ザッツの改善対策 (平成21年1月22日届出)


改善対策届出番号
376
改善対策開始日
平成21年1月23日

不具合の部位(部品名)

施錠装置(キーインターロック)

不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状態及びその原因
キーインターロック機構(ATのPポジション以外でキーが抜けない機構)を制御する統合ユニットの電気回路が不適切なため、Pポジション以外でイグニションのオフ操作を繰り返すと当該回路が損傷するものがある。 そのため、キーインターロック機構が作動しなくなり、ATセレクトレバーがPポジション以外であってもキーが抜け、駐車ブレーキをかけ忘れていた場合、駐車中に車両が動き出すおそれがある。
改善対策の内容
統合ユニットを対策品と交換する。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置

・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、その旨を点検整備記録簿に記載する。

車名

型式

通称名

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

対象車の台数


ホンダ

LA-JD1

ザッツ
JD1-1000004〜JD1-1045697
平成14年1月24日〜平成16年2月4日
45,693
JD1-2000003〜JD1-2009838
平成14年1月24日〜平成16年1月23日
9,836
JD1-8000001〜JD1-8000065
平成14年9月6日〜平成15年12月5日
65

LA-JD2
JD2-1000005〜JD2-1007535
平成14年1月24日〜平成16年1月23日
7,531
JD2-2000013〜JD2-2002725
平成14年1月24日〜平成16年1月22日
2,713
JD2-8000001〜JD2-8000021
平成15年1月27日〜平成15年11月10日
21

ABA-JD1
JD1-1100001〜JD1-1143659
平成16年2月4日〜平成17年12月28日
43,659
JD1-1200002〜JD1-1240670
平成18年3月21日〜平成19年6月23日
40,669
JD1-2100001〜JD1-2103641
平成16年2月4日〜平成17年12月27日
3,641
JD1-8200001〜JD1-8200071
平成16年2月6日〜平成17年11月30日
71

JD1-8300001〜JD1-8300251
平成16年3月11日〜平成17年12月20日

251
JD1-8400001〜JD1-8400091
平成16年4月20日〜平成17年12月20日
91

ABA-JD2
JD2-1100001〜JD2-1106498
平成16年2月4日〜平成17年12月27日
6,498
JD2-1200001〜JD2-1206576
平成18年3月21日〜平成19年6月22日
6,576
JD2-2100001〜JD2-2101260
平成16年2月4日〜平成17年12月26日
1,260
JD2-8100001〜JD2-8100019
平成16年5月17日〜平成17年11月22日
19
 
(計4)
(計1車種)
(製作期間の全体の範囲)
平成14年1月24日〜平成19年6月23日
(計168,594台)


改善箇所説明図


<< 戻る