検索
モータースポーツ > ロードレース世界選手権 > 第7戦 カタルニアGP 決勝
2016.06.05 ロードレース世界選手権 第7戦 カタルニア カタルニアGP 決勝
ロードレース世界選手権 第7戦 カタルニアGP

[MotoGP] マルケスが2位に入り総合首位に浮上。ペドロサは3位で今季2度目の表彰台獲得

ロードレース世界選手権 第7戦 カタルニアGP

[Moto2] ザルコが連勝でシーズン3勝目を飾る。中上は今季初表彰台を獲得

ロードレース世界選手権 第7戦 カタルニアGP

[Moto3] 転倒が相次ぐ波乱のレースを制し、ナバロが今季初勝利

2016年6月5日(日)・決勝  会場:カタルニア・サーキット  天候:晴れ
気温:27℃  コースコンディション:ドライ  観客:9万9575人(3日間:17万6900人)
MotoGP レポート

第7戦カタルニアGP決勝は、終日、青空が広がる絶好のコンディションの中で行われ、今季3度目のポールポジション(PP)から好スタートを切ったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が2位、今季初のフロントローとなる3番手からトップグループを追ったダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が3位でチェッカーを受けました。

マルク・マルケスマルク・マルケス

マルク・マルケスマルク・マルケス

連日好天に恵まれたカタルニアGP。決勝日は最高気温が27℃まで上昇し、路面温度も48℃という厳しい条件となりました。そんな中、オープニングラップで2番手につけたマルケスは、前半はホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)を追走、中盤からはバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)との一騎打ちとなりました。そして、終盤を迎えた23周目にトップに浮上しますが、そこからマルケスのペースは上がらず。再びロッシに抜かれ、25周のレースを2位でフィニッシュしました。

今大会はフロントタイヤに厳しい戦いとなりました。レース中盤には、総合首位のロレンソが転倒リタイア。全力を尽くしていたマルケスですが、それをサインボードで知ると、チャンピオンシップを考慮して2番手をキープする作戦に切り替えました。

ホームグランプリで優勝は果たせませんでしたが、2位でゴールしたことで、3戦ぶりに総合首位に浮上。ロッシとのし烈なバトルは地元ファンを大いに喜ばせました。

マルク・マルケスマルク・マルケス

Repsol Honda TeamRepsol Honda Team

ペドロサは今季初表彰台を獲得しました。予選3番手からオープニングラップは3番手。その後、マーベリック・ビニャーレス(スズキ)とし烈な戦いを繰り広げ、その間にトップグループから遅れることになりました。しかし、ビニャーレスとの戦いに決着をつけた中盤以降は、快調にラップを刻んで前を走る2人との差を縮めることに成功。最終的に3位でフィニッシュし、これからの巻き返しを期待させる結果となりました。

ダニ・ペドロサダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサダニ・ペドロサ

予選7番手から決勝に挑んだカル・クラッチロー(LCR Honda)が、今季ベストリザルトとなる6位でフィニッシュ。ジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)がベストリザルトの10位。ティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が14位と、すべてのHonda勢がポイントを獲得しました。

カル・クラッチローカル・クラッチロー

Moto2 レポート

Moto2クラスは、PPから好スタートを切って快調にラップを刻んだヨハン・ザルコ(Ajo Motorsport)と予選2番手のアレックス・リンス(Paginas Amarillas HP 40)のマッチレースとなり、終盤になってリンスを抜いたザルコが、一気にペースを上げて今季3勝目を達成しました。

ヨハン・ザルコヨハン・ザルコ

ヨハン・ザルコヨハン・ザルコ

カタルニアGPで2年連続PPを獲得したザルコは、ホームグランプリの制覇に闘志を燃やし、序盤から快調にラップを刻むリンスをピタリとマーク。先行するリンスの走りをじっくり観察しました。これでパッシングポイントを決めると、後半の17周目にトップに浮上。それから一気にペースを上げて、23周のレースで真っ先にチェッカーを受けました。中盤までトップを走ったリンスは、ザルコを追えず、2位でフィニッシュしました。

