MENU

HONDA

検索

走行性能

Photo: CRF250L

フレーム

ライダーの要求に応える、剛健なシャシー。

フレームはオーバルタイプのスチール製ツインチューブ。縦剛性を確保することによって、しっかりとした安定感としなやかな乗り心地を両立。ライディングポジションに自由度をもたらすスリムなボディー形状の実現にも寄与している。

Photo: CRF250L
※写真は、撮影のため一部の部品を取り外しています。

サスペンション

路面を捉える、しなやかな足まわり。

フロントサスペンションは左右独立して機能するインナーチューブ径φ43mmのセパレーションタイプ倒立フォークを、リアにはプロリンク式サスペンションを装備。軽量化を追求しながらも、剛性を確保したアルミ鋳造一体型スイングアームとあいまって、路面追従性とともに安定感のある乗り心地を実現している。

Photo: CRF250L
※写真は、撮影のため一部の部品を取り外しています。

ブレーキ&ホイール

様々なシーンにおいて、扱いやすく。

前後ブレーキには、軽量化とクリーニング性に配慮したウェーブ形状のディスクローターを装備。ホイールリムは、モトクロッサーイメージのブラックアルマイトで仕上げた。

Photo: CRF250L

Type LD [タイプ設定]

足つき性に配慮したローダウン仕様。

CRF250Lには、シート高を45mm低くしたType LDをタイプ設定。走りの快適さはそのままに、足つき性を考慮した車体で、取り回しの良さと安心感を追求した。