CB650Fのリコール (平成26年12月11日届出)

リコール届出番号
3486
リコール開始日
平成26年12月12日
不具合の部位(部品名) 1)電気配線(フロントサブハーネス)
2)電気配線(フロントサブハーネス、ウインカースイッチハーネス)
基準不適合状態にあると認める構造、
装置又は性能の状況及びその原因
1) フロントサブハーネスの線種選定が不適切なため、ハンドル操作の繰り返しにより当該ハーネスが断線することがあります。そのため、前照灯、方向指示器、速度計、警音器の作動不良や、エンストして再始動できなくなるおそれがあります。
2) フロントサブハーネスとウインカースイッチハーネスの固定位置が不適切なため、ハンドルを左転舵した際にヘッドライトステーとフレーム間に当該ハーネスが挟まり、屈曲することがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、屈曲の繰り返しにより断線し、前照灯、方向指示器、速度計、警音器の作動不良や、最悪の場合、エンストして再始動できなくなるおそれがあります。
改善措置の内容
   フロントサブハーネスを対策品に交換し、ウインカースイッチハーネスを新品に交換するとともに、固定位置を変更します。
 
自動車使用者及び自動車分解整備
事業者に周知させるための措置
使用者:ダイレクトメール等で通知します。
自動車分解整備事業者: 日整連発行の機関誌に掲載します。
改善実施済車には、車台番号付近にNo.3486のステッカーを貼付します。

車名

型式

通称名

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

対象車の台数

備考

ホンダ
EBL-RC83
CB650F
RC83-1000025〜RC83-1000812
平成26年4月11日〜平成26年11月12日
250
1)
2)

   

(計1)

(計1車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成26年4月11日〜平成26年11月12日

(計250台)

1)
2)    


*対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。


<< 戻る