アレックス・リンスアレックス・リンス

その後方では、中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)とハフィズ・シャーリン(Petronas Raceline Malaysia)、サム・ロース(Federal Oil Gresini Moto2)の3人が、3番手を走るトーマス・ルティ(Garage Plus Interwetten)に追いつきました。そして、17周目にルティをかわし、3番手に浮上した中上が今季初の表彰台となる3位に。以下、シャーリンが開幕戦カタールGP以来の4位でフィニッシュ。ルティが5位、ロースが6位でした。

中上貴晶中上貴晶

今大会を2位でフィニッシュしたリンスは、総合首位に浮上。総合首位にいたロースは2位となり、今季3勝目を挙げたザルコが3位へとランキングを上げました。

Moto3 レポート

Moto3クラスは、今大会も激しい戦いとなり、予選3番手から決勝に挑んだホルヘ・ナバロ(Estrella Galicia 0,0)が、6台のし烈な戦いを制し、キャリア初優勝を果たしました。地元ファンの声援を受けて、序盤から積極的に前に出たナバロ。中盤はトップグループの中で5番手までポジションを落としましたが、ラスト3周で首位に浮上すると、ライバルたちの追走を振りきることに成功しました。

ホルヘ・ナバロホルヘ・ナバロ

ナバロとともに、中盤まではグループの後方につけていたエネア・バスティアニーニ(Gresini Racing Moto3)が、終盤、積極的に前に出ると、最終ラップの激しい戦いの中で3位でフィニッシュ。今季初表彰台を獲得しました。

ホルヘ・ナバロホルヘ・ナバロ

ホルヘ・ナバロホルヘ・ナバロ

アーロン・カネット(Estrella Galicia 0,0)がトップグループに加わって6位。セカンドグループに加わったファビオ・ディ・ジャンアントニオ(Gresini Racing Moto3)が9位、ヤコブ・コーンフェール(Drive M7 SIC Racing Team)が10位でフィニッシュしました。

アーロン・カネットアーロン・カネット

予選6番手からトップグループに加わったカイルール・イダム・パウィ(Honda Team Asia)は、7番手を走行していた20周目に転倒リタイア。予選11番手からトップグループに加わった尾野弘樹(Honda Team Asia)は、9番手を走行していた4周目に転倒リタイアとなりました。

MotoGP コメント

マルク・マルケス(MotoGP 2位)
「すべてのライダーにとって、今日はとても難しいレースでした。しかし、バレンティーノ(ロッシ)とのバトルはすばらしかったし、このバトルをルイス・サロムに捧げたいです。気温が高かったので、予想通り、レースではかなり苦戦しました。何度か転倒しそうにもなりましたが、限界でプッシュしました。しかし、(ホルヘ)ロレンソの転倒をピットボードで知り、チャンピオンシップを考えて今日は2位をキープすることにしました。優勝はできませんでしたが、バレンティーノとのバトルは観客も喜んでくれたと思います。今日はバレンティーノと握手をしました。正常な状態に戻れたと思うし、モーターサイクルレースにとっては、とても重要な出来事でした」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 3位)
「ハードタイヤでは完ぺきな感触がなかったので、今日は賭けに出てミディアムタイヤを使いました。序盤は限界でプッシュせず、タイヤをマネージメントしました。それにしても、なぜ(マーベリック)ビニャーレスがあれほどアグレッシブだったのかが分かりません。彼がシケインで不思議な動きをしたために、トップグループと離れてしまいました。その後は自分のリズムをつかみました。でも、残り6〜7周でタイヤが終わってしまいました。それでも、正しいタイヤ選択だったと思います。今日は、多くの人がルイスのサポートにきていました。この表彰台を彼と彼の家族に捧げたいです」

