MENU

HONDA

検索

走行性能

フレーム

軽快なライディングを楽しむために。

フレームボディーは、優れた靱性の高張力鋼スチールフレームを採用し、徹底的に軽量化。ピボットプレート部は、メインフレーム部から独立させる事で後輪荷重を軽減し、軽量化と高い運動性能を両立させている。また、メインパイプとヘッドパイプの剛性を最適化し、軽快なハンドリングを実現している。

※イメージCG

フロントフォーク

力強さを魅せる軽量倒立フロントフォーク。

バネ下重量の低減を両立させたφ41mm倒立フロントフォークを採用し、力強い足周りから生み出される前輪の路面追従性を追求。新世代CBシリーズの軽量アルミホイール、ラジアルタイヤと合わせることで上質でクリアな路面フィードバックを提供する。

スイングアーム&リアサスペンション

運動性を追求し、走りの楽しさに貢献。

スイングアームは、高剛性としなやかさを兼ね備えた設計の高張力鋼板性スイングアーム。φ20mm中空アクスルを合わせることで、さらなる軽量化と優れた応答性に貢献。リアサスペンションは、ピストンバルブの大径化を図る分離加圧式を採用。また、ライダーの好みに合わせた走行が可能な、7段スプリングプリロードアジャスターを設定。

サスペンションセッティング

走りの歓びを深める、上質なライディングへ。

上質でしなやかな走りを追求し、サスペンションの初期作動性を最適化。これにより市街地はもとよりツーリングなどの様々な路面状況に対応する、確かな路面追従性をもたらしている。また795mmのシート高とすることで 、安心感のある足つき性も実現している。

身長165cm女性の乗車例

前後ブレーキシステム

操る楽しみを追求したブレーキシステム。

フロントには、φ296mmのウェーブ形状ハブレスフローティングディスクと対向4ポッドラジアルマウントキャリパーを装備。リアにはφ220mmのウェーブ形状ディスクを採用。これにより、安定したコントロールと上質なフィーリングを可能に。また急制動時の後輪浮き上がりを効果的に抑制するIMU(車体姿勢推定システム)付ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備。  
※ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、 無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。 

  • 写真の一部は海外仕様車(CB300R)です。
  • 写真の一部は海外で撮影したものです。