自由研究

ゴムエンジン

電球の光でうごくエンジンを、数本の輪ゴムでつくることができるよ。
つくって動かしてみよう!
対象学年
じっけん
ゴムエンジン

用意するもの

用意するもの
ハロゲンランプは熱くなるので、やけどに注意しておうちの人といっしょに実験しましょう。
針やフォークなどを使った作業をするときは、けがをしないように十分注意しましょう。

じっけんのやりかた

輪ゴムをかける
セロハンテープのしんに、同じ間かくで輪ゴムを4本かける。輪ゴムの中心に針を通して、輪ゴムと針を木工用ボンドでとめる。

フォークをたてる
土台に紙ねん土で、2本のフォークをしっかり立てる。フォークとフォークの間にセロハンテープのしんをのせる。これでゴムエンジンの完成。
POINT
フォークにセロハンテープをのせたとき、なめらかに回らない場合は、セロハンテープの外側におもり(ねん土)をつけて調整する。

光をあてる
ハロゲンランプの光をセロハンテープのしんの半分にだけ当てると、ゆっくりと回り出す。
MOVIE
やってみよう
  • セロハンテープのしんにかける輪ゴムの数や大きさを変えるとどうなるかためしてみよう。
  • ハロゲンランプの光を当てる場所を変えると、回り方がどうなるかためしてみよう。
監修かんしゅう

L-Kids Lab

東京都文京区にある、就学前から中学生を対象とした子どものための科学体験ラボです。科学遊びをツールとして、生きる力や知恵を引き出したいと思っています。泊まりでの自然教室も長野県を中心に行っています。