カル・クラッチロー(MotoGP 6位)
「今日は厳しい戦いになり、サバイバルレースとなりましたが、最終的に6位でフィニッシュできました。今日はマシンのスピードに苦しみましたが、リアタイヤがよかったので、ずいぶん助けられました。序盤の10周でいかにポジションを上げるかがとても重要なことですが、今日は(アンドレア)ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)をなかなか抜けず、大きくタイムをロスしました。彼を抜いてからは、単独走行となりましたが、前にポル・エスパルガロ(ヤマハ)がいて追いかけました。しかし、届きませんでした。トップとのタイム差は大きく、満足できませんが、6位でフィニッシュできたことはよかったと思います」

ジャック・ミラー(MotoGP 10位)
「今日はいいバトルができました。そして、久しぶりにポイントを獲得できてとても満足しています。今大会は、気温が上がるとタイヤの消耗が早かったので、タイヤをセーブする作戦でした。それがうまくいったし、多くの可能性を感じられました。第4戦スペインGPでも同じ作戦でしたが、今日はヘレスのときよりもプッシュできたし、リアタイヤのパフォーマンスもしっかり引き出せたと思います。MotoGPに参戦するようになって初めてのトップ10フィニッシュとなり、大きな自信になりました。初めてのトップ10フィニッシュを友人のルイス・サロムに捧げたいです」

ティト・ラバト(MotoGP 14位)
「ホームグランプリとなったカタルニアGPで、ポイント圏内でフィニッシュできてとてもうれしいです。イタリアGPで鎖骨を骨折して、まだ2週間しか経っていないですし、この日のためにサポートしてくれたすべての人に感謝したいです。今日はスタートに失敗しましたが、その遅れをリカバリーできました。さらに、何人かをパスでき、とても満足しています。今大会は、ルイス・サロムの事故があり、とても悲しく、つらいレースになりました。とにかく、彼のためにもいいレースをしようとがんばりました。次のアッセンには、完全な体調で出場できるよう、回復に努めます」

Moto2 コメント

ヨハン・ザルコ(Moto2 優勝)
「スタートはよかったのですが、序盤はリンスも速くて、彼の後ろについていって、どこで僕の方が速いか見極めることにしました。7コーナーで彼は苦戦していました。ここでは、僕の方が速いことが分かり、アタックすることにしました。それからは、逃げきろうとプッシュしました。少なくとも6周は必要だと思い、17周目から勝負に挑みました。今日はグリップをうまく引き出してプッシュできました。優勝できてとてもうれしいです。昨日申し上げたように、この勝利はサロムに捧げたいです」

アレックス・リンス(Moto2 2位)
「今週末は厳しいレースでした。とにかくレースに集中するのが大変だったし、こうして2位でフィニッシュできてよかったです。今日は、ヨハンの方がいいギアを使っていました。彼にパッシングを許してからは、とてもついていけませんでした。でも、チャンピオンシップを考えれば、2位でフィニッシュできてとてもうれしいです。今週は悲しくつらいレースでした。ルイスはとても偉大なライダーでした。彼とはチームメートだったし、いい思い出がたくさんあります。この2位をルイス・サロムに捧げたいです」

中上貴晶(Moto2 3位)
「初日はとてもいいフィーリングでトップタイムでしたが、コースが変わってからは、それほどいい感触ではありませんでした。予選は4番手でしたが、決勝ではトップ10に入るのがやっとかな、という手応えでした。しかし、朝のウォームアップですごくいい状態になり、決勝でも落ち着いて走れました。序盤はポジションを落としましたが、しっかり自分のペースで走れたし、(トーマス)ルティに追いついてからは、絶対に表彰台に立とうとがんばりました。次のアッセンでもいいレースができるようにがんばります。今日の表彰台は、スペイン選手権時代から一緒に戦ってきたルイス・サロム選手に捧げたいです」

Moto3 コメント

ホルヘ・ナバロ(Moto3 優勝)
「これが自分にとって8度目の表彰台ですが、初めての優勝なので、とてもうれしいです。しかし、今週はつらくて厳しいレースでした。どんなレースになるか分かりませんでしたが、フリー走行から単独で走っていいリズムを築いてきたし、決勝もいい走りができました。終盤、前に出てからプッシュしました。スタートからゴールまで100%でした。今日はどうしても勝ちたいと思ったし、この優勝をルイスに捧げたいです。次のアッセンは大好きなコースなので、優勝できるようにがんばります」

