MENU
HONDA
検索

2021.06.03

「FIT e:HEV」に足動運転補助装置「Honda・フランツシステム」を適用

 株式会社ホンダアクセスは、”Fun for Everyone. Honda 〜移動の喜びを一人ひとりに〜”をコンセプトに、両上肢の不自由な方が両足だけで運転操作できる運転補助装置「Honda・フランツシステム」を、一部改良したHonda「FIT e:HEV(フィット イーエイチイーブイ)」に装着可能とし、2021年10月初旬に発売します。

 フランツシステムは、1965年にドイツで開発されて以来、ヨーロッパで高い評価を得てきました。Hondaが1981年に開発者フランツ氏から技術指導を直接受け、さらに独自の技術を加え1982年に国内で初めてフランツシステムを販売。現在、国内で唯一のフランツシステム適用※1を行っています。

 

 「Honda・フランツシステム」は、FIT e:HEV HOMEとFIT e:HEV CROSSTARに設定された専用のタイプカラーの車両へ装着が可能で、「足用ステアリングペダルユニット」、「足用コンビネーションスイッチ」を中心に「足用シフトペダル」、「パッシブシートベルト(自動装着式シートベルト)」および「フロアカーペットマット(フランツシステム用)」をHonda・フランツシステム専用オプションとしてラインアップ。お客様に合わせて装着します。

 「足用ステアリングペダルユニット」は、左足でのステアリング操作と右足でのブレーキロックが可能になるシステムで、ステアリング下部にギアボックスとステアリングペダル、ブレーキペダル上部にブレーキロックレバーが装備されます。ギアボックスのコンパクト化を実現したことで足元にスペースを確保しました。ステアリングペダルに固定された靴※2を履き、自転車のペダルを漕ぐように回転させることでステアリング操作が可能です。シフト操作等を行うためのブレーキロックは、ブレーキロックレバーとブレーキペダルを同時に踏むことで操作が可能です。「足用コンビネーションスイッチ」は、右足でウインカーやライト、Honda SENSING※3など運転時に使用する各種スイッチ類の操作が可能になるシステムです。右足元に集中配置したスイッチ類のレイアウトは、9パターンからお好みでお選びいただけます。「足用シフトペダル」は、右足で車両標準のセレクトレバーと連動したシフト操作が可能になるシステムで、右に回す、上下に動かすといった2つの動作を組み合わせることで操作ができます。「パッシブシートベルト(自動装着式シートベルト)」は、乗車時に運転席ドアを閉めることでシートベルトの自動装着が可能です。いずれもシンプルな操作で、安定した姿勢で運転できます。また、サポートアイテムとして、装着状態に合わせた専用設計の「フロアカーペットマット(フランツシステム用)」もご用意しました。

「Honda・フランツシステム」装着例「Honda・フランツシステム」装着例※4


  • ※1…ホンダアクセス調べ(2021年6月)
  • ※2…靴はお客様に事前に用意していただき装着した状態でお渡しします
  • ※3…アダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線維持支援システム(LKAS)の作動が行えます
  • ※4…写真のベース車両は、販売中のものと仕様が異なることがあります

「商品情報サイト」https://www.honda.co.jp/welfare/purpose/for-drive/both-arms.html

「ホンダアクセスプレスインフォメーションサイト」 https://www.honda.co.jp/ACCESS/press/


Honda・フランツシステム

足用ステアリングペダルユニット 
足用コンビネーションスイッチ

【Honda・フランツシステムオプション】
足用シフトペダル
パッシブシートベルト(自動装着式シートベルト)
【ディーラーオプション】
フロアカ―ペットマット(フランツシステム用)

ホンダアクセスから発信しています
ウェブサイト https://www.honda.co.jp/ACCESS/
Twitter https://twitter.com/Honda_Access (@Honda_Access)
Facebook https://www.facebook.com/honda.hondaaccess
YouTube https://www.youtube.com/user/hondaaccessjp/
カスタムで暮らしをカエるウェブマガジン「カエライフ」https://kaelife.hondaaccess.jp/

価格はお客様それぞれのニーズに合せた機能部品取り付けにより異なります。ホンダアクセスお客様相談室にお問合せ下さい。