MENU
HONDA
検索

Round08アメリカデトロイト

2019年2月23日(土)・決勝

会場 : Ford Field

第8戦 デトロイト

ロクスンが総合4位(5位/6位/5位)に入賞

MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSS/FIM世界選手権第8戦が、デトロイトで行われました。会場のフォード・フィールドは、郊外のポンティアックにあったシルバードームに代わり、ダウンタウンのリノベーション計画の一環として建設された屋内スタジアムです。コメリカ・パーク(野球)、リトル・シーザーズ・アリーナ(バスケットボール/アイスホッケー)と隣接し、中心街のイメージアップを担っています。スーパークロスの開催は2006年が初めてですが、カナダ国境に近い土地柄ゆえに、常に招致をトロントと争ってきた歴史があります。

昨年導入された決勝3レース制が、今年も限定的に実施されています。当該ラウンドは第3戦アナハイム、第8戦デトロイト、第13戦ヒューストン。450SXクラスは12分+1周、250SXクラスは10分+1周、各々3レースの総合結果に対し、シリーズポイントが付与されます。

決勝3レース制が適用される上記3大会に限り、スペアマシンが認められることになりました。デトロイトのフォード・フィールドはダウンタウンにあるため、トランスポーターのテントを広げる余地がなく、チームスタッフは狭いスペースでマシンのセットアップを行いました。

長方形のフロアにレイアウトされたコースは、1コーナーまでが短いショートスタート、対照的に長いリズムセクション、そしてクラッシュパッドで左右に二分されたスプリットレーンが特徴です。土質はポンティアックで開催されていたころからの伝統で、湿り気のあるソフトダートのため、随所にわだちが発生しました。

1回目の計時予選では、コール・シーリー(Team Honda HRC)が47秒629で3番手となりました。ところが、前走車に弾かれた石が胸に当たり、シーリーは3周でタイムアタックを中断。2回目のセッションも試みましたが、スピードを出せないままコースから退き、メインレースへの出走を見合わせました。ケン・ロクスン(Team Honda HRC)は、47秒606をマークして予選総合5番手となりました。

チームメートのDNSを受けて孤軍奮闘することになったロクスンですが、彼自身も風邪で体調を崩していました。レース1はスタート9番手から追い上げ、8周目には4番手まで達しましたが、その後のミスでポジションを失い、5位となりました。ここで際立っていたのは、ジャスティン・ブレイトン(Smartop Bullfrog Spas Honda)で、ホールショットからラスト2周までトップを走り、イーライ・トーマック(カワサキ)に次ぐ2位でフィニッシュしました。

レース2では10番手で1コーナーをクリアしたロクスンですが、6番手までポジションアップを果たしたあと、終盤には単独走行となり、そのままチェッカーを受けました。レース3ではスタート7番手から上位に食い込み、僅差のバトルを繰り広げましたが、5位でフィニッシュ。この3レースのトータルによって、ロクスンはオーバーオール4位(5位/6位/5位)に入賞。19ポイントを獲得しました。

コメント

ケン・ロクスン(5位/6位/5位 総合4位)ケン・ロクスン
「今大会を無事に終えることができて、ほっとしています。1ポイント差で総合ポディウムを逃したことは残念ですが、それでも納得しています。実はこの1週間は風邪を引いていて、今日も普段の体調にはほど遠かったのです。いつものような集中力を欠いていましたし、終日全く乗れていませんでした。そのような状況を考え、ダメージを最小限にとどめたかったので、4位というリザルトは上出来だったと思います。現在シリーズランキングは2位ですし、わずか6ポイントのビハインドです。来週のアトランタには万全の態勢で臨みたいと思います」

コール・シーリー(DNS)コール・シーリー
「プラクティスで非常に乗れていましたし、レースに出走できなかったことが残念でなりません。ちょうどベストラップを記録したときに、すごく大きな石が飛んできて胸骨に当たり、勢いを削がれてしまったのです。2回目のプラクティスセッションにも出てみましたが、強い胸の痛みに耐えられませんでした。自分の中でどうしても出たいと叫ぶレーサー魂に反して、リタイアをしなければならないのは嫌でしたが、1周する力もなかった状態でこれ以上のケガを負うリスクを避けることも大事でした。アトランタまでに回復できるようにベストを尽くすつもりです」

エリック・キーホー(Team Honda HRC監督)
「タイトルの行方を左右するのは、シーズンの中でも不振のレースの成績だと言われていますが、1週間体調を崩していたケンが4位を得たことは上々でした。もちろん表彰台に立ちたかったでしょうが、まだ長いシリーズの半ばですし、何戦も残っているのです。コールは1回目のタイムドプラクティス中に飛び石を胸骨に受けたため、残念ながらレースに出ることができませんでした。ナイトプログラムが始まるまで休養に時間をかけて様子を見ましたが、最終的に出走を取り止めました。踏ん張りが利かない状態で無理してさらにケガするよりも、残りのシリーズに向けてコンディションを整える方が重要なことです」

450SX リザルト

レース1

順位 No. ライダー マシン タイム/差
1 3 E.トーマック カワサキ 13'33.872
2 10 ジャスティン・ブレイトン Honda +02.339
3 22 C.リード スズキ +04.287
4 4 B.バゲット KTM +05.746
5 94 ケン・ロクスン Honda +06.382
6 2 C.ウェブ KTM +08.341
19 805 カーレン・ガードナー Honda +1Lap
21 41 ベン・ラメイ Honda +3Laps

レース2

順位 No. ライダー マシン タイム/差
1 3 E.トーマック カワサキ 13'38.471
2 2 C.ウェブ KTM +05.108
3 17 J.サバッチー カワサキ +08.702
4 25 M.ムスキャン KTM +09.198
5 22 C.リード スズキ +09.836
6 94 ケン・ロクスン Honda +13.308
         
12 10 ジャスティン・ブレイトン Honda +28.815
16 41 ベン・ラメイ Honda +1Lap
17 805 カーレン・ガードナー Honda +1Lap

レース3

順位 No. ライダー マシン タイム/差
1 2 C.ウェブ KTM 13'31.931
2 4 B.バゲット KTM +00.351
3 51 J.バーシア ヤマハ +05.553
4 25 M.ムスキャン KTM +08.598
5 94 ケン・ロクスン Honda +10.777
6 3 E.トーマック カワサキ +12.468
         
9 10 ジャスティン・ブレイトン Honda +18.049
16 41 ベン・ラメイ Honda +1Lap
21 805 カーレン・ガードナー Honda +1Lap

450SX ポイントランキング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
1 2 C.ウェブ KTM 173
2 94 ケン・ロクスン Honda 167
3 25 M.ムスキャン KTM 161
4 3 E.トーマック カワサキ 160
5 15 D.ウィルソン ハスクバーナ 122
6 51 J.バーシア ヤマハ 120
         
10 10 ジャスティン・ブレイトン Honda 97
11 14 コール・シーリー Honda 94
14 42 ビンス・フリージー Honda 65
19 41 ベン・ラメイ Honda 42
22 805 カーレン・ガードナー Honda 26
23 27 マルコム・スチュワート Honda 17
32 941 アンジェロ・ペレグリーニ Honda 4
34 99 オースティン・ポリテッリ Honda 3

ランキング詳細

フォトギャラリー

ニュース