エネア・バスティアニーニ(Moto3 3位)
「表彰台に戻ることができてとても気分がいいです。今日はいいセットアップがあり、力強い走りができました。特にブレーキングがよかったです。結果として最後まで優勝争いに加わることができました。(ロマノ)フェナティ(KTM)が残り2周でパスしてきたときに、ナバロが少しギャップを広げようとしていました。しかし、彼に追いつくことはできませんでした。最終ラップは、ロマノをうまくパスし、表彰台を獲得できました。表彰台に戻ってくることができてとてもうれしいです」

アーロン・カネット(Moto3 6位)
「今日はとても難しいレースでした。ナバロがトップに出たとき、彼を追いかけましたが、グループから抜け出せませんでした。今日はスリップの使い合いになり、目まぐるしく順位が変わりました。最後までどうなるか分からないレースでしたが、最終的に6位でフィニッシュしました。今回はホームグランプリだったし、この結果に満足しています。次のオランダGPもトップグループで戦えるようにがんばります」

尾野弘樹(Moto3 リタイア)
「スタートはよく、トップグループに加われました。しかし、4周目の1コーナーではらんでしまい、そのため2コーナーでラインを外れ、ハイサイド気味になり、転んでしまいました。いい走りができていたのでとても残念です。左手人差し指を骨折しているので、日本に帰って再検査を受け、治療を受けることになります。おそらく手術をすることになると思います。次のレースに向けて治療に全力を尽くします」

