キャンプ道具の上手な積み方
シャトル

シャトルでキャンプをするイメージ写真シャトルでキャンプをするイメージ写真

タイプ:HYBRID X 
ボディカラー:ミッドナイトブルービーム・メタリック

※メーカーオプション装着車

※当ページで積載しているキャンプ道具は、親子4人(大人2人と小学校のお子さま2人)で1泊2日の屋外キャンプへ行くことを想定した一例です。
あくまでも参考としてください。

親子4人分を楽々収納!水や汚れに強いワイパブル仕様の収納もあり、
汚れた荷物も気にせず載せられる!

車でキャンプをするイメージ図 車の荷台に積み込んだキャンプ道具一式の写真 実際に荷物を乗せた写真 開口部荷室高840mm 最大荷室幅1,510mm 荷室長(5名乗車時)1,000mm※数値はHonda測定値 開口部荷室高840mm 最大荷室幅1,510mm 荷室長(5名乗車時)1,000mm※数値はHonda測定値

積んだキャンプ道具の一覧を見る

積んだキャンプ道具一覧

親子四人親子四人
車に積んだキャンプ道具一式の写真
  1. クーラークーラー
  2. テントテント
  3. キッチン用テーブルキッチン用テーブル
  1. 焚火スタンド焚火スタンド
  2. ゴミ箱×3ゴミ箱×3
  3. マットマット
  1. ポール×6ポール×6
  2. LEDランタンLEDランタン
  3. コンテナコンテナ
  1. 子ども用の寝袋×2子ども用の寝袋×2
  2. 大人用の寝袋×2大人用の寝袋×2
  3. タープタープ
  1. クッション/ブランケットクッション/ブランケット
  2. ラックラック
  3. クッカークッカー
  1. ジャグジャグ
  2. 食器/バケツ食器/バケツ
  3. バーナーバーナー
  1. ガスガス
  2. トライポッドトライポッド
  3. ガスランタンガスランタン
  1. オイルランタンオイルランタン
  2. テント内照明テント内照明
  3. 調理器具調理器具
  1. ケトルケトル
  2. 焚火台焚火台
  3. 枕×2枕×2
  1. チェア×4チェア×4
  2. テーブル(小)テーブル(小)
  3. テーブルテーブル

閉じる

キャンプ道具の上手な積み方

はじめての方は、ココからチェック!どのクルマでも使える積み方の基本テクニック

STEP.1箱型や平らな荷物を入れて床面を埋めていこう!

コンテナや平べったいものを奥に配置

荷室の奥にはホイールハウスがあるので、テントなどの大きく長い荷物は手前に積むのも有効。その場合は、手前にテントを置くスペースを確保しつつ、まずコンテナなど箱型のものや、平べったいものなどを奥に配置していく。頑丈なものを下に置くと破損などのトラブルも少ない。

ワンポイントアドバイス

汚れたサンダルは荷室下のスペースに収納

シャトルには、床下に水や汚れに強いワイパブル仕様の収納スペースがあり、汚れた荷物を他の荷物とわけて収納できる。撤収時には、キャンプでたくさん遊んで泥が付いたサンダルやブーツなども、気にせず入れられて便利。

STEP.2隙間を小物で埋めていこう!

空いたスペースに小物を積んでいく

空いたスペースに、バッグに収納してある小物などを積んでいく。隙間には、寝袋などを詰めてスペースを埋めていこう。スペースをなくすことで、荷物同士がぶつかり合うことで生じる音や、荷物の破損を防止することができる。

ワンポイントアドバイス

寝袋やブランケットを緩衝材に

寝袋、クッション、ブランケットなどは、隙間に合わせて形をフレキシブルに変えやすく、壊れやすいものの緩衝材にもなるので、荷物の隙間を埋めるのに最適。バッグなどに入れてひとまとめにせずに、隙間にパズルのように入れるのがおすすめ。

STEP.3テントやテーブルを手前に積もう!

テーブルやチェアも取り出しやすい場所に

手前の空きスペースにテントを載せ、上にテーブルなど残りの荷物を積んでいく。テントを手前に積むと、キャンプ場でサッと取り出せるため、スムーズに設営できる利点も。また、雨が降っているときの設営でも他の荷物が濡れにくい。テーブルやチェアも取り出しやすい場所に積んでおけば、キャンプ場に着いたらすぐにリラックスタイムを楽しめる。

ワンポイントアドバイス

クーラーボックスの上には、荷物を積まないように!

荷物を動かさなくてもクーラーボックスの開け閉めができるようにしておくことで、キャンプ場に行く途中にスーパーや道の駅などで買い出しした際、すぐにクーラーにしまうことができる。また、ソフトクーラーの場合は、食材などがつぶれたりする心配も解消できる。

積んだキャンプ道具で
こんなキャンプサイトが完成しました!

  • ※安全のため、走行の際は後方視界をしっかり確保してください。
  • ※荷物は、必要に応じてラゲッジベルトなどでしっかり固定してください。
  • ※シートアレンジの各操作は、異物を挟んでいないか確認の上、無理に力をかけずに確実に行ってください。
  • ※各キャンプ道具は撮影のため用意したもので、形状等により積める量が異なる場合もあります。あくまで参考としてください。
  • ※当コンテンツ内にて掲載されているクルマのタイプ・ボディカラーが販売されていない場合がございます。
    詳しくはそれぞれの車種サイトでご確認いただくか、販売会社にお問い合わせください。
  • ※このコンテンツは、2017年1月に撮影を行ったものです。