水加減と火加減がポイント!
焚き火でご飯をおいしく炊くコツ

普段は炊飯器に頼っているので、鍋での炊飯は不安がいっぱい。しかし、心配は無用。水加減と火加減を知れば、バーナーはもちろん、焚き火でもおいしくご飯を炊くことができるようになります。

更新日:2017.03.22

浸水時間は夏30分
冬は90分が目安

炊飯に必要な鍋の大きさは、米と水の2.5倍程度の容量が目安です(米1合は180ml)。米は水を吸って膨らむため、余裕を持たせておかないと途中で吹きこぼれてしまうことも。吹きこぼれると、水の量が変わってしまいますし、鍋、そしてバーナーや焚き火台を洗う手間も増えてしまうので、炊きたいご飯の量に適したサイズの鍋を用意しましょう。
鍋の種類は、やや厚手で、ふたがしっかり閉まるものがベストです。

米は、計量して研いだあと、米の1~1.2倍の水に浸けておきます。米に水分を吸収させることで芯まで熱を伝えやすくなり、粘りのあるふっくらご飯に炊きあがります。浸水時間が短いと芯が残りやすいので、しっかりと米に水分を吸わせることが肝心です。
なお、水温が低いと、米が水を吸収するのに必要な時間が長くなります。夏は30分~1時間、冬は1時間~2時間の浸水を目安にすると良いでしょう。

炊飯時の水の量は、ご飯の硬さの好みで調整しましょう。通常は、米の1.1~1.2倍。硬めが好きな方は、米と同量にしましょう。

沸騰までは強火
その後は弱火~とろ火に

次は火加減です。米の分量や火力、鍋の厚みなど条件によって異なりますが、基本は「一気に沸騰させたら、弱火にして12~15分」。
焚き火の場合は、弱火に調整したらそのまま放置して、徐々に火を弱めていけばOKです。

焚き火の勢いがよくなったら、鍋をかけます。最初は鍋底の側面半分くらいまで炎が回るよう、薪の高さや台の高さを調整しましょう。バーナーを使う場合は中火~強火です。

沸騰したら、鍋を置いている台の高さを上げるか、薪をならして鍋底に炎が当たる程度にします。この状態で12~15分火にかけます。バーナーの場合は、沸騰後2分ほど強火、その後はとろ火で12~15分加熱します。

木の棒でふたを押さえてみると、沸騰している間はブツブツと手に振動が伝わります。振動がなくなったら炊きあがりの合図です。ふたはなるべくとらない方がいいのですが、不安なら1~2回ふたを開けて確認しても大丈夫。

なお、薄めの鍋など焦げ付きが心配なら、テフロン加工を施したアルミホイルを底に敷いておくと焦げ付きにくくなります。

炊きあがったら、ふたを閉めたまま10~15分蒸らします。蒸らした後にふたを開けると、この通り!
蒸らしている間に芯までふっくら仕上がるので、慌てずに待ちましょう。バーナーの場合、蒸らしの前に10秒程度強火にして水分を飛ばしてもおいしく仕上がります。

※このコンテンツは、2017年3月の情報をもとに作成しております。