フィットのリコール(平成17年2月2日届出)

リコール届出番号
1350
リコール開始日

平成17年2月3日

不具合の部位(部品名) 電気装置(ブレーキスイッチ)
基準不適合状態にあると認める構造、
装置又は性能の状態及びその原因
車両の組立工程でブレーキスイッチの接点部に不適切な潤滑剤が付着したため、接点に発生する熱により潤滑剤成分が酸化し、当該接点部の接触抵抗が増大するものがある。 そのため、当該スイッチが導通不良となり、ブレーキランプが点灯しなくなるおそれがある。
改善措置の内容 ブレーキスイッチを対策品に交換する。
自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、後面ガラス左下隅にNo.1350のステッカーを貼付する。

車名

型式

通称名

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

対象車の台数


ホンダ

DBA-GD1

フィット
GD1-2100002〜GD1-2168522
平成16年6月1日〜平成16年12月22日
68,519
GD1-8500001〜GD1-8500285
平成16年6月18日〜平成16年12月16日
285

DBA-GD2
GD2-1800002〜GD2-1807399
平成16年6月2日〜平成16年12月20日
7,398
GD2-8400001〜GD2-8400032
平成16年6月22日〜平成16年12月16日
32

CBA-GD3
GD3-1900003〜GD3-1915098
平成16年6月4日〜平成16年12月23日
15,096
GD3-8300001〜GD3-8300071
平成16年6月18日〜平成16年12月17日
71

CBA-GD4
GD4-1800002〜GD4-1801841
平成16年6月10日〜平成16年12月17日
1,840
GD4-8300001〜GD4-8300021
平成16年6月23日〜平成16年12月15日
21

   

(計4)

(計1車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成16年6月1日〜平成16年12月23日

(計93,262)


*対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。




<< 戻る