MotoGP リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
146V.ロッシヤマハ44'37.589
293マルク・マルケスHonda+2.652
326ダニ・ペドロサHonda+6.313
425M.ビニャーレススズキ+24.388
544P.エスパルガロヤマハ+29.546
635カル・クラッチローHonda+36.244
74A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+41.464
819A.バウティスタアプリリア+42.975
99D.ペトルッチドゥカティ+45.337
1043ジャック・ミラーHonda+49.514
118H.バルベラドゥカティ+46.669
126S.ブラドルアプリリア+55.133
1350E.ラバティドゥカティ+57.974
1453ティト・ラバトHonda+1'00.141
1551M.ピロドゥカティ+1'00.429
1645S.レディングドゥカティ+1'16.269
1768Y.ヘルナンデスドゥカティ+1Lap
RT41A.エスパルガロスズキ+7Laps
RT99J.ロレンソヤマハ+9Laps
RT29A.イアンノーネドゥカティ+9Laps
RT38B.スミスヤマハ+19Laps
Moto2 リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
15ヨハン・ザルコKALEX42'31.347
240アレックス・リンスKALEX+4.180
330中上貴晶KALEX+9.313
455ハフィズ・シャーリンKALEX+10.777
512トーマス・ルティKALEX+10.961
622サム・ロースKALEX+13.000
794ジョナス・フォルガーKALEX+17.046
844ミゲル・オリベイラKALEX+20.637
949アクセル・ポンスKALEX+20.646
1023マルセル・シュローターKALEX+23.163
1121フランコ・モルビデリKALEX+28.145
1254マティア・パシーニKALEX+28.348
1360フリアン・シモンSPEED UP+34.482
147ロレンソ・バルダッサーリKALEX+37.567
1587レミー・ガードナーKALEX+42.998
1632アイザック・ビニャーレスTECH 3+44.632
1757エドガー・ポンスKALEX+48.536
1873アレックス・マルケスKALEX+51.046
1993ラムダン・ロスリKALEX+1'22.466
2097チャビ・ビエルゲTECH 3+1'25.462
2170ロビン・マルホウザーKALEX+1Lap
RT14ラタパーク・ウィライローKALEX+8Laps
RT77ドミニク・エガーターKALEX+9Laps
RT10ルカ・マリーニKALEX+9Laps
RT52ダニー・ケントKALEX+13Laps
RT11サンドロ・コルテセKALEX+18Laps
RT24シモーネ・コルシSPEED UP+21Laps
RT19ザビエル・シメオンSPEED UP+22Laps
Moto3 リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
19ホルヘ・ナバロHonda42'18.228
241B.ビンダーKTM+0.564
333エネア・バスティアニーニHonda+0.817
45R.フェナティKTM+0.925
58N.ブレガKTM+1.531
644アーロン・カネットHonda+1.581
720F.クアルタラロKTM+13.605
836J.ミルKTM+13.672
94ファビオ・ディ・ジャンアントニオHonda+13.753
1084ヤコブ・コーンフェールHonda+14.814
1164B.ベンドスナイダーKTM+14.840
1240D.ビンダーマヒンドラ+29.860
1358J.ゲバラKTM+32.006
1424鈴木竜生マヒンドラ+33.305
1517J.マクフィープジョー+33.766
1611リビオ・ロイHonda+34.986
1765P.エッテルKTM+36.384
1816A.ミニョKTM+41.731
1955A.ロカテリKTM+42.985
2023ニッコロ・アントネッリHonda+59.035
213F.スピラネッリマヒンドラ+1'29.713
2277L.ペトラルカマヒンドラ+1'30.640
RT98K.ハニカマヒンドラ+1Lap
RT37D.ピッツォリKTM+1Lap
RT19G.ロドリゴKTM+2Laps
RT89カイルール・イダム・パウィHonda+3Laps
RT88J.マルティンマヒンドラ+6Laps
RT12A.アレナスマヒンドラ+9Laps
RT21F.バグナイアマヒンドラ+17Laps
RT7アダム・ノロディンHonda+17Laps
RT76尾野弘樹Honda+19Laps
RT95ジュール・ダニーロHonda+19Laps
RT6M.エレーラKTM+20Laps
RT43S.バルトリーニマヒンドラ+20Laps
RT10A.マスボープジョー-
MotoGP ポイントスタンディング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
193マルク・マルケスHonda125
299J.ロレンソヤマハ115
-346V.ロッシヤマハ103
-426ダニ・ペドロサHonda82
-525M.ビニャーレススズキ72
644P.エスパルガロヤマハ59
741A.エスパルガロスズキ49
-88H.バルベラドゥカティ 48
94A.ドヴィツィオーゾドゥカティ43
1029A.イアンノーネドゥカティ41
1150E.ラバティドゥカティ39
-1238B.スミスヤマハ29
-136S.ブラドルアプリリア29
-1419A.バウティスタアプリリア29
159D.ペトルッチドゥカティ24
1635カル・クラッチローHonda20
1751M.ピロドゥカティ19
1845S.レディングドゥカティ16
1953ティト・ラバトHonda13
20 43 ジャック・ミラー Honda 8
2176L.バズドゥカティ8
2268Y.ヘルナンデスドゥカティ3

ランキング詳細

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
-1ヤマハ165
-2Honda135
-3ドゥカティ92
-4スズキ78
-5アプリリア37

ランキング詳細

チーム

順位 チーム 総合ポイント
-1Movistar Yamaha MotoGP218
-2Repsol Honda Team207
-3Team SUZUKI ECSTAR121
-4Monster Yamaha Tech 388
-5Ducati Team84
-6Avintia Racing58
-7Aprilia Racing Team Gresini58
-8OCTO Pramac Yakhnich52
-9Aspar Team MotoGP42
10LCR Honda20
11Estrella Galicia 0,0 Marc VDS20

