CBR600RRのリコール(平成16年8月5日届出)


リコール届出番号
1196
リコール開始日
平成16年8月6日
不具合の部位(部品名) 制動装置(リヤブレーキ マスターシリンダー)
基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状態及びその原因 リヤブレーキのマスターシリンダーとブレーキペダルを継ぐピロボールジョイントホルダーの材質が不適切なため、凍結防止剤等を含んだ水がかかるとアルミ材が腐食し、内部のピロボールの動きが渋くなるものがある。 そのため、そのまま使用を続けると、ジョイントホルダーとピロボールが固着してブレーキペダルを操作できなくなるおそれがある。 または、ジョイントホルダーとピロボールが固着した状態でブレーキペダルに強い力を加えると、ジョイントホルダーが破損してブレーキ操作ができなくなるおそれがある。
改善措置の内容 ピロボールジョイント一式を対策品と交換する。
自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置 ・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車台番号付近にNo.1196のステッカーを貼付する。

車名

型式

通称名

対象車の車台番号の範囲及び製作期間

対象車の台数

ホンダ
BC-PC37
CBR600RR

PC37-1000001〜PC37-1000987
平成15年6月23日〜平成15年9月30日

987

PC37-1100001〜PC37-1100982
平成15年10月16日〜平成16年7月20日
939

   

(計1)

(計1車種)

(製作期間の全体の範囲)
平成15年6月23日〜平成16年7月20日

(計1,926)


*対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。