MENU

HONDA

検索

Round05アメリカオークランド

2020年2月1日(土)・決勝

会場 : リングセントラル・コロシアム

第5戦 オークランド

ロクスンが3位に入賞し、ポイントランキングの首位をキープ

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSS/FIM世界選手権第5戦が、オークランドで開催されました。会場のリングセントラル・コロシアム(旧称オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム)は、昨年までNFLとMLBのチームが共有する唯一の本拠地でした。今年からNFLのレイダースがラスベガスへ移転したため、MLBのアスレチックス専用になりますが、多目的スタジアムならではの広さによって、アナハイムなどとは趣の異なるコースレイアウトが実現しました。

オークランドではしばしば、タイムスケジュールを3時間早めたデイレースが催されてきましたが、今年は前倒しを1時間半としたスケジュールに基づき、17時にオープニングセレモニーが始まりました。

予選ヒート1では、ケン・ロクスン(Team Honda HRC)が、イーライ・トーマック(カワサキ)の追撃を振りきってトップ通過。ヒート2では、ジャスティン・ヒル(Smartop/Bullfrog Spas/MotoConcepts Honda)が、ホールショットから1位でゴールし、3位にはジャスティン・ブレイトン(Team Honda HRC)が入りました。

20分+1周のメインレースでは、ロクスンがホールショットを取ってリード。背後にはアダム・シアンサルーロ(カワサキ)、トーマック、クーパー・ウェブ(KTM)が控え、僅差のまま序盤を消化しました。11周目にはロクスンがトーマックにかわされて2番手に後退。その後、トーマックがコースアウトしたため、トップに返り咲きました。

しかし終盤になると、ロクスンはトーマックの追撃から逃げきれず、18周目にトップが入れ替わりました。さらにチェッカー目前の最終コーナーでは、ウェブにパスされて3位でフィニッシュ。優勝は逃したものの、4戦連続でポディウム登壇を果たしたロクスンは、ポイントランキング首位を維持しています。

ブレイトンはメインレースのスタート直後、コントロールラインを10番手で通過しましたが、オープニングラップ中に他車と絡んでストップ。再スタートに手間取る間に最後尾に下がってしまい、13位まで追い上げたところでチェッカーを受けました。

コメント

ケン・ロクスン(3位)
ケン・ロクスン(#94)「全体的に振り返ってみれば、表彰台に立てたことがうれしいです。先週まではとても好調でしたが、今日は少し違った感触でした。正直に言うと、プラクティス中に自分の遅さを実感しましたし、コースに対して完全に噛み合っていなかったような気がします。セクションの一つひとつに慣れるまでに、普段よりも時間がかかりました。そんな状況からすると、もっと悪かった可能性もあるので、ポディウムに到達できたことに満足しています。重要なポイントを少し失ったことは確かに残念ですが、一方でポイントリードをキープできていることは悪くありません。もっと何周もレースをリードできたらよかったのですが、今夜は自分が一番速かったわけではないですし、何度か大きなミスをしてしまいました。特に終盤の失敗は、クーパー・ウェブの接近を許しただけに高くつきました。今回の彼がそうだったように、だれかの背後について射程内に捉えると、ラインを変えて抜きにかかったりするものです。もちろん私にとってはうれしくありませんが、それもレースの一部です。抜かれるときになにが起きたのか分かりませんが、足を押しつぶされたか引っかけられたかで、痛みを感じたのです。それほど心配はしていませんが、気をつけないといけないですね。必要であればレントゲン検査を受けるつもりです。ここまで表彰台に何度も立っているし、ポイントランキングでもトップなので、大局的には申し分ありません」

ジャスティン・ブレイトン(13位)
ジャスティン・ブレイトン「今夜は残念の一言に尽きます。1周目のポジションは正確には分かりませんが、たぶん9番手辺りで逆バンクコーナーに差しかかったところ、エンストしたライダーと絡んでしまったのです。彼が走り出したあと、自分の後輪がランプに穴を掘ってスタックして、脱出できたときには22番手まで転落してしまいました。そこからの追い上げはかなりの後れがあったので、13位までばん回するのが精一杯でした。1週間テストコースで練習とセッティングに取り組み、とても乗れていただけに今回のリザルトにはがっかりしています。テストでのセッティング変更によって、マシンの状態は最高です。これ以上スタート失敗を繰り返すことはありません。先週と先々週はスタートで大失敗をしたので、そこが焦点でした。開幕当初のような好スタートが決まれば、トップ5に入れると思います。次回のサンディエゴ大会に向けて、とてもモチベーションを感じています。今回のようなレースのあとは、やる気をかき立てられるものです」

エリック・キーホー(Team Honda HRC監督)
「今夜は明と暗がありました。ケン(・ロクスン)はマシンの感触に100%満足していたわけではありませんが、それでもヒートレースに勝ち、メインレースでもいい走りをしていました。ケンのマシンに関しては、もう少しセッティングを詰める部分があります。今回のコースには何カ所か彼が苦労していたセクションがあり、そこでほかのライダーに差をつけられていたからです。そんなに大きな差ではありません。今大会は獲得ポイントが少なかったものの、表彰台はキープしていますし、ランキング首位であることは確かなので、その点はポジティブだと言えるでしょう。ジャスティン(・ブレイトン)に関しては、この2週間スタートで苦労していました。出遅れてミッドパックに飲み込まれると、トラブルに巻き込まれやすく、集団の中はてんてこ舞いで、今夜のように芳しくない状況に巻き込まれやすくなります。彼はマシンの調子に満足しているので、このままサンディエゴに向けた準備を進めるだけです」

450SX リザルト

順位 No. ライダー マシン タイム/差
13E.トーマックカワサキ21'19.759
21C.ウェブKTM+03.557
394ケン・ロクスンHonda+04.726
49A.シアンサルーロカワサキ+14.812
521J.アンダーソンハスクバーナ+16.800
651J.バーシアヤマハ+19.124
         
846ジャスティン・ヒルHonda+29.713
1027マルコム・スチュワートHonda+48.111
1310ジャスティン・ブレイトンHonda+58.366
1464ビンス・フリージーHonda +1Lap
2082ケイド・アウンテンリーツHonda +1Lap

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
194ケン・ロクスンHonda113
23E.トーマックカワサキ110
351J.バーシアヤマハ98
421J.アンダーソンハスクバーナ96
51C.ウェブKTM95
69A.シアンサルーロカワサキ90
727マルコム・スチュワートHonda75
810ジャスティン・ブレイトンHonda73
         
1146ジャスティン・ヒルHonda61
1464ビンス・フリージーHonda52
1849クリス・ブローズHonda18
1922チャド・リードHonda15
2682ケイド・アウンテンリーツHonda3
2867ジェリー・ロビンHonda1

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  AMAスーパークロス >  2020 第5戦 オークランド 決勝

ニュース