ランキング詳細

Moto2 ポイントスタンディング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
140アレックス・リンスKALEX116
222サム・ロースKALEX108
35ヨハン・ザルコKALEX106
412トーマス・ルティKALEX93
555ハフィズ・シャーリンKALEX60
694ジョナス・フォルガーKALEX57
730中上貴晶KALEX53
877ドミニク・エガーターKALEX52
924シモーネ・コルシSPEED UP50
1021フランコ・モルビデリKALEX50
1139ルイス・サロムKALEX37
-1249アクセル・ポンスKALEX34
-137ロレンソ・バルダッサーリKALEX25
1444ミゲル・オリベイラKALEX23
1519ザビエル・シメオンSPEED UP23
-1623マルセル・シュローターKALEX19
1754マティア・パシーニKALEX14
1852ダニー・ケントKALEX12
1960フリアン・シモンSPEED UP10
2010ルカ・マリーニKALEX10
2111サンドロ・コルテセKALEX10
-2273アレックス・マルケスKALEX5
2332アイザック・ビニャーレスTECH 33
2414ラタパーク・ウィライローKALEX3
-2597チャビ・ビエルゲTECH 33
-262イェスコ・ラフィンKALEX2
-2770ロビン・マルホウザーKALEX1
-2887レミー・ガードナーKALEX1
2957エドガー・ポンスKALEX0
3042フェデリコ・フリーニKALEX0
3133アレッサンドロ・トヌッチKALEX0
-3293ラムダン・ロスリKALEX0
3388リカルド・カルダスSUTER0
348エフレン・バスケスSUTER0
3569ダニー・エスリックSUTER0

ランキング詳細

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
-1KALEX175
-2SPEED UP63
-3TECH 36

ランキング詳細

Moto3 ポイントスタンディング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-141B.ビンダーKTM147
-29ホルヘ・ナバロHonda103
-35R.フェナティKTM80
-48N.ブレガKTM66
-521F.バグナイアマヒンドラ54
-623ニッコロ・アントネッリHonda52
733エネア・バスティアニーニHonda49
-836J.ミルKTM42
984ヤコブ・コーンフェールHonda42
1020F.クアルタラロKTM39
1144アーロン・カネットHonda33
1255A.ロカテリKTM30
1389カイルール・イダム・パウィHonda29
144ファビオ・ディ・ジャンアントニオHonda27
1565P.エッテルKTM27
-1658J.ゲバラKTM25
1795ジュール・ダニーロHonda24
1816A.ミニョKTM21
1911リビオ・ロイHonda21
-2076尾野弘樹Honda20
2117J.マクフィープジョー10
2288J.マルティンマヒンドラ10
2364B.ベンドスナイダーKTM7
2419G.ロドリゴKTM6
257アダム・ノロディンHonda5
2640D.ビンダーマヒンドラ4
-2724鈴木竜生マヒンドラ4
286M.エレーラKTM2
2948L.ダラ・ポルタKTM1
3010A.マスボープジョー0
3112A.アレナスマヒンドラ0
3298K.ハニカマヒンドラ0
3337D.ピッツォリKTM0
343F.スピラネッリマヒンドラ0
3577L.ペトラルカマヒンドラ0
3643S.バルトリーニマヒンドラ0
3799E.ボーラムKTM0

ランキング詳細

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
-1KTM156
-2Honda144
-3マヒンドラ66
-4プジョー10

ランキング詳細

MotoGP

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

マルク・マルケス

Repsol Honda Team

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

ダニ・ペドロサ

カル・クラッチロー(#35)

カル・クラッチロー(#35)

カル・クラッチロー(#35)

Moto2

ヨハン・ザルコ(#5)

ヨハン・ザルコ(#5)

ヨハン・ザルコ

ヨハン・ザルコ

アレックス・リンス

アレックス・リンス

アレックス・リンス

アレックス・リンス

アレックス・リンス

中上貴晶

中上貴晶

中上貴晶

アレックス・リンス、ヨハン・ザルコ、中上貴晶

ハフィズ・シャーリン(#55)

ハフィズ・シャーリン(#55)

ジョナス・フォルガー

ミゲル・オリベイラ

アクセル・ポンス

マティア・パシーニ

レミー・ガードナー

チャビ・ビエルゲ(#97)、アイザック・ビニャーレス(#32)

アレックス・マルケス

ラタパーク・ウィライロー(#14)

ルカ・マリーニ

シモーネ・コルシ

ルイス・サロム

ルイス・サロム

Moto3

ホルヘ・ナバロ

ホルヘ・ナバロ

ホルヘ・ナバロ

ホルヘ・ナバロ

ホルヘ・ナバロ

エネア・バスティアニーニ

エネア・バスティアニーニ

アーロン・カネット

アーロン・カネット

アーロン・カネット

アーロン・カネット