

ケビン・ベナバイズ(ステージ3位/総合22位)
ケビン・ベナバイズ 「今日は短くも、序盤はスピードのある危険な砂丘から始まるステージでした。最初はリスクを避けるために注意しながら進みましたが、途中から少しずつプッシュして走行しました。途中の給油ポイントでステージ後半がキャンセルになると聞かされましたが、安全上妥当な判断だと思います。今日はチームが表彰台を独占することができ、Hondaにも喜ばしい結果となり、満足しています。走行距離はそう長くはなかったため、マシンの調子は変わらずに好調でメンテナンスの心配は必要なさそうです」

ホセ・イグナシオ・コルネホ(ステージ12位/総合5位)
ホセ・イグナシオ・コルネホ 「今日のスペシャルステージは強風による落下が相次ぎ、救助ヘリが何度も稼動する状況が続き、安全上のため後半はキャンセルとなりました。砂嵐が起こり、視界確保も難しかったです。今日はナビゲーションの小さなエラーのため、数分の時間が余計にかかってしまいましたが、無事にビバークにたどりつくことができて安心しました。リッキー(・ブラベック)が総合トップで調子がよさそうなので、チームメートとしてとてもうれしいです」

リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティー
112ホアン・バレダHonda02:11'42--
29リッキー・ブラベックHonda02:12'49+00:01'07-
37ケビン・ベナバイズHonda02:14'13+00:02'31-
41T.プライスKTM02:14'39+00:02'57-
516L.ベナバイズKTM02:15'56+00:04'14-
656R.ファゴッターヤマハ02:16'02+00:04'20-
 
1217ホセ・イグナシオ・コルネホHonda02:24'51+00:13'09-

総合順位

順位 No. ライダー マシン タイム ペナルティー
19リッキー・ブラベックHonda34:12'18--
25P.クインタニラハスクバーナ34:38'02+00:25'44-
312ホアン・バレダHonda34:39'27+00:27'09-
41T.プライスKTM34:40'51+00:28'3300:02'00
517ホセ・イグナシオ・コルネホHonda34:53'49+00:41'3100:01'00
62M.ウォークナーKTM34:53'50+00:41'32-
 
227ケビン・ベナバイズHonda38:14'49+04:02'3100:15'00

フォトギャラリー

モータースポーツ >  ダカールラリー >  ダカールラリー 2020 Stage 10 ハラド→シュビータ

ニュース